孫正義氏から学ぶ!夢を持つ若者がすべき5つのポイント

孫正義氏もまた自分の夢を叶えた一人です。

そして、それは非常に大きな夢でした。今、日本の若者も同じように大きな夢を叶えようと頑張っている方々がたくさんいらっしゃいます。

では、大きな夢を叶える為に若い内に何をすべきなのでしょうか。

1.行動力を大切にしている

孫正義氏は非常に行動力のある方です。

まず、孫氏は高校生の時に夏休みを利用して短期留学を行いました。これはアメリカのカリフォルニアでの語学研修です。

その理由は非常にシンプルで、司馬遼太郎の書いた小説である竜馬がゆくを読んで脱藩に憧れたというもの。

他にも理由はあったかもしれませんが、こんなシンプルな理由で渡米を決意したのです。

その後は当時通っていた久留米大学附設高等学校を中退し、アメリカのホーリーネームズカレッジの英語学校に入学しました。

そして、サンフランシスコにあるセラモンテ高等学校に編入しています。このサンフランシスコでの高校生活というのはわずか3週間で終了しました。飛び級し、更に高校卒業検定試験に合格したのです。

このように、孫氏は非常に行動力があります。

ただ毎日を送っているよりも、自分の興味のある事に大して積極的に学んでいこうという姿勢は非常に重要ですね。

2.リーダーが持つべきポイントについて学ぶ

孫正義氏いわく、リーダーには持つべき3つのポイントがあるそうです。

それが理念、ビジョン、戦略の3つですね。

自分自身がリーダーになった時にこの3つを持っているかというのも重要ですが、自分がリーダーについていく立場になった時にも重要です。

この3つを持っていないリーダーに付いて行っても成功をする事は出来ないというのです。

そして、孫氏はこの事を日本の学生や、サラリーマンに言いたいと言っています。

そこで、若い方々であればどうでしょうか。すぐに起業したいという場合であれば、まずは自分自身が持っているかどうかが重要でしょう。

更に、誰かから学ぶ事もあるかと思います。そんな時にその相手はこの3つを持っていますか?また、それでいて誰かを不快にさせるような人ではありませんか?自分だけに良い顔をするような人では、付いていく事は出来ません。今後の自分の事を考えた際に、上司や師匠となるべく人にこれがあるのかは重要なポイントになるでしょう。

3.自分を信じている

孫正義氏は何より自分を信じている方です。

例えば、最初にあったのは夢と根拠の無い自信だけだったそうです。

他の方からしてみれば大丈夫なのかと心配されてしまう程ですが、それでも孫氏は自分を信じていました。

他の誰かが出来る事を自分が出来ないというのはおかしいのです。もちろん生まれつき体質などで出来ない事というのはあるでしょう。しかし、ビジネスにおいてはどうでしょうか。孫氏の場合は若くからその才能を発揮していましたが、そこには自分自身を信じる力が強く関わっていたのではないかと思わされます。逆に年老いてから開花する才能もあります。ビジネスの世界においては平等にチャンスがあるという事ですね。

そして、自分自身がそのチャンスを手にしていると思うのも、自分には全く関係の無い話だと思うのも自分の考え方次第なのです。

4.アイデアを大切にする

孫正義氏率いるSoftBank(ソフトバンク)ですが、今や日本を代表する大企業へと成長を遂げました。

そして、ソフトバンクの成功には多くのアイデアが関わっていたのです。

ちなみに、孫氏はカリフォルニア大学に在学中、1つの事を決めていました。

そして、それは1日に1つは必ず新しいアイデアを考えるというもの。

それはお金を作るために何かを発明する事が要因となっていました。

結果として孫氏は大きなアイデアを形にします。これは電子辞書の原型とも言われていますね。

そして、この特許をシャープに販売する事で約1億円という大きなお金を手にしたのです。

ただの思いつきではなく、自らアイデアの重要性について考え、毎日の習慣にしていたというのがポイントですね。

このアイデアは発明だけとは限りません。

自分の生活をより良くしていくためには何が必要なのか、そのアイデアを常に考えるという事はビジネスマンにとっては重要な習慣ですね。

5.こだわりが強い

孫正義氏は執念の男だと評価される事も度々あります。

それだけこだわりが強いという事ですね。これは、奥様とご結婚した時にもそのエピソードが登場します。

まず、孫正義氏は在日韓国人として日本で誕生しました。

そして、その後1990年に日本人女性と結婚しています。

この時、奥様の姓を「孫」に改名しているのです。

孫氏も日本に帰化しているのですが、そこで姓の問題が出てきます。

通常であれば、韓国姓のままでは日本国籍を取得する事は出来ないのです。しかし、孫氏の奥様は日本人です。

そこで、日本人である奥様が孫という姓になるのだから、日本の姓になってもおかしくないと担当者を説得したそうです。

若い学生の間では、起業を目指す方も増えました。しかし、その多くが自分のこだわりを曲げてまで周りに同調し、結果として最終的には食われているのです。

自分の夢とは何なのか、こだわりとは何なのかをもう一度再確認したほしいですね。

まとめ

人生という時間は短いものです。

そして、若いままいられる瞬間というのはあっという間。

だからこそ大切な事がたくさんあります。

孫正義氏がそうだったように、若い方にも自分自身の生き方について考え、行動していく力が大切ですね。

1.行動力を大切にしている
2.リーダーが持つべきポイントについて学ぶ
3.自分を信じている
4.アイデアを大切にする
5.こだわりが強い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!