孫正義氏がシリコンバレーに自宅を購入!邸宅からわかる5つのポイント

孫正義氏といえば、やはり気になるのはその邸宅の内容ではないでしょうか?

日本でもトップクラスの実業家。韓国人の中でも、トップクラスでしょう。そんな孫氏がシリコンバレーに購入した自宅は一体どのように豪華な家なのでしょうか。

1.約108億円の豪邸を購入した

孫正義氏がシリコンバレーに購入した邸宅の値段は、なんと驚きの1億1750万ドル。これは日本円に換算すると、約108億円という大豪邸です。
日本でも芸能人を始め、有名人の方が豪邸を購入すると、大きな話題になります。やはり注目されている方々ですから、不動産の購入をすればそれが話題になります。しかし、孫氏の場合はまさに桁外れの豪邸といっていいでしょう。
そもそも、家を購入するのに土地的な問題はあるものの、1億円も出せば非常に豪華な家を購入する事が出来ます。地方であれば、更に豪邸になりますね。そこで、これは無駄遣いと考えるのかと言いますと、実は年収と比較すると安い買い物なのです。
孫氏は、年収と同程度の邸宅を購入しました。これだけの豪邸を1年間働いただけで購入出来るというのも凄いですよね。

2.邸宅を購入した土地はIT業界と関わりがある

孫正義氏が邸宅を購入したエリアというのは、実はIT業界で成功した方々が多く住んでいるエリアなのです。
ちなみに、アメリカではこのようにそれぞれの高級住宅街に特徴がある事も多いのです。例えばハリウッドセレブが多く集まるエリアもあれば、作家が多く集まるエリアもあるのだとか。同じセレブの中でも、落ち着いた年配の方が好むエリアがあれば、逆に若いセレブ達が集まり、毎日パーティーを開いているようなエリアもあります。
そんな中で、孫氏はIT業界の成功者が多く集まるエリアの家を購入したのです。中には、これによって同じ業界の人脈が更に広がるのではといった見方も。実際にIT業界では人脈も必要とします。個々の能力が最も重要である事はもちろんですが、一定以上の能力を持った方々であれば、人脈の強さが仕事の成功を運ぶ事も。今後孫氏の交友関係にも注目したいところです。

3.著名な建築家がデザインした邸宅を購入した

孫正義氏がデザインした邸宅は、著名な建築家がデザインされたものだそうです。ここで、どの建築家なのか気になるところではあるのですが、それは明らかにはされていないそうですね。ちなみに、不動産関係者は守秘義務契約を結んでいます。購入価格こそ公表されていないものの、匿名を条件にロサンゼルス・タイムズに情報を提供したのだとか。
この家は、元々サンフランシスコの投資会社を経営する社長が所有していました。そして、それを孫氏が購入したかたちになります。やはりIT業界の方が多くいらっしゃるエリアということですね。
著名な建築家にデザインしてもらうというのは一種のステータスでもあります。彼らは非常に人気があるのですから。孫氏はそのエリアでのステータスを獲得したといっても過言ではないでしょう。

4.同エリアと関わりがある

ちなみに、孫正義氏は同エリアとの関わりが強いと言われています。それもそのはず、孫氏は16歳の時に渡米して、サンフランシスコの高校を卒業しているのです。そして、高校を卒業した後はカリフォルニア大学のバークリー校で学ばれていました。孫氏にとっては思い入れのある土地でしょう。
このように、富裕層の方が自分にとって思い入れのある土地に豪邸を購入するというのは、自分のビジネスにとって有利な土地を選ぶ方も多いのですが、珍しいケースではありません。
孫氏にとっては自分の思い出の場でもあり、自分と同じようにIT業界で成功した人間が多いエリアとして、非常に魅力的な土地になった事でしょう。これだけ条件が揃っているというのは非常に魅力的ですよね。

5.欧米からも関心を集めていた

孫正義氏がシリコンバレーに邸宅を購入したというのは、一種のパフォーマンスだったのかと考える方も少なくはありません。というのも、SoftBank(ソフトバンク)は少し前にアメリカの携帯通信会社の大手であるスプリント・ネクステルを買収しているのです。
これは、米国市場への挑戦という事ですね。そんな孫氏がアメリカに邸宅を構えれば、必然としてマスメディアの関心を集める形になります。それも大豪邸なのですから、良いパフォーマンスになったでしょう。
日本人もそうですが、アメリカ人はゴシップが大好き。スプリント・ネクステルの件については興味が無くても、豪邸を購入した在日朝鮮人の実業家には興味を示す方だっているのです。
これを宣伝と考えれば、どれだけの宣伝費が浮いたのでしょうか。実際には、豪邸を購入してもお釣りが来るかもしれませんね。

まとめ

1.約108億円の豪邸を購入した
2.邸宅を購入した土地はIT業界と関わりがある
3.著名な建築家がデザインした邸宅を購入した
4.同エリアと関わりがある
5.欧米からも関心を集めていた

編集後記

アメリカに豪邸を購入したとなると、日本だけではなくもちろんアメリカでも注目を集める事になります。特に、購入したと言われている時期はスプリント・ネクステル社が買収に合意したよりも後の話。まさに絶好のタイミングで素晴らしい家を手にした事になります。
こうなると、ただ単に感情で購入したのではなく、巧みな計算の元に購入されたのかと考えてしまいますよね。今後も孫正義氏に注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!