宝くじが当たる手相を見分ける5ポイント

宝くじが当たる手相がある、なんて噂がありますが、実際この噂は事実だったりするのです。

世の中のお金持ちには、似たような手相の人が多いのです。

お金持ちの人、宝くじが当たる手相というのは、いったいどんなものなのか紹介したいと思います。

1.生まれ持った金運は太陽線で見る

まず、宝くじが当たる手相には、生まれ持った金運を表す手相が必要であるといわれることがあります。

手相の中で生まれ持った手相を表しているのは、太陽線です。

薬指の付け根にあって、上に昇るような縦の線を太陽線といいます。

この線がある人は、富や名声、成功運があるといわれているのです。

お金持ちになったり、有名人になる人には、この線があるとも言われていて、成功運の強い幸運な人の線といわれているのです。

太陽線の有無では金運があるかないかを見ることができますが、濃さや勢いなどでも金運を判断することができます。

運命線より出発している太陽線は、運命船の分岐する年に幸運があるというしるしになります。

知能線から昇る太陽線は、自分の才能の開花を表しています。

このように、どの場所から太陽線が昇っているかということも重要になりますが、太陽線があることだけでも宝くじが当たる手相といわれているのです。

2.財運線は経済力を表す

手相から金運を見るとき、宝くじが当たりやすい人に多いのは、太陽線があることと、財運線があることです。

手相の中でも、金運を見るとなれば、太陽線と財運線が重要視されるのです。

財運線は小指の下に刻まれています。

財運線が明確であればあるほど、金銭的な余裕があるという証拠になります。

また、複数本の財運線があることは、商売に対してのセンスがあることを表しています。

財運線も、どこから伸びているものであるかを知ることは大切なことになります。

宝くじが当たる手相である場合には、直感線から財運線が延びていることが多いようです。

直感的なことによって財力を得ることになるので、宝くじを買おうかなと思ったとき「ここだ!」と思う売り場で買ったら当たったということに繋がるのです。

財運線をみて宝くじが当たる手相を見る場合には、直感線から伸びる財運線があるかどうかを見ておきましょう。

3.お金持ちタイプの手相なら宝くじが当たる手相である

一般的にお金持ちタイプと呼ばれる手相を持っている人は、宝くじが当たりやすい人でもあります。

お金持ちタイプの手相というのは、運命線、太陽線、財運線がくっきりはっきり見えるタイプの手相です。

運命線は太陽線の向かって左隣にありますが、人生の勢いを表す線になっています。

運命線が切れ切れであったり、断線している場合には、運勢が停滞していることになるので、仕事や生活が安定しない場合があります。

運命線がはっきりしている人は、安定した生活を送ることが出来ます。

太陽線は長ければ長いほどいいとされていて、感情線よりも長く伸びていることが金運がある証拠になります。

断線していたり切れ切れであると太陽線の意味がなくなってしまうのです。

お金持ちタイプの手相を持っている人は、思い切って宝くじを買ってみると当てることが出来るかもしれないので、チャレンジしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2