東京オリンピック開催で便利になる?交通機関の5つの再開発計画

2020年東京オリンピック・パラリンピック

新しい路線の状況はもちろんの事、オリンピックが後押しする事になり決まりそうな開発計画もあります。今後の私達の足にも関わる事ですのでしっかり抑えておきたいポイントですね。

1.東京オリンピックまでに渋谷駅の再開発が行われる

2020年東京オリンピック・パラリンピックの前に、渋谷駅が再開発を行う予定です。これは渋谷駅南街区プロジェクトと呼ばれています。2017年の段階で道玄坂街区開発計画を行います。駅西口にある東京プラザの建替も行います。そして、これは2018年に開業を予定しています。
その後にもまだまだ開発は進みます。鉄道の改良事業と同時に行う事になる計画の方では、東棟が2020年に開業を予定。そして、中央・西棟では2027年に開業を予定しています。段階的に計画が進められていく予定のようですね。
渋谷は若者の街としてもお馴染みですが、もちろんビジネスの街でもあります。治安の悪さはもちろんの事ですが、老朽化などが問題になっているエリアもあります。東京オリンピック・パラリンピックまでにもっと綺麗な渋谷になると良いですね。

2.2016年に新宿駅新南口ビルが完成予定

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、新宿に新たな複合大型ビルが登場する予定です。新宿駅といえば大規模なターミナル駅としてもお馴染み。鉄道だけではなく、高速バスの発着が多い事からも、ビジネスマンや観光で訪れる家族連れなど、多くの方が出入りを行うエリアです。
そして、新南口駅舎の跡地に建設を予定している複合大型ビルですが、こちらは2020年頃に東口と西口を結び自由通路も使用開始を見込んでいます。地上は33階、地下は2階建てという事で非常に規模が大きいですね。
そして、これは拠点の整備だけではなく回遊性の向上も視野に入れています。新宿駅は確かに大規模なターミナル駅ですが、それだけに人で混雑している印象があります。しかし、この計画が完成すれば更に使い勝手が良くなるのではないでしょうか。

3.東京オリンピックの影響で新地下鉄の計画が急浮上している

2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいて、競技施設に関してはかなり計画が完成しています。しかし、交通に関してはどうでしょう。確かに東京は外国人が多い場所ではあるのですが、そもそも日本は外国人観光客が少ない国です。そんな中東京オリンピック・パラリンピックで大勢の方が訪れるだけではなく、日本国内からも東京に集中してしまったら。やはり交通機関に大きな影響が出てしまうでしょう。
そこで地下鉄が検討されています。大目玉となるのはやはり成田と羽田、2つの国際空港を直結する路線です。これが実現すれば今までやや不便だった東京中心へのアクセスが一気に向上します。完成すれば羽田から新東京駅まで18分、成田から新東京駅までは36分になります。わざわざ長いタクシーの列に並ぶ必要が無くなりますね。

4.国際戦略総合特区に注目が集まる

2020年東京オリンピック・パラリンピックをきっかけにさまざまな事業が動き出しそうです。その1つが国際戦略総合特区です。それに伴い浮上しているのが品川-田町駅の区間内です。ここに新しい新駅が建設されるのではと言われています。
国際戦略総合特区とは、アジア地区における本社や研究開発の拠点を目指すというエリアの事。車両基地の跡地がありますので、ここが指定されています。ちなみに、以前からこのエリアでは新駅の構想が出ていました。しかし、新駅というのは何かしらの条件が揃わない限りはなかなか着手する事が出来ません。そんな中特区に指定された事によって再開発を始め、新駅の計画がより現実的なものとなったのです。
新駅が出来れば交通の面で非常に便利になります。オリンピックの開催が無くても進むポイントではありますが、期待したいですね。

5.東京オリンピックの交通関係に猪瀬都知事はクギをさしている

2020年東京オリンピック・パラリンピックをきっかけにさまざまなインフラ整備が整うというのは本当の事なのでしょうか。確かに、整えなければならない場所というのも当然あります。しかし、中には便乗しているケースもあるのです。
そこで猪瀬都知事は記者団からの取材に対してこういった便乗が横行しやすいと釘をさしているのです。例えば、成田と羽田を結ぶ直結の地下鉄に対してもそうです。通勤電車ではないのだから採算性見込めないというのが都知事のご意見です。
実際にご紹介させて頂いた情報というのも、東京オリンピック・パラリンピック関係無しに進められていたものです。しかし、東京オリンピックの後には改めてその必要性が見直され、再度計画が進む可能性もありますので、少しは期待しても良いかもしれませんね。

まとめ

1.東京オリンピックまでに渋谷駅の再開発が行われる
2.2016年に新宿駅新南口ビルが完成予定
3.東京オリンピックの影響で新地下鉄の計画が急浮上している
4.国際戦略総合特区に注目が集まる
5.東京オリンピックの交通関係に猪瀬都知事はクギをさしている

編集後記

交通面において最も大切な事は東京オリンピック・パラリンピックの後の事でしょう。道路や鉄道というのはオリンピックの後も利用していく事になります。そう考えた時に、本格的にこうした計画が再度見直されるのは、大会が終了した後の東京がどうなっているのか、という事でしょう。2020年東京オリンピック・パラリンピックの後もまだまだホットな話題が続きそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!