稲盛和夫とはどんな人物なのかを知る5つの経歴

shutterstock_214315015

稲盛和夫氏といえば、「経営の神様」と呼ばれる人物です。

一代で京セラを大きくし、今も尚、経営とは何かについて、さまざまなところで哲学を語り続けています。
では、そんな「経営の神様」稲盛和夫氏について、詳しく説明していきたいと思います。

1.京セラの創業者である

まず、稲盛和夫氏といえば、京セラの創業者であるという一面が、もっとも有名だと思います。
稲盛氏は鹿児島大学工学部を卒業後、京都にある碍子メーカーに就職しました。
1959年、知人の出資により、碍子メーカーの仲間たちと、資本金300万円で京とセラミック株式会社を設立します。
これが、現在の京セラの前身でs。
社長として就任しましたが、工場の中で社員たちと汗を流しながら、高いセラミック技術で世界的にも有名な会社となっていきました。
また、1984年には、電気通信事業の自由化に伴って、第二電電企画株式会社を設立します。
これは、現在でいうKDDI株式会社のことです。
稲盛氏は、京セラの経営にあたって、独自の経営哲学を持って経営にあたりました。
それが京セラフィロソフィであり、アメーバ経営です。
現在では、その知識や経験を生かして、企業家の育成にも力を注いでいます。
稲盛和夫氏は京セラを軌道に乗せるまで何度も挫折しましたが、そのたびに立ち上がることで今の地位を築いていったのです。

2.幼少のころの病のときに読んだ本で、「心のあり方」についての基盤ができた

稲盛和夫氏は幼いころ、肺結核の初期症状といわれる病気にかかってしまいました。
そのころ、稲盛氏の近くには肺結核を患っている人物がおり、稲盛氏は自分に移ってしまうのを恐れてあまり近寄ろうとはしませんでした。
その人物の看病をしていたのは、稲盛氏の父や兄であり、稲盛氏はかかわらないでいたにも拘らず、肺結核の初期症状といわれる病気になってしまったのです。
このとき、病床に伏した稲盛氏は、隣の家の人から、一冊の本を手渡されます。
その本には、「心のあり方次第で物事は変わる」と書いてありました。
稲盛氏はそのとき、「兄や父が病気にならなかったのは、強い心があったからだ。自分にはその心がなかったから病気になったんだ」と思ったそうです。
そして、心のを強く持つことで、その病気にも打ち勝ちました。
稲盛氏は常々、「心のあり方次第」という言葉を口にします。
仕事にしても、心のあり方次第で楽しいものになったり、辛いだけのものになるんだということを、稲盛和夫氏は知っているのです。

3.独自の経営哲学を持って、経営を進めてきた人物である

稲盛氏の経営哲学は、時として宗教的といわれることがあります。
京セラフィロソフィなどがそう言われてしまう理由のひとつになっています。
そもそも、京セラフィロソフィというのは、稲盛氏が経営を行っていくうえで大切にしていることであり、稲盛氏の考え方を社員にも分かってもらおうという意味で作られたものです。
例えば、経営をしていくにあたっては、心を大切にすることだったり、公明正大に利益を追求することであったりという内容が盛り込まれています。
フィロソフィの中には、仕事以外でも人生はこうやって生きていくべきであるという教訓のようなものがたくさん書かれています。
京セラで働いていくために必要なことであると同時に、生きていくうえでも必要なことが盛り込まれているのです。
ここまで哲学的に経営を行っている人物というのは少なく、稲盛氏の経営哲学は確固たるものであるため、宗教的と揶揄されてしまうことがあるのです。
稲盛和夫氏のように、確固たる経営哲学を持った人物が進める経営は、働く上でとても重要なものなのではないでしょうか。

4.JALの経営再建に携わった

稲盛和夫氏の名前が有名になったもうひとつの理由は、経営破たんをしてしまった日本航空の再建に携わったからです。
日本航空が経営破たんしてしまってから、社員の3分の1の雇用をなくしてまで経営を再建させようとしました。
ですが、あれだけ大きな会社が破綻してしまえば、再建には時間がかかり、並大抵の事ではないというのは誰の目から見ても明らかでした。
そこで「経営の神様」と呼ばれる稲盛氏に再建の打診をしたところ、当初稲盛氏はその話を断っていたのです。
とはいえ、稲盛氏は熱意に負けて無報酬で日本航空の再建に携わり、来る日も来る日も、自分の経営哲学を話し続けました。
その一方で、日本航空独自のフィロソフィを作らせ、それを社員に浸透させていったのです。
その結果、当初はもう少し人員削減をしなければいけないだろう、稲盛氏ですら再建は無理だろうと言われていた日本航空も、無事に再上場することが出来たのです。
稲盛氏は、どんなときにもブレる事の無い経営哲学を持っているために、日本航空の再建が出来たのです。

5.著書には経営や働き方のすべてが詰まっている

これまでにたくさんの本を出してきた稲盛氏ですが、その本のひとつひとつには、稲盛氏の考え方や経営についてのことがたくさん詰まっています。
稲盛氏は、経営について書くときにも、生き方について書くときにも、心が大切であると記しています。
経営をするときには「正しいことをするという心が大切である」という気持ちを持って、経営にあたっていたといいます。
そしてその心のあり方というのは、京セラフィロソフィやアメーバ経営にも役立っているのです。
そして、生き方について書くときにも、「人として正しいことを」と記しています。
稲盛氏にとって、経営をするときにも、生き方を考えるときにも、人として正しいことをする心が大切なのであるという考え方が基礎になっているのです。
稲盛和夫氏の著書は、これまでにたくさん出版されてきました。
経営者になろうという人も、社員として頑張ろうと思う人も、一度稲盛和夫氏の本を読んでみると、社会人として、人としてのあり方を考えることが出来るのではないでしょうか。

まとめ

1.京セラの創業者である
2.幼少のころの病のときに読んだ本で、「心のあり方」についての基盤ができた
3.独自の経営哲学を持って、経営を進めてきた人物である
4.JALの経営再建に携わった
5.著書には経営や働き方のすべてが詰まっている

編集後記

稲盛和夫氏は、独自の経営哲学を持って経営にあたってきました。
その結果が今の地位であり、その地位につくまでの努力というのは並大抵のものではありません。
ただ、稲盛和夫氏が一貫してきたことは「心のあり方ですべては変わる」ということだけなのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!