2020年東京オリンピックで注目したい飲食店とは?

shutterstock_222631798

外国人の方が多数訪れる事になるであろう東京オリンピック・パラリンピック

そこで、外国人の方が入りやすい飲食店というのが人気を集めています。この機会に友人や取引先の関係者が訪れる事も予想されている中、上場している会社を株主優待と共にご紹介させて頂きます。

1.東京オリンピックと飲食店について考える

2020年東京オリンピック・パラリンピックが開催されれば、多くの観光客が訪れます。そこで、もちろん飲食店の利用客というのも増加するでしょう。そんな中、やはり注目したいのが外国人の多く集まる飲食店です。
有名どころで言えばハードロックカフェ、ブラッセルズ、フットニック、トニーローマ、アウトバックステーキハウスなど。これらは外国人の多く集まる店として有名です。
こういった飲食店というのは個人投資家達からも注目されています。

また、それだけではなく、訪れた外国人の方をお連れするのにも最適といえるでしょう。私達も外国に旅行に行くと無性に日本料理が恋しくなる時があります。そんな時、こういった飲食店を知っていればスムーズに招待出来るかもしれません。

2.WDIは東京オリンピックで注目されている

2020年東京オリンピック・パラリンピックの際に訪れた外国人観光客の方が利用しやすいといえば、やはり現地で見かける事の出来る飲食店です。例えば、ハードロックカフェやカプリチョーザを展開しているWDIですね。
WDIは海外展開はもちろん、逆に海外からのブランド輸入など幅広い経営を行っています。若い方から年配の方まで気軽に利用出来る飲食店が多く、日本でも人気を集めています。特にハードロックカフェは外国人の集まる店としても有名で、六本木店には多くの外国人が集まっています。
気になる株主優待の内容は、3000円分の優待券や20%割引のカードが貰えます。今後変わる可能性はあるものの、必要投資金額も7万円と割安。コストパフォーマンスも高いので、優待の内容もお勧め出来ます。

3.オーエムツーネットワークは種類が選べる

2020年東京オリンピック・パラリンピックで外国人の方とステーキを楽しむとなると、やはり外せないのがアウトバックステーキハウスです。元々はアメリカで誕生したカジュアルダイニングで、有名なレストランガイドのステーキ部門で全米№1を獲得した事もあります。世界で1000店舗以上展開しているというのも注目点ですね。
アウトバックステーキハウスを経営しているのはオーエムツーネットワークです。アウトバックステーキハウスの他にも精肉店の肉処大久保や、惣菜店のセンターファームデリなどを展開しています。
世界共通のレシピで焼き上げたステーキは本場アメリカを思わせる豪快な味。とことんホームメイドにこだわり、ステーキのソースやサラダのドレッシングも各店のスタッフが手作りしています。
そんなオーエムツーネットワークの株主優待はアウトバックステーキハウスのお食事券と、ハムなどのオリジナルギフトから選ぶ事が出来ます。WEBサイトも英語版が既に用意されており、日本を訪れた外国人観光客からも人気があります。

4.くらコーポレーションはメニューが豊富となっている

2020年東京オリンピック・パラリンピックでも、やはり外国人観光客の中では寿司や天ぷらが人気を集めるのでしょうか。そこで注目しておきたいのが回転寿司のチェーン店です。安価ですし、入りやすいので結果として多くの方が入店すると予想出来ます。
そこで、今回はくら寿司を展開しているくらコーポレーションをご紹介させて頂きます。握り寿司はもちろんですが、店舗によってはラーメンまで提供しています。サイドメニューもポテトやグラタン、オニオンリングを始め豊富です。更に注目したい点はスイーツの豊富さです。季節を取り入れた新メニューが展開される事もあり、一部ファンの中からは非常に注目されています。ニューヨークチーズケーキやイタリアンティラミスなどのメニューもあり、外国人の方にとっても受け入れやすいというのも特徴の1つ。
そんなくらコーポレーションの株主優待はやはり食事券です。100株以上で500円分の食事券を3枚、1500円分受け取る事が出来ます。

5.東京オリンピックと株主優待について考える

株主優待は2020年東京オリンピック・パラリンピックに限った話ではなく、基本的にいつでも使用する事が出来ます。その会社によっては使える曜日が限られていたり、東京オリンピック・パラリンピックに関して客数がかなり増加する事が予想されている店舗では一時的に使用出来ない可能性というのも出てきてしまいます。
しかし、ずっと使えないというわけではないですし、その点については投資家としても考慮すべきポイントです。むしろ、使えてラッキー程度で考えておくと気が楽かもしれません。
例えば、外国人の友人と食事に行く際にスッと優待券を出すというのもスマートですね。投資家が集まるSNSでもその利用方法が話題になっていました。普段からも便利で使える株主優待ですが、こういった利用方法もあるかと思います。

まとめ

1.東京オリンピックと飲食店について考える
2.WDIは東京オリンピックで注目されている
3.オーエムツーネットワークは種類が選べる
4.くらコーポレーションはメニューが豊富となっている
5.東京オリンピックと株主優待について考える

編集後記

もちろん飲食店にも注目が集まっているのですが、どうせならお得に利用するためにもうまく株主優待を利用していきたいですね。2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに、飲食店のチェックも忘れないようにしておきたいです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!