2020年東京オリンピックにおいて重要な5つのITサービス

2020年東京オリンピック・パラリンピックにおいてITサービスも多く利用される事になるでしょう。

今や何か調べ物をするとなるとインターネットを用いるというのが一般的な考え方。そこで、オリンピックまでにIT関係でも準備をしておく必要があるのではないでしょうか。

1.東京オリンピックまでに翻訳アプリを用意する

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに翻訳アプリを用意しておく必要があるでしょう。それも多言語に対応しているものがふさわしいですね。今はスマートフォンでもこうしたアプリが多数登場しています。便利ですし、暇な時間に単語を入力して勉強しておくというのも良いのではないでしょうか。
他にも、外国人観光客が増えた観光地では外国人観光客向けにパソコンを用意した所があります。翻訳サイトを使ってお互いの意思疎通に役立てたり、ボランティアでは説明しきれないような内容をサイトを表示させる事で説明したり。言葉が通じなくても写真で説明する事も出来ますね。
これは普通の日本人においても言える事でしょう。もし外国人観光客に声をかけられて道を聞かれた際に、翻訳アプリがあれば単語で説明出来ます。更に地図も表示させればよりわかりやすいですし便利ですね。

2.2020年東京オリンピックまでに電子マネーを更に活用する

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに更に電子マネーの普及を広める必要があるでしょう。例えば、外国人観光客が何か購入する際にお金の問題が出てきます。私達も普段円を使って生活しています。それをいきなりドルやセントで買い物をしろと言われてもいまいちピンと来ない事も多いですし、支払いの際に戸惑ってしまう事もあります。そんな時、電子マネーであれば簡単に決済を行う事が出来ますので便利ですし、回転率を上げる事も出来ます。
こうしたサービスを導入する際に、自分の個人情報を登録しておけばより便利です。例えば、何か持病を持っている方であれば何かあった時にそのカードから対応している病院がわかるようになります。一枚のカードで支払いを行うだけではなく、このような発展的な使い方が出来る日というのもいつか訪れるのではないでしょうか。

3.東京オリンピックにおける交通面のサービスを充実させる

2020年東京オリンピック・パラリンピックで日本に訪れる外国人観光客にとって、心配な問題の1つが交通です。特に東京の電車や道路というのはまるで蟻の巣のようになっています。外国人の友人から、東京はまるで要塞のように入り組んでいると言われた事がありますが、まさにそういった印象でしょう。
ガイドブックを見てもいまいちわからないというのが現状です。そこで、最短ルートや時間、費用をすぐに表示させるようなサービスの導入が望まれます。日本では既にこういったサービスが多数導入されていますので、外国人観光客に利用してもらうにしても準備は比較的簡単でしょう。
出来れば街の至る所にこういったサービス端末があれば、コンピュータが苦手な方でもスタッフがサポートしつつ情報を得る事が出来るかもしれませんね。

4.天気や災害の情報をリアルタイムで受け取れるようにする

2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催は7月、8月です。日本ではゲリラ豪雨や台風が訪れやすい時期としてもお馴染みですね。せっかく日本に来てくださった外国人観光客にとって、天気の問題というのは非常に重要です。もしゲリラ豪雨の関係で見ようとしていた競技に間に合わなかったら。落ち込んでしまうのではないでしょうか。
日本では、ITを活用した天気のサービスというのも多数あります。これらを応用的に使い、より正確な天気予報をする事で競技のスケジュールに対応したりと、さまざまな発展が注目されている分野です。
更に、こうした情報を外国人観光客の方も携帯電話やスマートフォンでリアルタイムで受け取れるようなシステムが期待されています。

5.東京オリンピックに向けて総合的なITサービスが期待されている

2020年東京オリンピック・パラリンピックで期待されているのはやはり総合的なITサービスです。外国人の方に日本の印象を聞いてみると、近年ではやはりアニメが強いもののまだまだテクノロジーの国としてのイメージも健在です。
そこで、電子マネーや天気情報はもちろん、さまざまな情報を閲覧する事が出来るようなITサービスが一部から注目されています。これが導入されれば日本における外国人観光客というのは倍増するでしょう。
私達も海外旅行をする時は同じですが、やはり楽しみではあるものの不安というのも常につきまといます。そんな不安をITサービスを用いる事によってかなり減らしてあげる事が出来るのです。そして、それは日本ならではのサービスといえるでしょう。いつかこのサービスを体験するために旅行に来た、なんて外国人観光客も増えるかもしれません。

まとめ

1.東京オリンピックまでに翻訳アプリを用意する
2.2020年東京オリンピックまでに電子マネーを更に活用する
3.東京オリンピックにおける交通面のサービスを充実させる
4.天気や災害の情報をリアルタイムで受け取れるようにする
5.東京オリンピックに向けて総合的なITサービスが期待されている

編集後記

経済的な問題が起こった時、日本はその問題を解決する事を再優先しました。その一方、アメリカはITが力を付ける事を見越して投資を続けてきたのです。そのため、一時は差があったIT部門ですが日本ならではのサービスというのも多数登場しています。2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、どれだけ多くのITサービスが登場するのか楽しみですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!