孫正義が国籍を変えた5つの理由

ソフトバンクの社長で、日本でも有名な起業家である孫正義は、過去に国籍を変えています。

なぜ、国籍を変えたのか、知っている人は少ないのです。

孫正義が国籍を変えた理由について、考えていこうと思います。

1.昔、国籍差別にあっていた

ソフトバンクの社長であり、日本でも有名な起業家である孫正義が国籍を変えた理由の1つに、過去のトラウマがあります。

幼い頃、朝鮮人の集落で暮らしていたと言う孫氏。

まだまだ民増差別が酷かったころには、「朝鮮人」とからかわれ、頭に石をぶつけられたこともあるのだそうです。

そんな幼少期を過ごした孫氏は、国籍差別を持ったまま、大人になりました。

1973年にアメリカに渡り、そこで初めて「孫」という苗字をなのることになります。

アメリカへの留学を決めたのも、全て差別から逃れるためでした。

始めて韓国を訪れたとき、その差別意識からは解放され、本人いわく、「たちの悪いできものが全て取れてしまったよう」だったと言われています。

ですが、幼い頃の記憶と言うものは、人にとって根強いものでもあります。

孫正義が「孫」という苗字を使いながらも、日本国籍を取得した理由ちうのは、やはり幼い頃の人種差別も原因の1つなのだと思われます。

2.仕事のためである

孫正義が日本人へと帰化し、国籍を変えた理由は、仕事のためでもあります。

例えば、ソフトバンクを立ち上げるときには、すでに通名である日本名を持っていました。

ですが、孫氏はあえて、通名ではなく、本名の「孫」という名前でソフトバンクの前身である、ユニソン・ワールドを起業しました。

親や親戚には「甘い!」といわれることもありましたが、孫氏は譲りませんでした。

1990年に帰化して日本人になるまで、彼は、在日朝鮮人として見られていたのです。

ですが、やはり仕事上では、日本人であることのほうが有利に働くこともあります。

借金をするときなどでも、日本人であることや、日本の国籍も持っていることは、昔から重視されてきました。

なので、会社の規模が大きくなるに連れて、「孫」という苗字は、色々と不都合だったのではないか、と思います。

それでも、韓国姓を名乗っているのは孫氏自身の愛国心の表れなのではないかと思います。

孫氏は仕事のために、帰化することになったのだと思います。

3.日本が好きだからである

孫正義社長は、「孫」という苗字でありながらも、日本に生まれ、日本で育ってきました。

確かに、世界平和だといっていても、日本中にはまだまだ、人種差別をしてしまう人もいます。

でも、日本に帰化してしまえば、国籍は日本になり、国籍で差別してくるような人もいなくなるのです。

そして、孫社長は、日本が好きでした。

帰化して日本国籍を取得する外国人の多くは、日本好きな人がほとんどです。

生まれ育った国だからこそ、何度かしか行ったことがない本当の母国よりも、日本を母国にたしたいと言う気持ちは、孫社長の中にもあったのだと思います。

そういった気持ちと言うのは、総じて日本が好きという気持ちに繋がっていくのです。

孫茶長は、日本のために尽力を尽くしてきた人物です。

そのため、日本に対する愛着というものは、人一倍です。

孫正義が日本に帰化して、国籍を変えた理由というのは、やはり、日本が好きで母国にしたいという思いもあったからなのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2