2020年東京オリンピック開催で得られる5つの経済効果

4.五輪開催によるスポーツ関連支出の増加がある

東京オリンピックが開催されると、スポーツ支出というものが伸びていくので、それによる経済効果を生むことが出来ます。

オリンピックといえば、スポーツの祭典です。

そこに出場する選手たちは、皆、そのスポーツに一生懸命取り組んで、今まで頑張ってきた人たちです。

その人たちの姿を見ると、自分でもそのスポーツをやってみたいと思う人は増えていきます。

その人たちがスポーツにかけるお金は、やはり消費の促進に繋がるのです。

何も器具がなくても行えるスポーツであっても、施設の利用などが増えれば、それだけ消費の増加に繋がります。

また、オリンピック後には、将来のオリンピック選手を育てようという人が増える傾向があります。

オリンピックで活躍するには、長い時間をかけてトレーニングをすることが重要なので、将来のオリンピックに備えて、子ども達の育成が始まるのです。

そこにかかるお金も莫大なものになってくるので、東京オリンピック開催による経済効果というのは、スポーツ関連支出からも大きく算出されるでしょう。

5.東京オリンピック成功による経済効果の可能性も見込める

東京オリンピックが成功すれば、そのことによる経済効果というものも一定数あると見込まれています。

オリンピックの成功というのは、その国の知名度を上げ、また、評判を上げることになります。

日本は今、東日本大震災や原発事故の影響で、世界から不安視されている部分があります。

でも、東京オリンピックの開催が決まりました。

そこで、オリンピックを成功させることで、マイナスのイメージを払拭することができるのです。

確かに、震災の影響はまだ残っており、被災地の復興にはまだまだ時間がかかります。

原発も、今後どのように処理されていくのか、不透明な部分が多いのです。

それでも、オリンピックの成功というのは、日本は安心できる国であるという裏づけにもなるので、海外からの観光客の増加などを見込むことが出来るのです。

観光は都内だけではなく、各地方へと広がっていくでしょう。

そうなれば、地方の活性化にもつながり、強いては日本全体の活性化にも繋がるのです。

東京オリンピックの成功というのは、その後の経済効果を生むためにもとても大切なことになります。

2020年東京オリンピックの経済効果は、開催前から開催後まで続いていくものです。

国内だけではなく、外国の観光客も巻き込む経済効果というのは、オリンピックならではでしょう。

東京オリンピックでは、様々な需要が生まれ、そこから多くの経済効果が生まれていくのです。

2020年東京オリンピック開催で得られる5つの経済効果

1.開催前には東京オリンピックに向けたインフラ整備で経済効果がある 2.東京オリンピック関連グッズ等の売り上げで消費の活性化を図ることが出来る 3.東京五輪の観戦客による経済効果を見込める 4.五輪開催によるスポーツ関連支出の増加がある 5.東京オリンピック成功による経済効果の可能性も見込める

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

2020年東京オリンピック開催で得られる5つの経済効果
Reader Rating 103 Votes
1 2