柳井正の著書「一勝九敗」に学ぶ5つの名言

ユニクロで馴染みのあるファーストリテイリングの柳井正氏は、「一勝九敗」という著書を出版しています。

この本の中には、柳井氏の考え方が詳しく載っているのです。
世界的企業であるファーストリテイリングの柳井正氏の著書に学ぶことが出来る名言について、紹介したいと思います。

1.「失敗を恐れてはいけない」

柳井正氏は、「一勝九敗」の中で、「失敗を恐れてはいけない」と言っています。
柳井氏は、致命的にならない限り、失敗してもいいと思っていると考えています。
失敗をすることによって、何が問題なのかが明らかになり、そこを修正していくことで、成功していくことが出来ると考えているからです。
失敗をすることを恐れてしまう人というのはたくさんいます。
ですが、失敗を恐れて行動できないでいれば、成功することもないのです。
失敗にこそ成功の芽は潜んでいるのですから、何事にもチャレンジしていかなければいけません。
柳井氏は、ユニクロを手がけるときにもいろいろなことにチャレンジしてきました。
その結果が今のユニクロの拡大であり、柳井氏が世界の長者番付などに名前を連ねる結果となっているのです。
失敗を恐れてしまうと、何をするにもチャレンジができず、成功することもなくなってしまいます。
柳井正氏は、著書の「一勝九敗」の中でも、失敗にこそ成功の芽は潜んでいると言っているのです。

2.「十回新しいことを始めたら九回は失敗する」

「一勝九敗」という柳井氏の著書には、10回新しいことを始めれば9回は失敗するという言葉があります。
新しいことを始めたときというのは、どうしても失敗をしてしまうものです。
ですから、失敗をしないように何かを始めようとすると、どうしても無難な、大きな成功を挙げることができないようなことになったり、そもそも何かを始めると言うことをやめてしまう結果になってしまうのです。
新しいことを始めるときの失敗というのは、あって当たり前のものです。
失敗をせずに順調に成功してきたとしても、必ずいつかは壁に当たってしまいます。
そうなってしまったときに、そこで諦めるのか、チャレンジしていくのかと言うのが大切なことであり、成功するかどうかの分かれ道になるのです。
9回失敗したとしても、1回成功すればそれは自信になります。
そして、その1回の成功を続けていくことで、始めたことはどんどん進んでいくのです。
柳井正氏の「一勝九敗」は、1回の成功があれば9回失敗してもいいんだと思わせてくれる本です。

3.「収益を上げられない会社は解散すべき」

著書「一勝九敗」の中で柳井正氏は、「収益を上げられない会社は解散すべき」と言っています。
会社を経営するというのは、常に収益を大切にしていかなければいけません。
どれだけ頑張っていたとしても、それが収益に繋がらなければ意味がないといえるのです。
例えば、どんなに夜遅くまで仕事をしていても、毎月赤字の日が続いてしまっていては、残業も仕事をしている意味もありません。
会社というのは収益を上げるためにあり、仕事は収入を得るためにあるのです。
ですから、それが出来ない会社は解散してしまう方がいいと柳井氏は考えています。
収益を上げられない会社がどんなものかというと、やはり失敗を恐れてしまっている会社ということができるでしょう。
競争相手がいれば、少しでも差をつけるために違ったことをしなければいけませんが、それが成功するとも、受け入れられるとも分からない状態で始めなければいけないのです。
そんなとき、失敗しても収益を上げるためにがんばることが出来る人がいてこそだと、柳井氏は語っているのです。

4.「他人に評価されることで人は働く」

「他人に評価されることで人は働く」と言う言葉も、一勝九敗の中に出てくる柳井正氏の言葉です。
人というのは、常に色々な人に評価されています。
それが自分に届くときと届かないときがありますが、色々な評価を貰っているのは事実なのです。
その評価が自分の元に届いたとき、良い結果であれば「頑張ろう」と思うことが出来ます。
悪い結果であれば「もっと改善しよう」と思うことが出来ます。
良い結果に胡坐をかいてしまったり、悪い結果を見てみぬフリをするようなことがあれば、その人は成長していかないのです。
頑張ろうと思うことも、改善しようと思うことも、全ては他人の評価があってこそです。
自分を客観的に見られる人に評価されれば、改善するべき点も、良いところも見つかってくるのです。
それが自信になり、チャレンジをしたときにも成功に繋がって行くのです。
柳井正氏は常に他人に評価される立場にいますが、一勝九敗の中でもそのことに触れ、評価されることで働くことが出来るのだと言っているのです。

5.「計画したら必ず実行する」

柳井正氏は、どんな状況であっても計画したら必ず実行することを念頭に置いていたために成功できたのではないか、と一勝九敗の中で語っています。
計画をしたらまずは実行して、実行していく中で失敗したら修正をするということを繰り返していくことが成功するための方法であると、柳井氏は語っているのです。
ユニクロも、最初は地方にあるだけの店舗でした。
それを全国展開にしたのは、柳井氏が、失敗を恐れずにチャレンジしていったからです。
東京に出店するときには、メディアや批評家などから、失敗に終わってしまうという評価を下されていました。
ですが、東京出店を計画した柳井氏は、そんな批評を気にしないで、まずは計画を実行しようとしたのです。
その結果、今やユニクロは全国展開し、世界中にも店舗を持つようになりました。
柳井氏は、実行することの大切さを知っています。
そして、実行しながら考えることで、その先の成功が見えてくるのだと、自身の著書である「一勝九敗」で語っているのです。

まとめ

1.「失敗を恐れてはいけない」
2.「十回新しいことを始めたら九回は失敗する」
3.「収益を上げられない会社は解散すべき」
4.「他人に評価されることで人は働く」
5.「計画したら必ず実行する」

編集後記

柳井正氏の著書「一勝九敗」は、これから何かを始めようとする人に読んで欲しい本です。
失敗を恐れて始めることができないのであれば、それは無駄になってしまうと言う考え方が詰まっています。
ユニクロを成功させた柳井正氏は、一勝九敗であると心に思いながらチャレンジをし続け、成功した人物なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!