資産運用の初心者がキャッシュフローゲームでお金について学ぶ5つの方法

shutterstock_181325729

初心者が資産運用について学ぶことができるキャッシュフローゲーム

たかがゲーム、と侮ってはいけません。むしろ現在では楽しく遊びながら学べる類のゲームが多数登場しているのです。資産運用というと少し難しい印象があるのですが、ゲームとなると敷居もぐっと低くなりますよね。それではご紹介させて頂きます。

1.ロバートキヨサキ氏について理解する

まずは、キャッシュフローゲームといえばロバートキヨサキ氏について理解しておく必要があるでしょう。ロバートキヨサキ氏は、金持ち父さん貧乏父さんの著者としても知られていますね。一時期はテレビで特集される事もありましたし、ご存知の方も多いのではないでしょうか。実際にビジネスマンから高い評価を受けています。若い方に、今のうちに読んでおくべきだとおっしゃる方もいますね。確かに、若い内から資産運用の基礎を学ぶ事が出来ます。
彼は、アメリカの投資家で実業家でもあります。金持ち父さんシリーズは全世界で累計2800万部に到達しており、世界的なベストセラーと言えますね。ビジネス界からは47歳の時に引退しており、その後キャッシュフローゲームの開発に着手されました。

2.キャッシュフローゲームの基本を理解する

資産運用を学ぶために、まずはキャッシュフローゲームの基本を理解しましょう。まず、プレイヤーの生活はラットレースから始まります。いわゆる、給料のために働いている方の事ですね。そこから働かなくても生活できるファーストトラックに移るのです。
働かなくても生活が出来るという事は、何らかの方法によって安定した収入を得ているという事ですね。そこで、資産運用が登場しています。つまり、キャッシュフローゲームは資産運用を利用してお金持ちになるための生活をシミュレーションしたゲームと言えます。
最初にランダムで選ばれた職業によって難易度は若干異なるものの、どんなに低い給料であってもラットレースから抜け出す事が出来るのです。現実的ですが、ある意味非常に夢のあるゲームですよね。

3.遊びながら資産運用について学ぶ

次に、キャッシュフローゲームで遊びながら資産運用について自分でも調べて学んでいく事が大切です。いきなり株式投資の情報を見ても、全く何もわからない状況では理解するのも一苦労ですね。しかし、ゲームをしながらだとすんなり理解出来てしまうものです。仕組みを理解してからであれば各用語を覚えるのもぐんと楽になりますね。
まず、用語で検索してから仕組みについて理解するというのが基本的な流れではあるのですが、そもそも仕組みを体験していないのですからなかなか頭には入ってこないのです。このように、キャッシュフローゲームにはさまざまな用語を簡単に理解できるというメリットも存在しています。
自分がゲームの中で行った資産運用は現実ではどのような方法なのか。そう考えてみると調べたくなりますよね。このように、簡単でわかりやすい形で投資への興味を高めてくれるのです。

4.202でより実践的な資産運用について学ぶ

キャッシュフローゲームは、現在101と202、そして子ども向けのキッズが登場しています。基本的には皆さん101から始める方が多いのですが、お子さんと一緒にキッズから始めたという方もいらっしゃいますし、既に資産運用で成果を出しているという方であれば202から始めてもゲーム内容の理解は難しくありません。
202は、101に比べてより実践的に資産運用について学ぶ事が出来ます。コール・オプションやプット・オプションといったテクニカル知識についても学べますし、例えば株式を購入した会社が倒産してしまう事もあります。そのため、より実践に近い形でゲームを楽しむ事が出来るのです。
ストラドルやネットワークビジネスについても学ぶ事が出来ますね。また、株の空売りについて学ぶ事も出来ます。通常、こういった内容であれば学ぶのにかなりお金がかかってしまう事もありますよね。そんな中、キャッシュフローゲームでは楽しく資産運用について学ぶ事が出来るだけではなく、交流会に参加すれば参加費用だけで学ぶ機会が得られるのです。

5.交流会に参加して資産運用について学ぶ

では、実際にキャッシュフローゲームを覚えたら交流会に参加してみましょう。こういった交流会に参加する事で実際に資産運用に取り組んでいたり、興味を持っている方と情報交換をする事が出来ますね。
しかし、もちろんデメリットもありますので注意が必要です。特にネットワークビジネスやマルチ商法、宗教の勧誘のために潜り込んでいる方が多いのです。これに関して、大規模な交流会では必ずこうした目的での参加を断っているのですが、どうしても中には紛れ込んでしまいますね。しかし、こうした勧誘には耳を傾けないようにしましょう。
実際にキャッシュフローゲームの交流会にはこうした方も多いため、若干マイナスイメージが付いてしまっているというのが現状です。しかし、あくまで一部分の方でありほとんどの方はしっかり意識を持って交流会に参加している方ばかりですので心配はありません。ただし、自分でもしっかりそれを理解して参加しましょう。

まとめ

1.ロバートキヨサキ氏について理解する
2.キャッシュフローゲームの基本を理解する
3.遊びながら資産運用について学ぶ
4.202でより実践的な資産運用について学ぶ
5.交流会に参加して資産運用について学ぶ

編集後記

今回は、キャッシュフローゲームについてご紹介させて頂きました。ご紹介させて頂いた通り、実際にインターネットでのオフ会呼びかけ等も行われています。皆さん資産運用は投資に詳しい、もしくは興味がある方が多いので交流を目的としても良いですね。是非興味を持ったらそうした交流会にも参加してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!