竹田和平氏がお勧めする4冊の株の本

shutterstock_128631623

日本一の長期投資家と言われている竹田和平氏。

多くの本を出版されています。

そこで、今回は竹田和平氏のお勧めする本をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

しかし、なんといっても竹田和平氏は有名な投資家です。

そして、たくさんの本を執筆されています。

そのため、竹田和平氏の本の中からいくつかピックアップしてご紹介させて頂きます。

1.竹田和平氏の本を読む

まず、竹田和平氏の本を読もうと思っている方の殆どは個人投資家だと思っていませんか?

実は、そうではないのです。確かに、投資家の方で愛読しているという方も多いでしょう。

しかし、全く投資をしていないというファンの方もたくさんいらっしゃるのです。

例えば、現在の日本は自己啓発が一種のブームになってます。

自己啓発というと、宗教じみた内容をイメージする方もいらっしゃるでしょう。

過去には、実際に宗教への誘導として利用された事もありました。

また、どちらかというとビジネスマンが行うイメージが強かったですね。

しかし、現在は学生や主婦の方でも自己啓発に取り組む事が増えてきました。

たくさんの本がある中、竹田和平氏の本は非常にわかりやすいのです。

そのため、受け入れやすいという理由もあります。

また、特別な事を必要としません。

会長のキャッチフレーズといえば、「ありがとう」です。

何か特別な事をするとなると難しいものですが、感謝の気持ちを持つというのはそう難しい事ではありません。

更に、「ありがとう」と言うところから始めるとなると、もっと簡単ですよね。そのため、多くの方に受け入れられているのです。

2.けっきょく、お金は幻です。を読む

まず、「けっきょく、お金は幻です。」についてご紹介させて頂きます。

日本有数の投資家である竹田和平氏が、お金に対してこんな事を言うのかと驚いた方も多いのではないでしょうか。

この本では、お金を貯める事よりも徳を積む事の方が大切だと説いています。

つまり、貯金よりも貯徳という事なのです。

これは、オビにも書かれています。

では、少し内容をご説明させて頂きます。

この本の中には、どうやって実践したら良いのかという事だけではなく、竹田和平氏ご自身の貴重な経験についても書かれています。

そのため、スムーズに内容を理解する事が出来るでしょう。段階を踏んでいく内容になっているので非常にわかりやすいのです。

そして、この本の中には名言となるフレーズが数多く織り込まれています。

例えば、お金は正直者だと言うのです。そして、心の器の広い人間にならないと、寄って来ないというのが竹田和平氏のご意見です。

また、ポイントとなるのは言葉選びのセンスです。これだけの地位にいらっしゃる方にもかかわらず、優しく丁寧な文体で綴られています。

そのため、非常に読みやすいですね。

竹田和平氏の本をこれから読みたいという方には、まずこの一冊をお勧め致します。

3.いま伝えたい生きることの真実を読む

「いま伝えたい生きることの真実」は、竹田和平氏の本の中でも、自己啓発の要素が強い本の1つです。

現在、自己啓発の本というとどうしても若い世代の著者が非常に多いのです。

そのため、エネルギッシュな内容が多いですね。

しかし、年代が上の方ですといまいち共感出来ないという事も多いのではないでしょうか。

竹田和平氏のこの本には、やはり説得力があるのです。

年齢を重ねている、社会的な成功を収めているだけではない、竹田和平氏の人柄が素直に現れているのです。

投資家の方の本となると、お金に関する内容が多いかと思ってしまいます。

しかし、この本で書かれているのは人生を送る為に何が必要なのかという点なのです。

将来に不安を抱えている、今の現実に満足していないという方は是非読んでみてください。

きっと、前向きな気持ちになれるかと思います。

不安を抱えていると、どうしても後ろ向きな考えを持ってしまいます。

しかし、それでは前は進めないのです。前へ進むためのきっかけが欲しいという方にお勧めの内容ですね。

4.バフェットと竹田和平 富を築く大富豪の教え―「投資の賢人」たちの金言に学ぶ

最後に、少し視点を変えて三原淳雄さんという方の執筆した『バフェットと竹田和平 富を築く大富豪の教え―「投資の賢人」たちの金言に学ぶ』という本をご紹介させて頂きます。

この本は、タイトル通りに投資の賢人と呼ばれているバフェットと竹田和平氏の手法を学ぶ事の出来る内容です。

例えば、どんな優良企業でも業績が落ち込んでしまう時が存在します。

しかし、そういった時に購入し、そのまま保有し続けるのです。

これは、すぐにでも利益が欲しいという方ではあまり有益な方法では無いかもしれませんが、長期投資家の方にとっては基本と言える考え方ではないでしょうか。

そして、あまりにもうまく行き過ぎてしまったしまった時には手放すのです。

素人考えですと、良い調子になっているのだからそのまま保有していても良いのではないかと考えてしまいますよね。

しかし、そこが違うのです。

実際に、成功している投資家の方々はどのような手法を用い、またどのような心構えで投資に臨んでいるのかが、上手く要約された一冊です。

まとめ

1.竹田和平氏の本を読む
2.けっきょく、お金は幻です。を読む
3.いま伝えたい生きることの真実を読む
4.バフェットと竹田和平 富を築く大富豪の教え「投資の賢人」たちの金言に学ぶ

編集後記

ただ投資のテクニックについて語る本はいくらでもあります。

しかし、その心に関する本となるとどうでしょうか?竹田和平氏の本は、ただ単にテクニックを書いた本ではありません。

実際、自己啓発を目的に本を購入し、そこから投資を始める事になったという方もたくさんいらっしゃいます。

投資を行う際、どんな心構えで良いのかがわかります。

また、それだけではなく人生にとって必要なものは何なのか気付かせてくれる本がたくさんあるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!