三木谷浩史氏と妻との関係「夫を億万長者にした妻の力」

楽天の三木谷浩史氏を語る上で、切り離すことが出来ないのが妻である晴子氏です。

起業する前からの付き合いであった晴子氏は、三木谷氏を支え続けていました。

では、そんな三木谷浩史氏と妻の晴子氏について、紹介していきたいと思います。

1.日本興業銀行時代からの付き合いであった

三木谷浩史氏と妻の晴子氏の出会いは、就職先の職場でした。

まず、晴子氏は旧姓山下で、父親は農水省の官僚をしている人物でした。

晴子氏は東京都立の高校から、現役で上智大学に入学し、大学在学中にはアメリカへの留学も行っています。

大学卒業後は、三木谷浩史氏と同じく、日本興業銀行に入社しています。

三木谷氏は、社費でハーバード大学に留学しましたが、晴子氏はボストン大学に留学していました。

三木谷氏と晴子氏は、日本興業銀行のテニス部で知り合うことになります。

職場恋愛の末に結婚し、子供は長男が1人と言われています。

三木谷氏自身の家系がお金持ちであったことは知られていますが、実は晴子氏の家系にも素晴らしい人物は存在しています。

晴子氏の弟である山下雄司さんは、外食産業を手がけるグラナダを創業した人物なのです。

夫婦そろって高い学歴を持ち、家族も誇れる人物であることも、三木谷浩史氏が妻に晴子氏を選んだ理由なのかもしれません。

2.三木谷氏と妻の持ち株を合わせるとクリムゾングループの株式の過半数になる

三木谷浩史氏と妻の晴子氏が保有している楽天の株は、2人の分を合わせると過半数になるという時期もありました。

クリムゾングループや三木谷氏個人が保有するもの、妻の晴子氏が保有するものを見ると、グループ企業全体の50パーセント以上にも登ると言う時期があったのです。

株を持っていれば株主になれますが、全体の50パーセント以上の株を夫婦で保有していれば、実質的に三木谷氏1人で会社の方針を決めることができるようになってしまうのです。

株主にはそれぞれ、会社の方針を決める権利が与えられています。

ですが、半数以上の株を保有している三木谷氏が「こうする」と決めてしまえば、それに逆らうことは出来なくなってしまうのです。

万が一妻の晴子氏と意見が合わなくなってしまったら不可能ですが、夫婦の意見が一致しているときには、会社の先行きを決めることが出来るだけの株を保有していた、ということになります。

三木谷浩史氏と妻は、実質的な経営権を握っていたと言えるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2