今後の人生に役立つウォーレン・バフェットの名言7選

shutterstock_363546503

著名投資家ウォーレン・バフェットに学ぶ人生の教訓

投資では世界的に有名なバフェット。投資家としてだけでなく人間性としても高い評価を受けている人物です。彼の名言集は置くが深く、著名人にありがちな難解さを含んでいます。そんな中から投資の世界だけでなく、普段の生活から人生の教訓になる言葉7つをご紹介します。

ウォーレン・バフェットの名言その1

リッチになる方法を教えよう。
ルール1、絶対に金で損をしないこと。
ルール2、絶対にルール1を忘れないこと。投資に限らず、人間は自分の資産を減らしていくことで人間関係や家庭関係も崩壊へと進みかねません。そんなシンプルで奥の深い教訓をバフェットは教えてくれているようです。

ウォーレン・バフェットの名言その2

私が投資を始めたのは11歳の時。
それまでは人生を無駄にしていたというわけだ。近年幼児教育が盛んです。学習を始めるのが早ければ早いほど習熟も速くなり、将来性豊かな才能溢れる大人への成長が期待できます。英才教育からエリートコースへと進んでいく勝ち組は数多く存在します。ただし、バフェット自身は生粋のエリートとは言えずむしろ反対の道を歩んでいる部分が興味深いものです。ネブラスカ州オマハという地方都市出身者でありながら、商才は人一倍優れていたとも言います。ビジネスの才能はこの頃から磨かれていったのでしょう。

ウォーレン・バフェットの名言その3

信頼を得るには20年かかる。
信頼を失うには5分とかからない。一般的にも言われている通り、人間関係は壊れやすいものです。ビジネスの世界で成功したバフェットの発言としては十分に含蓄があります。企業や個人の信頼性が特に重要視される世界では一日の内に富も名声も人望も全て失ってしまうこともあるでしょう。

ウォーレン・バフェットの名言その4

成長に大量の資本を必要とするビジネスと、
成長に資本を必要としないビジネスとでは天と地ほどの差が存在する。今、コストと言う言葉が盛んに使われています。企業の維持、発展に巨額の資本を必要とするには体力がいるのです。人件費というコスト削減のために人員整理を行なうケースは後を絶ちません。維持コストの少ないビジネスももてはやされています。EC(イーコマース)などはその内の一つで今後も成長していく見通し。資本と言うのはつまり、一般人から見ても『かかるお金』のことになり人事ではないのです。会社組織としても個人としてもお金がない事態は死活問題ですからコストは最重要の課題と言えます。自分が独立起業したいと考えても、初期投資や維持コストなどを考えなければならず、頭に入れておきたい名言となるでしょう。

ウォーレン・バフェットの名言その5

商品を大衆化して儲けを増やすのは簡単だが、
大衆路線から高級路線へと戻るのは難しい。低価格競争も現代では活発に行なわれていることです。高級車志向であったベンツも大衆車を多く発売し、人気を博しながらも従来の品質を維持できなくなったと嘆くファンもいます。大衆化=大多数の普通の人たちに受けいれらることは比較的容易いものです。一般の人たちに人気が出るようになった、『庶民的で気さくな人』というのはいわゆるエリート層、富裕層からは行儀の悪く礼儀の知らない人と映りがちです。大衆迎合することになった人は一生大衆の中で生きていくことになるのです。自分が付き合う人がどんな人かでその後の自分の人生が決まると言っても過言でないでしょう。

ウォーレン・バフェットの名言その6

人間には単純なことを難しくしたがる
ひねくれた性質があるらしい。独自の哲学を持つバフェットの発言としては少し妙な発言でしょう。彼の投資スタイルは難解な数式を用いないことで知られています。相場で長く生き残っているトレーダーほど単純なトレード手法を持っているとも言います。人生に行き詰った時にこの発言を思い出してみましょう。「世の中もっと人間らしく素朴に生きられないものか」
「考え方やシステムが受け入れられない」現代社会は非常に複雑な様相を呈しています。そのシステムの一部であることを嘆いていても仕方のないことなのです。

ウォーレン・バフェットの名言その7

今日、誰かが木陰で休めるのは、
ずっと昔誰かが木を植えておいてくれたからである最後に、彼の発言の中から最も人生に役立つ台詞を紹介します。
今の自分があることに感謝の念を忘れないように。
そして、長い人生の中でその意味を真に理解する日がやってくるのを待ちましょう。

まとめ

自らの成功と欲のために相場に参加する世界にあって、バフェットは異端とも言えるでしょう。
人格者としての側面と、ビジネスマンとしての才能や冷徹な経験則が入り混じって奥深い人格を形作っています。単なる『いいひと』でないことは明らかです。世界的に成功する人物には哲学があるとも言います。それがバフェットには明確に存在しているようです。

編集後記

名言は肥やしになるものです。ただこの現代を生きている人からすれば「それどころでない」事情も入り組んできます。せわしない生活の中で忘れがちな事を思い出してみるのも、たまにならいいものでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!