2020年東京オリンピック・パラリンピック招致を決めた4人の人物

東京オリンピックの招致を決めた功労者とは一体誰なのか?

まず、東京で開催されるオリンピックです。そのため、本来主役になるべきは猪瀬都知事でした。しかし、実際には低い評価を受けています。他の方の力が強かったと言われていますね。今回は、多くの方が尽力しました。その結果として招致の決定があるのです。そして、今回はその中でも大きな話題を集めている4人の功労者についてご説明させて頂きます。

1.滝川クリステルさんが情感たっぷりに伝える

まず、若い方の中では滝川クリステルさんの「おもてなし」に対して話題が集まっています。それだけ、インパクトのあったパフォーマンスでした。また、彼女のファッションにも注目が集まっています。確かに、あの青いスカーフは非常に印象に残るものです。中には、彼女のプレゼンには中身が無いと批判されている方もいらっしゃいます。しかし、招致の決め手の1つになったという事は間違い無いでしょう。実際、海外のメディアも彼女に注目しています。内容は簡潔に、そして情感たっぷりに。専門家が行うプレゼンとは違います。彼女は、最大にして最高の結果を出したと言っても過言では無いでしょう。ちなみに、彼女のプレゼンは「東京はみなさまをユニークにお迎えします。日本語で『おもてなし』と表現します。それは、訪れる人を慈しみ見返りを求めない深い意味があります」 という言葉から始まりました。日本には、チップがありません。与えられているお給料の中で、最大限の接客をしています。これは、私達日本人からすると当然のように感じます。日本人は、当然のようにおもてなしの心を持ち、心から客人を迎える。そういった魅力を伝える良いプレゼンだったのではないでしょうか。

2.安倍首相が日本の総合力の高さをまとめ、強さを見せる


今回、滝川クリステルさんのプレゼンに大きな評価が集まりました。しかし、専門家の中では安倍首相のプレゼンを評価する声が非常に大きいです。相当な練習を重ねたのではないかと思われるそのプレゼンは、非常に力強いものでした。時に穏やかに、時に力強く、見事に緩急を付け、聞いている人間達の心を引きつけました。確かに、華やかさといった面で滝川クリステルさんの方が世間一般的に注目されるのは仕方ない事です。しかし、日本国のトップに立つ総理大臣が、非常にレベルの高いプレゼンを行ったという事は、一日本人として覚えておいて損は無いでしょう。ちなみに、滝川クリステルさんの行ったプレゼンを安倍首相が行っても、評価は集まりません。むしろ、酷評される可能性もあります。それだけ、どの人間がどの内容を話すのか、そういった点が非常に重要になります。その点、今回のプレゼンは、個々の魅力を最大限に発揮した総合力の高さが伺えます。そして、これはプレゼンだけの問題ではありません。その他の面でも、今回日本は総合力を見せつけています。その中でも、やはり安倍首相の力強い声は、IOCの委員だけではなく、日本全体の強さも見せつけたのではないでしょうか。

3.太田雄貴選手によって若さや情熱を伝える


今回、「アスリートファースト(選手第一主義)」が東京オリンピック招致委員会によって掲げられました。その象徴となったのは、やはりフェンシングの太田雄貴選手ではないでしょうか。招致が決定した後、メディアにも多く取り上げられています。そのため、強く印象に残っているという方も多いのではないでしょうか。ちなみに、太田選手は5月と7月に行われたプレゼンの際にも登壇しています。そして、その際にも非常に高い評価を受けていました。彼の魅力は、若さと情熱です。そこで、その両方が伝わる素晴らしい内容のプレゼンを行っていました。更に、彼は東京の招致を一番信じていた人間といっても過言ではありません。実際、汚染水問題で東京が劣勢になった事もありました。しかし、最終プレゼンの前も彼に迷いはありませんでした。プレゼンは、行う人によってその内容が全く異なります。例えば、簡潔に情報だけをまとめたプレゼンも存在します。しかし、彼が行ったのは人の心を動かすプレゼンでした。そして、それが出来る人間というのは限られているのです。ひたすらに信じ続けた彼が、招致を決めた功労者の1人だと評価されるのも、当然の話ですね。

4.石原慎太郎前都知事によって松明に火を灯す

東京オリンピックが決まった今こそ思い出さなければならないのが石原慎太郎元都知事です。まず、彼の言葉が無ければ招致に向けて動き出す事はありませんでした。つまり、彼こそが最大の功労者なのです。確かに、当時は批判も多くありました。しかし、どんな結果にも批判はつきもの。実際に、東京オリンピックの招致が決まったのは、声を上げた彼の功績が最も大きいのではないでしょうか。ちなみに、石原氏は8日にテレビに出演し、その際に「松明の火を消さないで良かった」と発言しています。最初は、松明のような心細い小さな火だったかもしれません。しかし、実際に東京は招致を勝ち取りました。今後は、この火がもっと大きく、そして聖火へと繋がっていくでしょう。また、石原氏は東京オリンピックへ向けて、選手育成の必要性についての意見を述べました。確かに、開催は7年後です。今後、準備に関しても石原氏の意見に注目が集まる事は間違い無いですね。更に、猪瀬都知事にも負けずに頑張って頂きたいものです。

パラリンピック招致を決めた4人の人物

1.滝川クリステルさんが情感たっぷりに伝える
2.安倍首相が日本の総合力の高さをまとめ、強さを見せる
3.太田雄貴選手によって若さや情熱を伝える
4.石原慎太郎前都知事によって松明に火を灯す

編集後記

今回は、4人の方に絞ってご紹介させて頂きました。しかし、様々な面で、本当に多くの方が尽力されたからこそ東京オリンピックの招致が決定したのです。例えば、今回はオリンピック招致に詳しい専門家の方も動いていました。私達が思っている以上に、多くの方が裏の舞台でも活躍されているのです。今後は、開催に向けてまた様々な話し合いが進んでいく事でしょう。実際に、開催されるまでにも多くの人の努力がある事を忘れてはいけませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!