竹田和平氏から学ぼう!四季報を使った4つの方法

和製ウォーレン・バフェット「竹田和平」

世界一の投資家と呼ばれているウォーレン・バフェット氏。彼とはまた手法は違うものの和製ウォーレン・バフェットと呼ばれているのが竹田製菓の会長である竹田和平氏です。竹田和平氏は、情報源は四季報だけだとおっしゃっています。投資家にとっては手放せないアイテムではあるものの、いまいち見方がわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は竹田和平氏の手法を元に主に長期投資を行う際に有効な四季報の見方をご紹介致します。

1.竹田和平氏の信頼している四季報とは何かを知る

まずは、四季報とは一体どのような媒体なのかをしっかり理解しましょう。様々な種類がありますが、投資の世界では東洋経済新報社が発行している会社四季報を指す事が殆どです。1年に4回、つまり季節ごとに刊行されているのが特徴です。上場企業の情報はもちろん投資信託に関する情報までも網羅されており、投資を行っている方にとっては手放せない必須アイテムなのです。
現在、投資を行うには様々な手段があります。例えば、超短期で売買を繰り返す方であれば、会社の経営状態よりも値動きの方が重要なのです。しかし、長期で考えた場合にはどうでしょうか。長期的に保有する事を前提としている場合、やはりその会社の安定性等が関わっていきます。そのため、そういった情報を一目で判断する事が出来るのです。
実際に、竹田和平氏も株式投資を行う際の情報源は四季報のみで充分だと発言されています。竹田和平氏の場合は長期投資を行っているためそれで良いという事ですね。しかし、短期での売買をメインにしている方の場合は同じ使い方は出来ません。そのため、ご自分のスタイルによっても利用方法が異なるので注意が必要です。

2.インターネットで会社四季報オンラインを活用する

現在、投資をするのに多くの方はインターネットを活用しているのではないでしょうか。実は、会社四季報も時代の流れに乗ってインターネットで見る事が出来るのです。会社四季報オンラインと呼ばれており、会員登録をしなくても一部情報が見る事が出来ます。
ちなみに、会員登録をする事によって見れるコンテンツが増えます。無料のスタンダード会員と有料のプレミアム会員に分かれており、プレミアム会員の場合は更にオプションを追加する事も出来るため非常に便利です。何より、多くの情報をインターネットでまとめて見る事が出来るため時間の短縮にも役立ちます。実際、投資のスタイルによっても異なるのですがなかなか時間が取れない事が悩みになってしまっている方も多いのです。そのため、短縮できる時間はどんどん短縮していきましょう。
ちなみに、会員登録を行わない場合はゲストでの閲覧となります。見る事の出来る情報には限りがあり、スタンダード会員という無料での登録も出来ますので、出来れば登録しておく事をおすすめ致します。

3.竹田和平氏のように会社の活力をチェックする

では、実際に会社四季報の見方をご紹介致します。まず、チャートを確認していきます。神の四季報の場合はメモを書き込み事が出来るため、メモや付箋を挟んで使っている方も多くいらっしゃいます。この時に、オンライン版のチャートと合わせて確認をしながら見ていくことで相場の動きをより掴む事が出来ると考える方もいます。
次に、業績予想です。こちらに関しては当然ですがやはり万能ではありません。通常であれば非常に参考になります。一社ごとにしっかり取材をしているのですが、それを個人が行うというのは困難です。そんな中、四季報を見れば書いてあるのですから非常に便利ですね。しかし、過信は禁物です。あくまで参考程度に見るようにしましょう。
ちなみに、竹田和平氏はPBR(株価純資産倍率)をしっかりチェックされています。このPBRは会社の活力を示しているというのが会長のご意見です。長くに渡り会社を経営されてきた会長は、もちろん多くの会社を見てきました。そんな中、財務が健全で潰れた会社は見た事が無いというのです。是非、参考にしてみてください。

4.四季報の様々な欄を読み解く

では、最後に会社四季報にはどのような内容が掲載されているのかを一部ご紹介させて頂きます。膨大な量のデータがありますので、全てを見る事も可能ですがポイントを絞って見ていけるようになると良いですね。
まず、大株主欄です。つまり、どういった方が大株主にいるかという事です。例えば、竹田和平氏は日本で最も多く会社四季報に名前が掲載されている方だと言われています。単元株主数、外国人持株数比率、投資信託持株数比率、浮動株数比率、少数特定者持株数比率等の欄もチェックしましょう。
次に財務欄も重要です。竹田和平氏も、財務が安定している会社は信頼できるとおっしゃっていますね。この財務欄ですが、総資産、自己資本・自己資本比率、資本金、利益剰余金、有利子負債、銀行の掲載項目、証券会社の掲載項目、損害保険会社の掲載項目、生命保険会社の掲載項目といった欄があります。ここを見ればそれぞれの会社の財務の状況が判断出来るので、投資を行う際に非常に重要なポイントとなります。

まとめ

1.竹田和平氏の信頼している四季報とは何かを知る
2.インターネットで会社四季報オンラインを活用する
3.竹田和平氏のように会社の活力をチェックする
4.四季報の様々な欄を読み解く

編集後記

今回は四季報の見方についてご紹介させて頂きました。実際、まだ投資に慣れていない方が見てもその用語を覚えるのでいっぱいいっぱいになってしまう事も多いですね。しかし、最も基本的な情報源でもあり、株式投資を行う際には必ずチェックしておきたいポイントが詰まっているのです。そこで、是非四季報を使いこなせるように何度も目を通してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!