東京オリンピックの記念硬貨にまつわる5つの話

shutterstock_223867732

東京オリンピックでは、2020年も記念硬貨が発売されるだろうと予想されます。

1964年のオリンピックでも発売された記念硬貨はとても価値があるものになっています。

では、東京オリンピックの記念硬貨にまつわる5つの話題を紹介します。

1.1964年の東京オリンピック記念硬貨は当時プレミアがついた

1964年に開催された東京オリンピックのときに発行された記念硬貨は、大会を記念して発行された銀貨です。

1000円銀貨と、100円銀貨の2種類が発行されました。

記念硬貨の引き換えは大会直前から始まりました。

1000円銀貨は1500万枚、100円銀貨は8000万枚発行されています。

1000円銀貨の引き換えには長蛇の列ができ、すぐに品切れになってしまいました。

ですから、すぐにプレミア価値のある銀貨としての反響があり、1000円銀貨は一時、2万円を超える高値で取引されたこともあります。

100円銀貨は、8000万枚という発行数だったために、市場に流通していました。

記念硬貨のデザインは、公募によって決定されました。

聖火や五輪のデザインとともに、日本を象徴する富士山やサクラの入れたものです。

この記念硬貨の発行は、硬貨収集ブームに火をつけ、この東京オリンピックの記念硬貨もプレミア価値がついたのです。

2020年に行われる東京オリンピックの記念硬貨も、プレミア価値がつくのではないかと予想されます。

2.現在オリンピック記念メダルは1枚2000円で売買されている

1964年開催の東京オリンピックの記念硬貨は、現在、1枚2000円程度で販売されています。

バブル期には、1枚2万円以上、状態のいいもので2万5000円の値がついた記念硬貨ですが、バブル崩壊以降は2000円程度にまで値が下がったと言われています。

現在販売が確認されているのは、記念メダルや硬貨を取り扱う古銭収集専門店などです。

2020年のオリンピック開催地の決定前には、東京に招致をという気持ちがある人が、1枚2000円の記念硬貨を大量に買うこともあったそうです。

記念硬貨の価値というのは、値段ではありません。

どのような記念硬貨で、どのくらい発行されたのか、流通数はどのくらいなのか、ということに価値があります。

ですから、一般に流通している硬貨と違い、手に入れる目的は収集用なのです。

2020年に行われることになった東京オリンピックでも記念硬貨は発売されると予想されますが、2020年に近づくにつれて、1964年の記念硬貨の値段も少し上がるのではないかと期待できます。

3.1964年のオリンピックの記念メダルはオークションで売買されている

2020年の東京オリンピックが決まってから、1964年に行われたときの記念硬貨の値段が徐々に上がり始めています。

古銭収集専門店では、1000円銀貨は1枚2000円で販売されていますが、オークションだとそれ以上の高値がついているようです。

オークションでは100円銀貨も出品されていて、紙幣価値としては100円であるものの、100円以上の値段がついていることが多いのです。

1000円硬貨にいたっては、4000円以上の値段が付くこともあるようです。

オークションでは保存状態などによって金額が変わってきます。

ですから、保存状態がいいものであれば、古銭収集専門店に持ち込むより、オークションの方が高値で売れることもあるのです。

東京オリンピック開催が決まってからというもの、オークションへの出品が多くなった記念硬貨ですが、その価値は昔と変わらずか、少し高いくらいの金額を維持しています。

1964年の東京オリンピック記念硬貨なので、手元に残しておいた方がいいのではないかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2