2020年東京オリンピック開催で日本が得られる5つのメリット

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催によって日本はどのようなメリットを得る事が出来るのでしょうか。

今回は5つのメリットをご紹介させて頂きます。もちろん、権威のためだけに招致を行ったわけではありません。

そこには必ずメリットが存在しているのです。

1.東京オリンピックによって権威を示す

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定されたという事は、日本の力が認められたという事です。

オリンピックの開催国には世界中から多くの人間が訪れます。観戦客はもちろん、実際に競技に参加する選手やその参加者、マスメディアも多く訪れますね。そして、何より世界中で大きな話題となるのです。

オリンピックというのはそれだけ注目が集まる世界的な祭典です。

そして、開催国は国の権威を示す事が出来るのです。

これだけ多くの方が集まる事になるのですから、実行委員としても適当な国を選ぶ事は出来ないのです。

例えば、実行委員の立場になって考えてみましょう。

開催が決まった後で金銭的な問題で建設がストップしてしまえば大変な事になってしまいます。

また、治安の悪い国での開催も不安が残ります。

そしてもちろん祭典なのですから、盛り上がりに欠けてしまえば失敗になってしまいます。

そこで、オリンピックの開催国はそれらを全て満たす必要があるのです。

もちろん、その時によっては一部条件を満たしていない場合もあります。

しかし、基本的に実行委員会が望んでいるのはそれだけ実行能力のある国だという事です。

そこには総合的な国としての力が試されますよね。

2.東京オリンピックで国民の気力向上が見込める

2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されるという事は私達日本人によって非常に誇らしい事です。

そして、スポーツ独特の盛り上がりが日本人の気力をもっと高めてくれるのではないかという意見も多いです。

確かに、スポーツ独特の興奮や盛り上がりというのは私達のテンションを上げる効果があります。

そして、何よりそれによってより国を誇らしく思う事が出来ると言うのです。

実際に東京オリンピック・パラリンピックが開催されたらその盛り上がりはまさに想像以上になるでしょう。

そんな大きな大会を開催したのが日本となると、私達の愛国心や誇りというものをもっともっと高めてくれるのではないでしょうか。

3.大きな経済効果が見込める

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催による経済効果というのは既に算出されていますが膨大な額です。

それだけの経済効果をもたらす事が出来るものというのはなかなか存在しません。

また、東京オリンピックは一時的なお祭だという見方も確かにあります。

しかし、東京でオリンピック・パラリンピックが開催される事によって日本にとっては大きなアピールの場となるのです。

日本企業にとっては外国の方に名前を売る絶好のチャンスとなります。

実際にはオリンピック・パラリンピックが閉会した後にも一定の経済効果は持続していくという事ですね。

もしかしたら、オリンピックの観戦をきっかけに日本を気に入って下さった外国の旅行者が今後増加する可能性だってあるのです。

東京オリンピック・パラリンピック招致反対派には一時的な経済効果とする方もいるのですが、こういった絶好のチャンスであるという事を忘れないようにしたいですね。

詳しい東京オリンピックによる経済効果について興味がある方は、

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2