「やりましょう」でもっと便利に!孫正義を理解する5つのポイント


孫正義氏お馴染みのフレーズといえば、「やりましょう」です。

これは、ツイッターのフォロワーから寄せられる要望のリプライに対して「やりましょう」と返答するというもの。ユーザーの意見をしっかり取り入れている事がよくわかりますね。そこで、今までにどのような要望に答えてきたのか、その情報をいくつかご紹介させて頂きます。

1.孫正義氏はソフトバンクショップのリアルタイム待ち時間公開を決定する

孫正義氏は、SoftBank(ソフトバンク)のショップにおいて、リアルタイムで待ち時間を公開してほしいというリプライに対してやりましょうと答えています。キャリアのショップに行くと、混雑している時は非常に待たされます。時には一時間以上待たされてしまう事も。その間ずっと待っているというのは正直苦痛ですよね。
しかし、このリアルタイムサービスが導入されれば、現在の待ち時間を調べてからショップに行く事が出来ます。混雑時を避ける事はもちろんですが、こまめにチェックをしていれば比較的待ち時間の少ない時間というのがわかりますよね。
これは、ユーザー側だけではなくショップにとってもメリットがあります。来るユーザーを分散する事が出来れば、仕事の効率を上げる事が可能なのです。このサービスは、いずれソフトバンク以外にも導入されそうですね。

2.ソフトバンクで使用する以上の自然エネルギー発電を決めた

孫正義氏は、SoftBank(ソフトバンク)で使用する以上の電力を自然エネルギーを用いて発電する事を決めました。孫氏といえば、東日本大震災の後に自然エネルギー財団についていくつもつぶやいていますね。この自然エネルギー財団ですが、実際に活動を始めています。
例えば、財団の公式サイトには今後の活動についてのスケジュールというのも掲載されています。それぞれの科学者との連携も始まり、今後の動向が注目されていますね。各セミナーやイベントも開催されています。
ソフトバンクではどれだけの電力量を使っているのでしょうか。日本を代表する大企業の1つですので、かなり電力を使っているというのは間違いありません。しかし、それが全て自然エネルギーでまかなえるとしたら、他の企業も見習わなければなりませんね。

3.孫正義氏は1年以内に1万人以上の雇用創出を行った

孫正義氏のツイッターに寄せられたリプライは非常にシンプルな内容でした。それは、「孫さん、雇用作ってください」というもの。それに対して孫氏は1年以内に1万人分の雇用創出を決めたのです。そして、実際にそれを実現しました。
就職氷河期という事で、どこでも求人を求める声で溢れています。仕事が無いという訳ではありません。しかし、条件が異常に悪かったり、いわゆるブラック企業で働く事になってしまったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな中、SoftBank(ソフトバンク)のグループで1万人の雇用を創出するというのは非常に素晴らしい事です。それだけ力のある会社という事もよくわかりますね。通常の会社であれば、いきなり1万人の雇用を創出するというのは不可能に近いのですから。

4.下取りプログラムの簡素化を行った

孫正義氏はSoftBank(ソフトバンク)ショップにおいて、下取りプログラムの手続きを簡素化させる事に成功しています。例えば、実際に下取りしてもらいたいスマートフォンがあったとしても、それに対応しているショップが近くに無ければ不便ですよね。その土地によっては、かなり遠くまで行かないと対応している店が無いという事もあったのです。
しかし、こうしたユーザーの声を取り上げて孫氏は対応している店舗を増やす事に成功しました。これによって、下取りで悩んでいたユーザーの方にとっては非常に便利になったのです。今まで下取りがしたくても出来なかったユーザーにとってはまさに朗報といえるでしょう。

5.孫正義氏は株主総会来場者限定グッズに対応し続けている

孫正義氏率いるSoftBank(ソフトバンク)といえば、お父さん犬を中心にユニークなキャラクター展開を行っています。それに伴い、グッズが非常に人気を集めているのです。そして、株主からも多くの要望が寄せられていました。
孫氏のツイッターには、株主からこのように多くの要望が届いています。そのグッズの内容も、株主の意見をかなり考慮しているのです。例えば、マグカップはもちろん以前には体組成計も配られました。これらは株主総会参加者限定のグッズです。
その結果、ソフトバンクは個人投資家からも人気を集めています。グッズ欲しさに株を購入するという投資家も少なくありません。逆に、SoftBankのグッズが欲しいからという理由で株式投資を始める方もいるのだとか。これらのグッズが更に人気を高めているというのは間違いありません。こうした声をしっかり取り上げているのです。

まとめ

1.孫正義氏はソフトバンクショップのリアルタイム待ち時間公開を決定する
2.ソフトバンクで使用する以上の自然エネルギー発電を決めた
3.孫正義氏は1年以内に1万人以上の雇用創出を行った
4.下取りプログラムの簡素化を行った
5.孫正義氏は株主総会来場者限定グッズに対応し続けている

編集後記

「やりましょう」というのはもはやSoftBank(ソフトバンク)の公式サイトでも取り上げられるお馴染みのフレーズとなりました。シンプルなキーワードですが、SoftBankの行動力の高さを示しているでしょう。そして、何より有限実行している点が素晴らしいですね。今後も孫正義氏の「やりましょう」に注目しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!