2020年東京オリンピック開催が不動産にもたらす5つの影響

shutterstock_203054410

2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定と同時に個人投資家達も非常に盛り上がりました!

株価の高騰ばかりが注目されがちですが、不動産業界も非常に変化を見せています。そこで、東京オリンピック・パラリンピック開催決定から不動産にどのような影響があったのかご紹介させて頂きます。

1.湾岸エリアに人気が集まっている

2020年東京オリンピック・パラリンピックの競技地区ですが、これは湾岸に集中しています。そこで、湾岸エリアの不動産が非常に注目を集めています。
まず、新規分譲が非常に増えました。そして、それらが驚く程のスピードで売れていっているのです。もし、このエリアに土地を持っていたとしたらどれだけの利益になったのでしょうか。
開催決定を皮切りに、開催までには若干評価額が下がる可能性もあります。しかし、開催が直前になればまた欲しいという方は増えます。やはり、ステータスで手に入れようとする方も増えるでしょう。そこで売り抜くと考えている方も多いのです。
実際に湾岸エリアでマンションの新規分譲を手がけている不動産会社では、まさに嬉しい悲鳴が飛び交っているのだとか。こういった所にもしっかり東京オリンピック・パラリンピックの影響が出ている結果ですね。

2.東京オリンピックのインフラのために人件費が上がっている

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けてインフラを整備するためには、多くの人手を必要とします。そして、湾岸エリアの新規分譲も急ピッチで進められているという事もあり、どこでも人手が足りない状況になってしまい、結果として人件費が高騰しているのです。これは忙しい中でも、労働者にとっては嬉しい事ですね。
しかし、人件費が高騰すればもちろんマンションの価格も上がってしまいます。人件費がそのままで仕事が減ってしまえば信頼問題にもなりますし、結果としてそれが価格に反映されてしまうのです。実際に都内ではマンション価格の平均購入額が上昇傾向にあります。
このように、不動産価格が上昇している理由には、人件費の高騰問題も存在しています。ここで、多くの派遣会社も動いているでしょう。結果として、不動産関係の人材に強い会社に注目が集まったりと、その影響は他業界へも及んでいます。

3.東京オリンピックの影響で中古マンションの価値が上昇している

2020年東京オリンピック・パラリンピックの影響を受けているのは湾岸エリアだけではありません。例えば、そっちに人手が回ってしまえば他のエリアも同様に人件費を上げる必要が出てきてしまいます。その結果、湾岸エリアだけではなく、都内全域で値上がりを見せているのです。
そこで、改めて注目されているのが中古マンションの存在です。もちろん投資目的以外にも、住居としてマンションを購入する方はたくさんいらっしゃいます。しかし、現状では値上がりしてしまっているので、なかなか手が出せないのです。消費税の増税問題もあり、実は中古マンション市場も非常に盛り上がっている状況にあります。
実際に、そのまま所有していた中古マンションに思いもよらない金額で買い手が付いた、という報告も出ています。新築だけではなく、中古にも注目すべきでしょう。

4.東京オリンピックに向けてテナントも注目している

2020年東京オリンピック・パラリンピックで多くの方が集まれば、それだけ飲食店や小売店も売上を伸ばす事になります。そこで注目されているのがテナント用地の問題です。
例えば、使われていない土地であっても、一時的に利用される可能性というのもあります。通常は月に10万円で賃貸に出されている土地だとして、20万円を払ってもおつりが来るかもしれないのです。こういったチャンスを経営者達は見逃していません。
そして、湾岸マンションではこういったテナントのチャンスは少なくなってしまいますし、得られる利益から考えるとかなりコストが高くなってしまいます。そこで、都内のあらゆる土地のリサーチが始まっています。もし、用途に困っている土地を所有している方がいれば、今が賃貸や売却のチャンスになるかもしれませんね。

5.過去のオリンピックを参考にする

2020年東京オリンピック・パラリンピックについて考える際に、是非参考にしたいのは過去のオリンピックの存在です。
やはり、有名なのは北京オリンピックです。北京オリンピックの際には非常に不動産の価格が上昇し、中には家賃が8倍以上になってしまった賃貸物件もあったそうです。結果として出ていかなければならなくなってしまった家族もいたそうで、非常に混乱してしまう事となりました。分譲ならまだしも、賃貸で負担が増えるというのは辛い話ですね。
ロンドンオリンピックでも同様に賃貸バブルが起こりました。当時、通常では考えられないようなスペースまでも賃貸に出していたそうです。
東京でもこのようになってしまうのかと考えると少々怖いのですが、今後23区内は家賃相場が上昇する可能性もありますね。

まとめ

1.湾岸エリアに人気が集まっている
2.東京オリンピックのインフラのために人件費が上がっている
3.東京オリンピックの影響で中古マンションの価値が上昇している
4.東京オリンピックに向けてテナントも注目している
5.過去のオリンピックを参考にする

編集後記

東京オリンピック・パラリンピックに向けてやはり不動産に注目が集まっています。もし、ご自分で土地を所有しているのであれば、その使い道について考える絶好のチャンスとなるでしょう。そして、2020年東京オリンピック・パラリンピックが終わった後もその動向が注目されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!