2020年東京オリンピックで個人が儲ける為に必要な力とは?

2020年東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに認知度が高まり、業績が上がる企業というのはもちろん存在するでしょう。

しかし、個人が儲ける為にはどうすれば良いのでしょうか。そこで、5つのポイントをご紹介させて頂きます。

1.オリンピックと経済について考える

2020年東京オリンピック・パラリンピックについて考える前に、まずはオリンピックと経済の関係について考えていきましょう。
過去のオリンピックを例にして考えると、それをきっかけに都市が成長したケースというのも非常に多いです。インフラ関係の整備が整いますので、それによって都市が拡張されていきます。インフラが便利になれば、生活のしやすい都市になりますし、結果として人口の増加や大企業の誘致などが見込めます。
しかし、もちろんオリンピックをきっかけに破綻寸前までになってしまう都市というのも存在しています。日本では長野オリンピックが良い例になってしまいました。大規模な予算を投入し、盛り上がったものの現在は遺物になってしまった建物が多く存在してます。用途も限られていますので、利用が難しいのです。
このように、オリンピックをきっかけに成長した都市があれば、逆にマイナスになってしまった都市もあるという事を理解しておかなければなりません。

2.東京オリンピックまでの株価の増減は激しくなる

2020年東京オリンピック・パラリンピックまでに最も恩恵を受けるチャンスといえばやはり株式投資になります。しかし、全ての会社が2020年までに上がり調子でい続けるというのは不可能です。
過去を例にしてみると、まずは期待が高まり株価が上がっていきます。そして、その後に実需が増えていくのです。しかし、さまざまな業種で恩恵が受けられるからこそ分かれてしまい、実際には業績も上がり下がりになる事が予想されています。
そこで、下がる時を狙って購入し、実際に上がり調子になった時点で売却を行う、というのが基本的な手法となります。東京オリンピック・パラリンピック開催決定の報道を見て、実際に株価は上がっていきました。そんな中、それに出遅れてしまい悔しい思いをしている方もいます。しかし、結果的にマイナスになったわけではありませんし、今後もチャンスが残されているのです。

3.東京オリンピック後の不況に備える

2020年東京オリンピック・パラリンピックの後、日本の経済がどうなっていくのか明確な見通しというのは立っていません。そして、投資家であれば考えておかなければならないのがリスクの備えです。これは、投資家だけではなく資産運用を行っていない一般家庭の方でも同様ですね。
このチャンスを上昇方向に繋げていけるか、それはわかりません。そこで最大限備えておく必要があるのです。つまり、東京オリンピック・パラリンピックが短期間のお祭りであり、そこからの発展が見られないという可能性も考慮すべきだという事です。
例えば、かなり下位の下請けレベルでもその恩恵が受けられるという事でそちらへの投資を考えている方もいます。しかし、大胆になってしまい、もし設備投資などに多額の資金を投入してしまえば、祭りの後が大惨事になりかねません。
そこで、東京オリンピック・パラリンピック後の経済状態がどうなっていくのかを考慮し、リスクについて備えておく必要があるのです。

4.東京オリンピックだけではなく、世界規模に目を向ける

2020年東京オリンピック・パラリンピックを考える際に、必ず世界各国の経済状態にも目を向けていく必要があります。日本がどんなにここで蓄えたとしても、世界規模のバブル崩壊からは逃れる事が出来ません。
例えば、中国では不動産バブルが起こっています。しかし、あくまで泡のようなもの。かつて日本が味わったバブル崩壊のようにいつ崩壊してしまうかはわからないのです。
中国と軍事的な問題もありますし、不動産バブルの崩壊は近いと言われています。そんな中、大きな波に攫われてしまう可能性もあります。今後は富裕層の国外脱出も加速すると言われており、2020年東京オリンピック・パラリンピックの前にこのような事態になる事も予想されています。
そこで、長期保有するのではなく、タイミングについても考える必要があります。

5.投資の基本について考える

2020年東京オリンピック・パラリンピックで儲ける方法の前に、まずは投資の基本を再確認する事も大切です。
例えば、リスクの分散についてです。確かに儲けるチャンスですので、全力投資を行いたい場面ではあるものの、投資の基本というのはリスクを分散させる事。大きなリスクを背負ってしまうというのは、その基本からは外れてしまいます。
特に、日本だけではなく近隣諸国も経済的に不安定な状態が続いています。そんな中、大きな問題が発生した時に日本が対応出来るかどうかというのは未知数ですね。
逆に、こういう時だからこそ外貨へ目を向けてみたりと、さまざまな面でのリスク分散を考えていく必要があります。

まとめ

1.オリンピックと経済について考える
2.東京オリンピックまでの株価の増減は激しくなる
3.東京オリンピック後の不況に備える
4.東京オリンピックだけではなく、世界規模に目を向ける
5.投資の基本について考える

編集後記

絶好のチャンスだからこそリスクについての危険性が叫ばれています。そのリスクを踏まえた上で、2020年東京オリンピック・パラリンピックで儲ける為にはタイミングも必要だという事を理解する必要があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

2020年東京オリンピックで個人が儲ける為に必要な力とは?
2.8Overall Score
Reader Rating 1 Vote