孫正義氏の問題解決策とは?人生最大の危機の5つの解決策


孫正義氏は実業家の中でも、情熱的で非常にアグレッシブな方だと知られています。

有限実行が常で非常に行動力のある人ですよね。そんな孫氏は、人生最大の危機が訪れた時にどのように行動をするのでしょうか。非常に注目されている人物だからこそその行動の内容に注目が集まります。しかし、私達も同じように乗り越える事が出来るかもしれませんよね。

1.孫正義氏は後継者の育成に力を入れている

孫正義氏はSoftBank(ソフトバンク)の社員に対して「ソフトバンクを5000社に増やす。自己増殖、自己進化するんだ」と言っているそうです。そして、後継者選びの重要性についても語っています。その結果、ソフトバンクアカデミアも設立されました。このソフトバンクアカデミアですが、いわゆる後継者育成のためのスクールです。
SoftBankにおける最大の危機というのは、常に目の前にあるそうです。よくある話ですが、後継者選びに失敗して潰れてしまう会社というのは少なくはありません。面白い話で、非常に優秀な人間を後継者に指導したにも関わらず、彼が継いでからというものすぐに会社は傾いてしまったそうです。以前の経営者に比べて手腕は優秀だと言われていたのに何故でしょうか。そこには数字からは学べない事があるからなのです。

2.バトンタッチが最大の危機になると予想していた

孫正義氏がSoftBank(ソフトバンク)の成功を確信していたというのはよく聞く話ではないでしょうか。孫氏は、アルバイト社員が二人しかいないような状況でも大成功する事を確信していたのです。
その詳しい内容ですが、社員であれば1万人や10万人規模であればいけると思っていたそうです。孫氏が起業の決意をしたのは19歳の時です。その時にはすでに1兆2兆という数字が頭にあったのだとか。
しかし、同時に最大の危機となる瞬間も確信していたのです。それこそが後継者へのバトンタッチの瞬間です。これがうまくいかなければ、組織は失速してしまうのです。その結果、孫氏はソフトバンクアカデミアを設立しました。今、SoftBankは後継者の育成に躍起になっているのです。
優れた経営者が感じる最大の危機。以外にも、それは自分が前線を退いた後の話だったのです。

3.孫正義氏は失敗の規模を縮小する事を望んでいる

孫正義氏率いるSoftBank(ソフトバンク)は、常に順調な経営を続けてきたというわけではありません。孫氏は優れた手腕を持つ実業家ですが、今までに失敗もしてきたのです。そのため、社員から失敗の報告を聞いた時というのは、自分もしてきた事だからこそ怒ったとしても仕方ないという感情が頭の中に浮かぶそうです。
しかし、SoftBankは大企業になりました。それだけに、失敗して失ってしまうものも増えているのです。以前は100万円程度の損失だったとしても、会社の規模が大きくなれば1億、10億、今のソフトバンクであれば1000億レベルになる事も少なくは無いのです。
こうした危機を迎えた時に早く脱出する方法を、そして何よりこうした失敗をした時の損を少なくする事を後継者候補達に対して望んでいるそうです。

4.撤退の重要性を考える

孫正義氏は失敗した際に撤退する事の重要性についても考えています。これは自身の失敗を元にした考えです。
1999年にスピードネットという会社がスタートしました。これはSoftBank(ソフトバンク)以外にも東京電力やマイクロソフトが一緒になってスタートさせた合弁会社だったのです。この時というのは、ダイヤルアップ接続が主流でした。そして、スピードネットは時代を先読みして定額制の無線インターネットアクセスを行おうとしたのです。
しかし、このスピードネットは大失敗してしまいました。この事を孫氏はベンチャー企業にありがちな事だと語っています。技術の少し先が見えた時、多くの企業というのは慌てて行動を起こします。まだ需要が育っていないにも関わらずです。しかし、失敗が見えた段階になっても、結局は他に先を越されるのではないかとなかなか撤退出来ないというもの。このように、最大の危機を防ぐためにも撤退のタイミングというのは非常に重要なのです。

5.孫正義氏は逃げない事に勇気が必要だと語る

孫正義氏は逃げない事には勇気がいると語っています。例えば、SoftBank(ソフトバンク)もそうなのですが、何か問題があった時というのは必ずトップの声というのが待たれます。「一社員が行った事だ」といっても世間は納得しません。実際にそうしている会社があるように、経営陣のミスを社員にかぶせたのではないかと考える方も多いでしょう。
そんな時、どんな経営者でも逃げたいと思うのではないでしょうか。しかし、逃げた所で何も状況は改善しません。むしろ、逃げた事をいつまでも責められてしまいます。もし、何かトラブルがあった時にトップが逃げてしまえばそこの会社の信用は一気に無くなってしまいます。
最大の危機に直面した時に、逃げないで立ち向かうというのは非常に勇気がいります。しかし、逃げても意味が無いのです。

まとめ

1.孫正義氏は後継者の育成に力を入れている
2.バトンタッチが最大の危機になると予想していた
3.孫正義氏は失敗の規模を縮小する事を望んでいる
4.撤退の重要性を考える
5.孫正義氏は逃げない事に勇気が必要だと語る

編集後記

人生最大の危機というのは誰にでも訪れます。もちろん、会社にも訪れるのです。しかし、そこでどのような対応をしていくかが重要なのです。孫正義氏のこういった考えは是非参考にしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

孫正義氏の問題解決策とは?人生最大の危機の5つの解決策
2.8Overall Score
Reader Rating 0 Votes