2020年東京オリンピック開催で得られる5つの経済効果

shutterstock_122832445

2020年東京オリンピック開催にあたっては、色々な経済効果が期待されています。

実際に私たちの生活にどのような影響があるのでしょうか。

では、東京オリンピックの開催で得られる経済効果について、考えていきましょう。

1.開催前には東京オリンピックに向けたインフラ整備で経済効果がある

東京オリンピックの開催前の経済効果としては、インフラ整備による雇用の促進などが挙げられます。

日本は現在、非正規雇用者が多く、また東日本大震災等の影響で、雇用の落ち込みが見られています。

ですが、オリンピック開催によるインフラ整備や、会場の設置のための工事などでは、多くの雇用が見込まれるのです。

経済的な上向きを求めるためには、まず、雇用を生み出す必要があります。

オリンピックのために計画されているものは、モノレールの設置や、都内有明近辺のインフラ整備です。

また、オリンピック関連施設の建設も、多く計画されています。

これらを2020年までに行うためには、相当な人材が必要になります。

それらの人材を補うことは、大きな雇用促進に繋がります。

雇用が生まれれば、給与が発生し、消費の増加に繋がります。

このように、オリンピックのための雇用増加は、将来的な経済効果を生み出していくのです。

東京オリンピック前に生まれる経済効果は、オリンピックのための雇用促進によって生み出されるものです。

2.東京オリンピック関連グッズ等の売り上げで消費の活性化を図ることが出来る

東京オリンピック関連グッズや、オリンピック特需による売り上げで、消費の活性化を図ることができ、経済効果を生むことが出来ます。

まず、東京オリンピックが開催されることになり、現在でも関連グッズが多数販売され始めました。

これらの関連グッズは、オリンピックの開催される2020年に近づくに連れて増えていき、それによる売り上げの増加も見込むことが出来ます。

また、オリンピックが開催されると、オリンピック特需が生まれることになります。

オリンピックに合わせて画質の良いテレビに切り替える家庭なども増えていくでしょう。

こういった消費の活性化は、1964年に行われた東京オリンピックでも、また、世界各地で行われたオリンピックでも起こったことです。

日本は今、消費増税などで消費が落ち込んでいます。

買い控えなどをしている人が増えているため、どうやって消費を伸ばしていくかというのが課題でもあるのです。

そこに2020年の東京オリンピック開催が決まったことで、これから先に消費が伸びていくだろうという経済効果を予想することができるようになりました。

3.東京五輪の観戦客による経済効果を見込める

東京オリンピックが開催されれば、海外からのお客さんも増えて、その人たちによる経済効果を見込むことが出来ます。

オリンピックは、海外のお客さんを多数迎える舞台でもあります。

それこそ、世界各国の選手たちが集まり、世界各国の人たちが、日本にやってくるのです。

日本は今、クールジャパンとして世界に売り出しています。

そのため、日本独自の文化や施設というのは、海外の観光客に対してとても需要があるのです。

東京オリンピックは、コンパクトな大会としてもアピールされていました。

施設のほとんどは都内に集中して建てられ、そこから遠くないところには、日本の文化財もあります。

オリンピックの観戦に来る人たちは、オリンピックだけを見に来るわけではありません。

都内の観光を目的としている人もいるので、東京オリンピックの観戦客による経済効果というのも、大きく見込むことが出来るのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

1 2