東京オリンピックでボランティア?スタッフになるための5つの要素

2020年に開催が決定した東京オリンピック・パラリンピック

そして、オリンピックの開催にはボランティアの存在が欠かせません。しかし、本当に自分が出来るのかどうか少し不安だという方もいらっしゃるかと思います。そこで、東京オリンピックのボランティアに求められている要素をご紹介させて頂きます。

1.東京オリンピックは2016年からボランティアの募集を開始する

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアは、2016年からの募集を予定しています。そのため、まずはスケジュールが確保出来るかどうかが重要なのです。他に本業がある方は、もちろんそちらが優先ですね。
このスケジュールに関してですが、毎回オリンピックになるとどうしても本業を休んでしまう方がいます。そして、自分も参加するという事でボランティアに参加するのです。しかし、それでは本末転倒ではないでしょうか。もちろん自国で開催するオリンピックに携われるというのは特別な経験です。しかし、そのために嘘を付いてしまったりスケジュールをごまかすのは宜しくないですよね。他にも同じ気持ちの方だっているかもしれません。
そこで、スケジュールを取る際にはしっかり周りの理解を得る事が大切です。

2.苦情やトラブルを覚悟する

2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、大混雑が予想されます。オリンピックではどの大会も必ず大混雑になります。そこで、予定とは違いトラブルが起こる場合があるのです。
例えば、混雑中に苛ついてしまった観客がボランティアに詰め寄ったり、暴力を振るわれるといった事件が起こった事もあります。女性の場合もこういった際に胸やお尻を触られてしまった、という話も少なくはありません。
このように、オリンピックのボランティアはいい事ばかりではありません。あちこちでトラブルが起こりますし、例えボランティアだとしてもそれにしっかり対応しなければならないのです。「私はあくまでボランティアだから関係無い」という考えではなかなか勤めあげる事は出来ないでしょう。

3.東京オリンピックボランティアは報酬が出ない

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアも通常と同じボランティアです。つまり、報酬は一切出ません。食事に関しては出る場合もありますが、自分で用意しなければならない事もあるでしょう。交通費に関しても同様です。日本全国からボランティアをする方が訪れますが、どれだけ交通費がかかったとしても全て自己負担です。無料のシャトルバスが出る場合もありますが、基本的には自己負担と考えておいた方が無難ですね。
そのため、ある程度金銭的に余裕が無いと応募する事は出来ません。実際に役目が振り分けられてから交通費が無いから辞退する、という事は出来ないのです。多くの方が東京オリンピック・パラリンピックに携わる事で自分もその感動を味わいたいという考えをお持ちだと思います。しかし、まずは金銭的に余裕があるかどうかも重要なのです。

4.年齢は関係ない

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアでは、年齢は関係ありません。もちろん年齢制限はありますが、その範囲の中に含まれていれば大丈夫です。
例えば、若いからといって臆する事はありません。若い感性だからこそ見えるものもあります。特に、高齢を理由にあきらめてしまう方も多いのですが実際の現場で主力になるのは実は高齢者の方々です。
高齢者の方には今まで培ってきた経験があります。そのため、何かトラブルがあってもスムーズに対応出来る事が多いのです。実際に過去のオリンピックでは、若い方が対応しきれなかったトラブルを高齢者のボランティアがすぐに対応したというケースもあります。
2020年東京オリンピック・パラリンピックでは、さまざまな役目があります。自分に合った内容の仕事をすれば良いのですから、年齢は関係無いのです。

5.ボランティアには東京オリンピックを成功させるという気力が必要

2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティアに最も求められる要素といえば、やはり何があっても成功させるという強い意思ではないでしょうか。
例えば、何かトラブルがあった時には基本的にボランティアが対応する事になります。そこでうまく対応出来なければ周辺の空気は悪くなってしまいます。更に、オリンピックという事で海外からも観光客の方がたくさん訪れるでしょう。そんな時、言葉がわからないからといって適当な対応をすれば、された方はもう日本は嫌だと思ってしまうかもしれませんね。
東京オリンピック・パラリンピックのボランティアは、運営の一員です。自分が楽しむという気持ちももちろん大切ですが、何より大会の成功に向けて一生懸命頑張れる方がふさわしいのではないでしょうか。

まとめ

1.東京オリンピックは2016年からボランティアの募集を開始する
2.苦情やトラブルを覚悟する
3.東京オリンピックボランティアは報酬が出ない
4.年齢は関係ない
5.ボランティアには東京オリンピックを成功させるという気力が必要

編集後記

オリンピックを運営するにはボランティアの存在が必要不可欠です。更に、今回日本は「おもてなし」というキーワードを出しています。そのため、日本人全員がそういった気持ちを持って客人を迎える必要があるでしょう。
その中でも、ボランティアは代表となるべき存在です。それを考えると、生半可な気持ちでは務まりません。2020年東京オリンピック・パラリンピックを成功させるためにも、強い意思を持っている事が大切ですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!