投資や人生に役立つジョージ・ソロス5つの名言

shutterstock_156338537

生き続ける伝説

イングランド銀行を負かした伝説の投資家ジョージ・ソロス。長期にわたって生き残る投資家が少ない中、彼のソロスファンド共々存続し続ける稀有な存在です。富豪としても慈善家としても有名な彼の発言には含蓄があります。その内の5つから彼が成功した秘訣を探ってみましょう。

市場は常に間違っているというのは私の強い信念である

成功する人物には哲学や信念があると言います。投資家としてだけでなく哲学的にも奥の深いソロスの発言としてはこれは代表的なものとなるでしょう。自分一人の思想、主義を貫く姿勢は合理主義的アメリカ人らしさを感じさせます。ユダヤ系のアメリカ人という出自も複雑な人間形成に寄与したと考えられます。多くの著名人がそうであるようにソロスも『普通の生い立ち』を歩んではいないのです。
為替や株式市場に対する疑念を持っていることは非常に興味深い話でしょう。初心者は特に相場が上昇曲線を描いている時には買いたがるものですが、こうした著名投資家はよく逆張りすると言われます。相場が下がっている時に買い、上昇していく時に売りを考えるものです。押し目買いはこうした投資家の行動で動かされていくものなのでしょう。

私が確かに人より優れている、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです。

事業でも投資の世界でも、成功する人物は謙虚に過ちを受け入れられると言います。反省と同時に次への教訓を得るのです。これはただ単に謙虚なだけでなく、独自の哲学と行動原理を持ちながらもそれにおごらず自己批判できるということに尽きます。アメリカ人でも成功し没落していく有名人は数多く存在しますが、相場の世界で長期間生き残る投資家は少ないものです。その内の一人であるソロスが「過ちを認められる」からこそ生き残っているのは当然といえます。

金融市場を支配しているのは数学ではない。市場を支配しているのは人間の心理だ。

為替相場に株式市場、債券相場など数多くの金融商品がある中でそれぞれの投資家は独自の理論を用いて相場に参加していると言います。個人投資家が行なうようなチャート画面を使ったテクニカル分析とは全くの異質なものです。高等数学や統計学など複雑な数式を用いて投資行動を行うことで成功している人物が少ないことを揶揄しているとも取れます。
多くの著名投資家は数式や理論を好まないと言います。ソロスもMACDや移動平均線を好んだとも言われ、シンプルなトレード手法で生き残っている存在なのでしょう。ファンドマネージャーとしては人の逆を行く人物ですが、人間心理をよく理解している裁量トレーダーと言うことができます。お金がない人の欲から相場は上昇すると言います。人間心理を理解したソロスは大衆の行動を観察し、自身の哲学の元に決断を下すのでしょう。

米ドルはもはや基軸通貨ではない

ユーロがEU圏で多く採用されている現在、ドルの存在は以前よりも薄くなったといいます。ヨーロッパの中ではアメリカの事情よりもEU内部、そして周辺国との経済事情が大きく関与してくるのです。EUへの加盟を望む国も依然として増加傾向にあり、通貨としてのユーロ需要は衰えることはありません。ドルでの取引をすることなく、ユーロで取引する現在ではソロスの言うとおりにもはや基軸通貨とは言えないのかもしれません。
為替相場として見ても、ドルの動きでレートが決まるようなことはないはずです。ユーロや円など他の通貨の動きから為替相場が決まっているのです。ただし依然としてドルの取引量は世界第一位であり、今でも影響力の大きい通貨なのは言うまでもありません。ドルをキーカレンシーとして取引することは今でも続いていることで、ソロスの発言はいささか大げさに取り上げられすぎたかもしれません。

まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ。

最後に名言というよりも映画のワンシーンのような発言を紹介します。存在そのものが伝説になっているソロスはまさに映画の主人公。人生哲学としても興味深く、相場の本質を物語っているようでもあります。長く生き残り続ける投資家は本当に少ないと言います。その生き残り組のジョージ・ソロスは資金を維持し続けること、破産せず投資を行なえることが重要であることを真に理解しているのでしょう。
しかし興味深いことは、彼は相場世界で多くの投資家が行なわないような危険な取引をすることもある人物だということです。イングランド銀行の為替介入に対してポンド売りで対抗するのはソロスぐらいなものでしょう。人間的に奥深い謎めいた人物像がうかがい知れます。

まとめ

・市場は常に間違っているというのは私の強い信念である
・私が確かに人より優れている、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです
・金融市場を支配しているのは数学ではない。市場を支配しているのは人間の心理だ
・米ドルはもはや基軸通貨ではない
・まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ

編集後記

お金がない人なら憧れる勝ち組投資家。そんな人物の発言は尾ひれが付いたりしながら広まっていくものでもあります。彼は本当に伝説の投資家なのか?確かなことは80歳を過ぎた2015年現在でも彼は生き続けているということだけです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!