歴史に名を残した有名な7人の成金達

shutterstock_245196241

歴史的に有名なお金持ちというのはたくさんいます。

その人たちの経歴を知る事は、お金持ちになるための方法を知る事でもあるのです。
歴史的に有名な成金について、紹介します。

1.鉄鋼王、アンドリュー・カーネギー

鉄鋼王と呼ばれたアンドリュー・カーネギーは、どん底から這い上がった成金です。
彼はアメリカンドリームの象徴として有名です。
少年時代には、1週間1ドル20セントの給料で、糸巻き職人として働いていました。
その後、メッセンジャーなどの仕事を経て、アメリカの工業化を進めた産業人の先駆けとなりました。
類稀なる経営や投資の才能を持っていたカーネギーは、その後、製鉄所を経営し大成功を収めています。
晩年には慈善事業にも力を入れていたので、慈悲深く、聡明な起業家といわれています。
貧しくお金がない貧困層の少年は、長い時間をかけて富裕層の仲間入りを果たしたのです。

2.マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ

マイクロソフト創業者ビル・ゲイツは自力で這い上がってきた成金です。
幼少時代は裕福な家庭であっても、自分のためにお金を使う事はしない少年だったそうです。
大学時代にマイクロソフト社を創業して以来、TI業界の最前線を走ってきました。
マイクロソフト社が軌道に乗ってからは、世界長者番付で1994年から2006年まで13年連続の世界一になるなど、大富豪として知られています。
アップルとの確執が騒がれた時代もありましたが、ジョブズが復帰後にアップルとも和解したと報じられていました。
裕福であっても自分の力で世界一に上り詰めたビル・ゲイツは、まさに成金と言ってもいいのでしょう。

3.ホンダモータース創業者、本田宗一郎

ホンダモータース創業者、本田宗一郎は、工場を作るところから這い上がった成金です。
本田宗一郎といえば、「世界のホンダ」と呼ばれるような大企業の創業者です。
ですが、少年時代や工場を始めた当初は貧しく、コンクリートを作って自力で工場を作ったという話もあります。
ホンダモータースを経営し始めてからも、本田宗一郎自身には経営の才能がなく、藤沢武夫氏が経営を任されていたという事実もあります。
本田宗一郎は、社会人になって26年で本田技研を作りましたが、その背景には経営の才能がある友人の力があったのかもしれません。

4.ハリウッド俳優、アーノルド・シュワルツェネッガー

ハリウッド俳優、アーノルド・シュワルツェネッガーは貧乏から這い上がった成金です。
アーノルド・シュワルツェネッガーは、アメリカに移住してきた移民でした。
当然、幼少期は貧しく、お金がない時代が続いたそうです。
その後、ハリウッド俳優としてブレイクし、スーパースターとして上り詰めました。
俳優業の傍ら、カリフォルニア州知事になり、名実ともに億万長者になったのです。
現在では億万長者になって裕福な暮らしをしているアーノルド・シュワルツェネッガーですが、その過去にはお金がない貧困時代が隠れていたのです。

5.松下電器創業者、松下幸之助

松下電器創業者、松下幸之助は妻とともに這い上がってきた成金です。
松下幸之助といえば、「経営の神様」といわれています。
ですが、少年時代は貧しく丁稚奉公をしていて、松下電器を創業したときも貧乏であったといわれているのです。
松下幸之助の成功の裏には、妻の存在が欠かせなかったといいます。
妻のむめのは松下幸之助に唯一意見できる存在として、夫を支えてきました。
その結果、松下電器は世界的にも有名な会社となったのです。
少年時代にお金がないから苦労した分、晩年は余裕のある暮らしができた人物だといえるでしょう。

6.アップル創業者、スティーブ・ジョブズ

アップル創業者のスティーブ・ジョブズは、破天荒さで成り上がった人です。
生まれてすぐに養子に出され、大学は半年で中退というジョブズが成功した影には、その破天荒さがありました。
アップルを立ち上げてからは、アップルでの仕事を剥奪されたりと色々と大変なこともあった彼ですが、iPhoneの発売などで世界的にも有名な成金となりました。
ジョブズが復帰する前のアップル社は赤字でしたが、復帰後には黒字に転換させるなど、経営者としての手腕も卓越したものがありました。
晩年は病に冒されてしまいましたが、破天荒な性格と時代のニーズにマッチした商品で、成り上がってきた1人と言えるでしょう。

7.天下一品社長、木村勉

天下一品社長・木村勉は、屋台から這い上がった成金です。
15年間勤めていた会社が倒産したのを期に、屋台からラーメン店をスタートさせました。
最初の売り上げは1日11杯で、サラリーマンの月収を稼ごうと思うと1日100杯のラーメンを売らなければならなかったのです。
仕入れのための現金がなくなってしまうなどの苦境を乗り越えて、ようやく自分のラーメンが完成したのは屋台を始めてから4年が経ったときでした。
それから30年近く、天下一品のラーメンの味は守られ続け、今ではフランチャイズとして全国各地に店舗があります。
天下一品の社長は、会社が倒産という危機を乗り越え、4年間のお金がない生活を乗り越えてきた成金なのです。

まとめ

1.鉄鋼王、アンドリュー・カーネギー
2.マイクロソフト創業者、ビル・ゲイツ
3.ホンダモータース創業者、本田宗一郎
4.ハリウッド俳優、アーノルド・シュワルッツネッガー
5.松下電器創業者、松下幸之助
6.アップル創業者、スティーブ・ジョブズ
7.天下一品社長、木村勉

編集後記

歴史に名を残した成金というのは、色々な苦労があった人なのかもしれません。
苦労の末に成功を納めた人ほど、晩年は豊かな暮らしをしているのです。
今苦労しているのが自分であれば、「必ず成功する」と信じて頑張ってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!