2020年の東京オリンピックのときの7つのボランティア

shutterstock_244906021

オリンピックでは、たくさんのボランティアが必要になります。

2020年の東京オリンピックでも、たくさんのボランティアが募集されます。
東京オリンピックのときのボランティアの内容について、紹介していこうと思います。


1.会場案内のボランティアが出来る

2020年に行われる東京オリンピックでは、会場案内のボランティアが募集されます。

会場案内は、来場者に対して狭義の説明や席の案内を行います。

会場案内には、一番多くの人員が必要になります。

これには、特別な資格などは必要ありません。

2020年の東京オリンピックは、夏休み中なので、学生でもボランティアに参加する事ができます。

会場案内のボランティアは、実際の会場だけではなく、主要な駅や空港などにも配置されます。

海外からのお客さんも多いので、ある程度の語学力などの知識が必要になります。

東京の観光名所についての知識もあれば、2020年東京オリンピックのボランティアとして「おもてなし」が出来るでしょう。

2.競技運営もある

東京オリンピックで活動するボランティアには、競技運営補助の仕事もあります。

これは、実際に競技が行われる会場内やトレーニング場、ウォームアップ場などにおける、運営の補助をする仕事です。

主にボールボーイなどの仕事を任される事になります。

競技運営補助の仕事では、色々な国の人たちと関わる事になります。

なので、日常会話程度の語学力は、必要になってくるのです。

会場までの渡航費などは、全額自己負担になります。

競技会場でのボランティアでは、間近で試合を見ることも出来ますが、一般的には、作業中に試合を観戦することは出来ません。

2020年の東京オリンピックでは、競技運営補助のボランティアをしてみてください。

3.ドライバーも、東京オリンピックのボランティアになる

2020年に開催される東京オリンピックでは、ドライバーのボランティアも募集されます。

ドライバーの主な仕事内容は、大会関係者を会場まで移動させるための移動車の運転です。

選手の移動も仕事のうちに入るので、とても重要な役割といえるでしょう。

安全に運転する技術も必要で、また、おもてなしの心も必要になります。

ドライバーのボランティアで必要になる資格は、2種免許が必要になります。

タクシーのドライバーなどに必要な免許なので、元ドライバーの人などは、応募してみるといいのかもしれません。

選手などの送迎という大切な役割なので、責任感のある人は、東京五輪のドライバーに応募してみてください。

4.表彰式のサポートをする

2020年の東京五輪では、表彰式のサポートをするボランティアもあります。

オリンピックの目玉といえば、やはり表彰式です。

メダルを獲得した選手を称える場なので、そのサポートをしたいと思う人も多いでしょう。

選手にメダルを渡す際のサポートをすることが主な仕事になります。

また、競技会場で行われるメダルセレモニーの準備や運営を手伝います。

表彰台などの準備も、選手達が気持ちよく大会を終えられるようにするためには、とても大切な事です。

ボランティアの1つ1つは、大会を成功させるために必要な力なのです。

東京オリンピックでボランティアをするなら、メダルセレモニーの仕事をしてみてはどうでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2