孫正義が国籍を変えた5つの理由

4.孫正義の日本名は「安本」である

日本の国籍を取得する前から、孫正義には、日本名の通名がありました。

孫氏の日本名は、「安本」です。

孫氏がソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを起業したとき、家族を集めて、彼は「孫」という苗字で企業をすることを告げました。

その頃はまだ、民族差別が酷く、「孫」という日本人にはいない苗字を使うことは反対されていましたが、孫氏は自分の意思を曲げませんでした。

その後は、日本国籍を取得する際には、法務省から「孫という苗字は日本人にはいない」という理由で、日本式の苗字である安本にしなさいと言われていました。

ですが、孫氏は、日本人の妻の苗字を「孫」に変えることで、変更した妻の苗字を理由に、安本ではなく、「孫」という苗字のまま、日本国籍を取得することが出来たのです。

孫氏は、日本国籍になっても、かつては自分自身も差別していた韓国に対する思いを忘れないために、孫と言う苗字のままで日本国籍を取得し、日本人となった人なのです。

5.アメリカ国籍を取得している

日本の国籍を取得していた孫正義ですが、今は、アメリカ国籍を取得しているようです。

この背景には、韓国政府の思惑も絡んでいました。

韓国政府は、日本にいる韓国系の人々の資産を凍結し、韓国の資産にしようとしていたのです。

日本国籍を取得しているとはいえ、孫氏自身も韓国との繋がりがあります。

なので、その資産凍結を防ぐために、アメリカ国籍を取得したのです。

孫氏の資産というのは、莫大なものなので、凍結されてしまっては、孫氏自身だけではなく、家族なども困ってしまいます。

そうなってしまうことを避けるために、孫氏はアメリカ国籍を取得したのです。

ですが、その話と言うのは、

日本に住む韓国人資産家の間では有名なものだったので、

韓国政府の思惑とは別に、

孫氏を含む多くの資産家の資産は海外に持ち出されてしまった後でした。

孫氏は自分の資産を守るために、大変大きな決断をしていたのです。

国籍を変えるのは大変なので、孫正義は苦労をしたことが伺えます。

孫正義の国籍については、インターネット上で様々なことが言われています。

ですが、孫氏は、自分のルーツである国にも誇りを持ち、自分が生まれ育った国で活躍しています。

孫正義の国籍が何であれ、尊敬すべき起業家の1人であることには変わりないのです。

孫正義が国籍を変えた5つの理由

1.昔、国籍差別にあっていた 2.仕事のためである 3.日本が好きだからである 4.孫正義の日本名は「安本」である 5.アメリカ国籍を取得している

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2