ソフトバンクの創業者!孫正義氏のようなリーダーになる5つの方法

孫正義氏が創業したSoftBank(ソフトバンク)。

今や日本を代表する大企業の1つになりました。
そこで、ソフトバンクに関して代表的な情報を5つの観点からまとめてご紹介させて頂きます。

1.孫正義氏の略歴からを行動力を学ぶ

まずは孫正義氏の略歴を簡単にご説明させて頂きます。
孫氏は佐賀県鳥栖市の朝鮮人集落で誕生しました。豚や羊と共に暮らし、生活も貧しく、不衛生な環境で育ったそうです。そして、この時に父親が密造酒を製造していた事をインタビューで語っています。現在、父親は韓国で暮らしていますが、彼がこの密造酒の製造販売や消費者金融、パチンコ店の経営で大成功した事から一気に家庭も裕福になりました。
高校生時代には短期間の語学留学を行い、その後アメリカの高校に編入。大学の検定にも無事合格し、在学時に自動翻訳機の開発に成功。それで手にした資金を元にソフトウェア開発会社を立ち上げました。
その後はソフトバンクの前身となる会社を立ち上げ、紆余曲折を経て今に至ります。若い頃から非常に積極的に行動していた事が良くわかりますね。

2.SoftBank(ソフトバンク)の経営理念を知る

孫正義氏が率いるSoftBank(ソフトバンク)ではどのような経営理念を掲げているのでしょうか。
ソフトバンクグループでは、創業以来一貫して推進している事があります。それが、情報革命という自分達の専門分野を通じて、人類や社会への貢献を推進していくという事。
では、人々の幸せとは一体どのような事でしょうか。これは人によって答えが分かれるでしょう。しかし、SoftBankでは感動する事と幸せを感じるという事は同義だと考えています。このように、人に幸せや感動を与えるという事。それを情報革命を通じて行う。それこそがソフトバンクグループの経営理念なのです。
今後はコンピュータの発展も凄まじいスピードで展開されていくでしょう。そんな中、まさに情報革命が起こります。その大きなパワーを人々のために発展させていくこと。それを原動力にしているのです。

3.孫正義氏は情報革命の志を胸にしている

孫正義氏は情報革命という言葉をよく掲げています。自分が子どもの頃と比べてコンピュータはどう変わったでしょうか。まだ携帯電話すら珍しかった時代から、もはや当たり前の時代になりました。日本の携帯電話業界は非常に進んでいますので、世界でも最先端の技術を当たり前のように使う事が出来るのです。そして、今後は更に情報革命が進むと考えられているのです。
SoftBank(ソフトバンク)ではイー・アクセスとの経営統合が行われました。そして、アメリカ第3位の携帯電話通信事業者であるスプリント・ネクステルの戦略的買収。これによりソフトバンクグループの売上は、モバイル事業の中では第3位へと躍り出る事となりました。
さまざまなインターネットに関する事業など、常に最先端を走るソフトバンクグループが世界的市場へ挑戦する。これは、情報革命を更に人々の幸せのために発展させるという意味では非常に重要な足がかりとなる事でしょう。

4.SoftBank(ソフトバンク)の社名の由来やロゴを知る

孫正義氏が率いるSoftBank(ソフトバンク)。非常に有名な企業になりましたが、その社名やロゴの由来というのはご存知でしょうか。
まず社名ですが、これは名前の通りソフトウェアの銀行を意味しているそうです。1981年に、パーソナルコンピュータのソフトウェア流通事業会社から全てが始まりました。銀行と言いますと、私達にとっては非常に身近な存在です。どこも大きな銀行ばかりですが、その中でも私達の生活においても良く使う場所ですね。そんな中、銀行を取り入れたのは情報化社会において、インフラストラクチャと呼ばれている社会的な基板となる役割を担う事を意味しているのです。
ロゴは孫氏が好きだという坂本龍馬が率いた海援隊の旗印がモチーフとなっています。2本のラインはイコールとアンサーを示しています。誰もが日本の情報ネットワークを楽しめるように、そしてそれを導き出すのがSoftBank(ソフトバンク)になるように、そんな願いが込められています。

5.孫正義氏が信頼している役員について知る

孫正義氏が創業したSoftBank(ソフトバンク)。役員もまさに名だたる人物の名前が並んでいます。
例えば、代表取締役副社長である宮内謙氏。彼は昭和52年に社会法人日本能率協会に入職しました。そして昭和59年にソフトバンクグループに入社しています。それからソフトバンクBBの代表取締役副社長やソフトバンクテレコムの取締役を務めました。取締役もロナルド・フィッシャー氏、ユン・マー氏、宮坂学氏共に以前からソフトバンクグループを支えてきた実力派の方々ばかりです。
しかし、現在はソフトバンクアカデミアの方でSoftBankの関係者以外の人間も募っています。今後は外部からの優秀な人間が役員に多く並ぶということも考えられますね。

まとめ

1.孫正義氏の略歴からを行動力を学ぶ
2.SoftBank(ソフトバンク)の経営理念を知る
3.孫正義氏は情報革命の志を胸にしている
4.SoftBank(ソフトバンク)の社名の由来やロゴを知る
5.孫正義氏が信頼している役員について知る

編集後記

非常に大きな企業となったSoftBank(ソフトバンク)。今後は日本だけではなく世界を市場にしての活躍が見られるでしょう。孫正義氏の手腕に今後も期待が集まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!