東京オリンピックエンブレム盗用疑惑騒動でわかる「お金がない人の考え方」

img_870d2c20c864fd2e69683f7f91e218e094519
写真:現代ビジネス

先日、2020年東京オリンピックのエンブレムが発表され、入選したのは国内外の企業ブランドを数多く手がけるデザイナーの佐野研二郎氏のデザインでした。

そして数日後、世界各地で数件のデザイン盗作疑惑が浮上し世間を騒がせました。

結果この騒動は、前代未聞のエンブレム使用中止、再公募で幕を閉じました。

実は、この一連の報道に関する世の中の反応からも心が豊かなお金持ちと貧乏でお金がない人との考え方に大きな違いがわかるのです。

結論から言うと当然、盗作でもパクリでもあるわけがないのです。

理由はいくつかありますが、盗作する必要性が全くないからです。

もし、あなたが超一流のコンペティションに参加して入選しようとしたら盗作をするでしょうか?

何れにしても現代のネット社会の影響力はスゴく、あっという間にデザイナーの佐野さんは攻撃され白紙撤回へと追い込まれてしまいました。

ここで大切なのは、もっと別の目的があって日本は海外から攻撃を受け、それに同調する日本人が操られていることにも気づくべきなのです。

そもそもデザインができる過程で必ず発注者がいるということです。

お金がない人は、世の中の情報に流され本質を読み解くことができず、目の前の情報を真に受け真実を捉えることができません。

逆に豊かなお金持ちは、目の前の情報にはほとんど流されず物事の本質やプロセスにしか興味がありません。

結果、常に真実と向き合い質の高い生活や仕事をしています。

この積み重ねが「お金のない状態」から抜け出せない大きな原因なんです。

おそらく今回のエンブレムに似たデザインは世界中を探せば数え切れないほど出てくるでしょう。
ただ、コンセプトや目的などが全く違い、今回訴えてきた類似作品では到底オリンピック、
パラリンピックの現場で全く機能しないのです。そもそも採用されません。

さて、次は高級ブランドのバックを例に考えてみましょう。

お金がない人は、高級ブランドに見た目だけ似た偽物を買って本物の使い心地を体験することなく使っています。

また、流行にすぐ流され偽物を買い続けてしまいます。

一方お金持ちは、本物を長く使い本物の使い心地や耐久性などを体験し、さらにそこで得た経験をまた別のことへ生かすことができます。

この本質を見抜く力こそが、お金がない状態から抜け出す第一歩なのです。

それでは、この本質的な考え方を身に付ける4つのポイントをご紹介します。

1.目の前の情報を疑う

テレビやネットの口コミに直ぐ流されず、その情報をまずは疑ってみましょう。

疑うことは悪いことではありません。真実を知るためにはとても必要なプロセスです。

2.自分なりの仮説を立てる

他人の意見だけに影響されるのではなく、自分なりに目の前の情報や出来事について
調べ、勉強し仮説を立ててみてください。

自分の意見を持つことでその他のことへも自信が持てるようになります。

3.実際に検証してみる

SNSやブログや友達、家族など色々な人に自分の意見を発言、発信し他人の反応を見てみてください。

世間がどれだけ偏っているかがわかり新しい価値観に触れることができます。

メディアの情報はほとんど誰かに都合の良い風に作られています。

メディアはスポンサーがいて成り立っているわけですから仕方ないですよね。

4.自分の意見をまとめる

これらのプロセスを経て改めて自分の意見をまとめてみましょう。

おそらく当初感じた世間の情報と真実との違いに気付き始めます。

もちろん世の中の情報全てが「嘘」ではありませんが、自分自身の考えを持つことが大切なのです。

これを続けることで、あなたの考え方や発言、行動、全てが豊かなお金持ちに近づいていきます。

まとめ

心が豊かなお金持ちは、どんなジャンルの情報についても常に思考を巡らせ本質を見抜く力を鍛えています。 これを機にあなたも目の前の色々な出来事に対して試してみてください。 きっと本質を見抜く力が身につき価値のあるお金の使い方を選択し、お金がない生活からあっという間に抜け出せるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

東京オリンピックエンブレム盗用疑惑騒動でわかる「お金がない人の考え方」
Reader Rating 10 Votes