使わなくなったあなたのランドセルを寄付してみては?

shutterstock_239362984

使わなくなってしまったランドセルを寄付することができるということを、知っていますか?

子供たちへの寄付については、これまでにも色々なニュースがありました。
では、子供たちへランドセルを寄付についての話を紹介していきたいと思います。

1.使用済みランドセルは途上国の子供たちに寄付することができる

発展途上国の子供たちにランドセルを寄付するという試みは2004年から始まりました。
そもそも、ランドセルが寄付できるということを知っている人は少ないのではないでしょうか。
日本では、小学生のうちには必須アイテムですが、小学校を卒業してからは押入れにしまいっぱなしということになってしまいがちです。
小学校を卒業してしまえば使わなくなるランドセルですが、そのまま捨ててしまうというのは勿体無いと感じる人が多いようです。
そこで、ランドセルを発展途上国の子供たちのために寄付することができるのです。
ランドセルを途上国の子供たちに寄付する活動は、2004年に財団法人ジョイセフが始めました。
ジョイセフの「想い出のランドセルギフト」と呼ばれる活動は、毎年春と秋の2回に分けて行われています。
寄付する先は、アフガニスタンが多いといわれています。
途上国と呼ばれる国の子供たちは、学校に通うのにも険しい道を何キロも歩いて通学しています。
そんな苛酷な環境でありながら、満足に鞄も買うことができないので、学用品を紛失してしまうこともあるのです。
ランドセルは丈夫な鞄ですが、途上国の子供たちには高くて手が出せないという現実もあります。
そこで使用済みのランドセルを寄付することによって、子供たちの通学や勉強の手助けをしようという取り組みなのです。
使わなくなったランドセルがあれば、途上国の子供たちに寄付をする活動に参加してみるといいかもしれません。

2.被災地にランドセルを贈る取り組みもある

2011年におきた東日本大震災の復興支援の取り組みのひとつとして、被災地の子供たちへのランドセル支援の取り組みも行われています。
これは、鞄メーカー協和が窓口となって行っている、被災地の子供たちに向けたランドセルの寄付に関する支援活動です。
「がんばれ!被災地のこどもたち!!みんなでランドセルを贈ろう!」と名づけられた支援は、震災後6年間に渡り、被災してしまったこどもたちへのランドセル支援活動を行うことにしています。
例えば、入学を迎える被災孤児を対象にした新品ランドセルの寄贈、生活保護家庭の新入学児童を対象にした新品ランドセルの寄贈、震災時に在学中だった児童への再生ランドセルの寄贈などを行っています。
これらの支援は、2012年から行われていて、6年間に渡って継続的に行われる支援活動になっています。
新品ランドセルについては10色の中から好きな色のランドセルを選ぶことが出来ます。
鞄メーカー協和では、被災地域の自治体と連携を取りながら、きめ細かい支援を行うことになっています。
また、被災地の児童支援を表明している団体とも協力をすることで、より、被災地の児童に寄り添った活動にしていくそうです。
また、協和のランドセル寄付以外にも、使わなくなったランドセルを被災地の子供たちに寄付するという取り組みも行われています。
小学生の必須アイテムであるランドセルを寄付することは、一番身近な被災地支援の取り組みに繋がるのではないでしょうか。

3.児童養護施設に寄付がされていたことも話題になったことがある

児童養護施設宛にランドセルが匿名で寄付されたことも話題になったことがありました。
これは、タイガーマスク運動と呼ばれたり、タイガーマスク現象と呼ばれることもあります。
事の始まりは、2010年12月25日に群馬県の児童相談所にタイガーマスクの主人公「伊達直人」名義でランドセル10個が寄付されたことでした。
その後、この寄付がニュースになったことから、2011年には神奈川県小田原の児童相談所にも、同じ「伊達直人」名義で寄付が行われるなど、全国の児童相談所あてに「伊達直人」名義による匿名の寄付が相次ぎました。
寄付者の名義はすべて「伊達直人」であり、漫画タイガーマスクの主人公です。
タイガーマスクの主人公である伊達直人は、自らが育った孤児院へ素性を隠して寄付する人物であったため、匿名で児童相談所に寄付のことを、最初に伊達直人と名乗って寄付を行った人物にもあやかって「タイガーマスク現象」と呼んでいるのです。
寄付されたものは、ランドセルだけではありません。
筆記用具やおもちゃ、中には現金の寄付などもありました。
また、「伊達直人」名義ではなく、漫画あしたのジョーの主人公「矢吹丈」名義での寄付がされるなど、漫画のキャラクターや実在の人物の名前を借りた匿名での寄付が全国に広がりました。
この寄付の活動は、いまだに全国で行われていて、最初に寄付が行われる前間での寄付金などを大きく上回る額の寄付が寄せられているそうです。
ランドセルの寄付もそうですが、こういった匿名の寄付が増えることで、子供たちの将来は明るくなるのではないでしょうか。

まとめ

1.使用済みランドセルは途上国の子供たちに寄付することができる
2.被災地にランドセルを贈る取り組みもある
3.児童養護施設に寄付がされていたことも話題になったことがある

編集後記

ランドセルの寄付をすることは、途上国の子供たちのためにもなります。
国内でも寄付の動きというのはまだ続いていて、毎年のニュースになっています。
ランドセルの寄付に限らず、子供たちのためになるような寄付が、これからも増えていけばいいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!