お金がないときに役立つ「心に響く名言・格言集」まとめ

shutterstock_211825423

人生には色々な出来事がありますが「良いことも」「悪いことも」受け取り方次第でどちらにでも未来は変わります。

これから紹介する名言や格言は、お金がない時に少しでも前向きになれるヒントがつまっています。

お金がない状況から脱出したいときは、お金を稼ぐことも大切ですが、同時にお金に対する考え方も学びながら働くことが一番かもしれません。

現状を全て受け入れて小さな成功を積み上げながら日々改善していきましょう。


単純明快な法則は、与えたものが戻ってくる、与えた分だけ戻ってくる、働いた分だけ入ってくる、与えた価値がお金になってくる。

ワタナベ薫
墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。

スティーブ・ジョブズ
貧乏のいいところは、泥棒に遭う恐れがないところだ。

アルフォンス・アレー
二十代の頃より10倍金持ちになったという六十代の人間を見つけることは簡単だ。だが、そのうちのだれもが10倍幸せになったとは言わないはずだ。

バーナード・ショー
女子は『月経』で支配され、男子は『月給』で支配される。

長谷川如是閑
大切なのは自分が望んだように生きること。そして、それを続けること。お金があっても不幸な人生をおくるより、ずっと満足できるはず。

マージョリー・キナン・ローリングス
カネは使ってこそ、その価値が分かる。若いうちは貯金なんか考えないで、身銭を切って勉強したほうがいいよ。そのほうがもっと大きなカネを手にしたときもトチ狂わないから。

哀川翔
金銭に対する欲は避くべし。富を愛するほどに狭量かつ卑しき精神はなし。

キケロ
苦もなく金をもうける人間はたくさんいるが、苦もなく金を手放す人間はめったにいない。

ゴーリキー
もし他に方法がなければ乞食になってもいい。しかも乞食になったらその日から、手に入ったお金は自分のためにも、家族のためにも、無駄なことに絶対に浪費しないという徹底的な粘り強さ
これさえあれば、人間は誰でも金持ちになれるものである。

ドストエフスキー
あたかも金に繁殖能力あるかのごとく、金に金をうませるは最も不自然なり

アリストテレス
ある程度までのところ、所有が人間をいっそう独立的に自由にするが、一段と進むと所有が主人となり、所有者が奴隷となる。

ニーチェ
毎月、少しずつお金を貯めていきなさい。そうすれば、年末にはびっくりするでしょう。
あまりの少なさに。

アーネスト・ハスキンズ
人間よりは金のほうがはるかに頼りになりますよ。
頼りにならんのは人の心です。

尾崎 紅葉
私達は金を稼ぐために頭脳をもち、金を使うために心情を持っている。

ジョージ・ファーカー
尊厳を保つためには、金は必ずしも必要ではない。

ガンジー
効率や損得にとらわれると、人間が小さくなる。

斎藤茂太
人生は、札ビラに刷り込むようなものじゃない。

クリフォード・オーデッツ
貧乏に対する恐怖に人生を支配させてしまえば、その報酬として食べていくことができるだろう。
しかし生きることはできなくなる。

バーナード・ショー
もし、私の持っているものが私を意味するなら、また、私が持っているものを失ってしまったら、私は誰なんだろう?

エーリッヒ・フロム
金銭は、人間の抽象的な幸福です。
だから、もはや具体的に幸福を享楽する能力のなくなった人は、その心を全部、金銭にかけるのです。

ショーペンハウアー
金だけが人生ではない。
が、金が無い人生もまた人生とは言えない。十分な金が無ければ、人生の可能性のうち半分は締め出されてしまう。

サマセット・モーム
人間は、自分の頭脳や心を養うためよりも何千倍も多く、富を得るために心を使っている。
しかし、私達の幸福の為に役立つものは、疑いもなく人間が外に持っているものよりも、内に持っているものなのだ。

ショーペンハウアー
財布が軽くなるほど、心が満たされる。

ヴィクトル・ユーゴー
樫だけが樹ではない。
バラだけが花ではない。
多くのつつましい冨が私たちのこの世を豊かにしているのだ。

ジェイムズ・レイ・ハント
欲しいと思うものを買うな。
必要なものだけ買え。

カトー
金が貴いのは、それを正しく得ることが難しいからである。
さらに正しく得たものを正しく使うことが難しいからである。

アンドリュー・カーネギー
もしお金を汝の召使いとしなければ、お金は汝の主人となるだろう。

フランシス・ベーコン
楽しみに金のかからない人が最も裕福である。

ソロー
金が何よりも卑しく、しかも厭わしいのは、それが人間に才能まで与えるからである。

ドストエフスキー
金は第六感のようなものだ。これがないと、他の五感も十分に機能しない。

サマセット・モーム
富によって得た不幸は、不幸の中でも最悪のものである。

キケロ
金はこやしのようなもので、撒かなければ役に立たない。

フランシス・ベーコン
富を最も必要とせぬ者が、それを最も享受す。

セネカ
富は海水のようなものだ。飲めば飲むほどに渇きをおぼえる。
名声についても同じである。

ショーペンハウアー
俺の青春は雲一つない空のように、まだ青く晴れわたっている。
偉くなりたい、また金持ちになりたいと願うことは、嘘をつき、頭を下げ、へつらい、偽ることを自ら決心したことではないか。

バルザック
富は一つの才能であり、貧しさも同様に一つの才能である。
金持ちになった貧乏人は、贅沢な貧しさをひけらかすであろう。

ジャン・コクトー
ひとたび金の問題になると、誰もかれも同じ宗派になる。

ヴォルテール
お金が人間を堕落させるのではない。
儲ける為だけに儲け、貯める為だけに貯めようとすることが人間を堕落させるのである。

アンドリュー・カーネギー
賢者は財宝を貯えない。人に与えれば与えるほど、彼の財宝は豊かになる。

老子
空っぽのポケットほど、人生を冒険的にするものはない。

ヴィクトル・ユーゴー
人々は閑暇を犠牲にして富裕を得る。
だが、富裕は自由な閑暇があってこそはじめて望ましいものとなる。
富裕のために自由な閑暇を犠牲にしなければならないならば、私にとって富裕が何になるだろうか。

ショーペンハウアー
つまらぬ財産を持つより、立派な希望を持つほうがマシだ。

セルバンテス
金は天下のまわりものだ。いつもこちらをよけてまわるのが気にくわないが。

ツルゲーネフ
貧困は僕にとって必ずしも憎むべきものではなかった。
なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから。

アルベール・カミュ
収入は、靴のようなものである。小さすぎれば、われわれを締めつけ、わずらわす。大きすぎれば、つまずきや踏み外しの原因となるのだ。

ジョン・ロック
誰もがその収入を公表はしない。
ただ収入によって得たものを見せびらかすだけである。

モンテーニュ
金持ちに成っても、金持ちに生まれついても、それで優雅な生活が送れるわけではない。
そのセンスが必要なのだ。

バルザック
諸悪の根源は金そのものではなく、金に対する愛である。

サミュエル・スマイルズ
貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。

ジョージ・ハーバード
金儲けのうまい人は、無一文になっても自分自身という財産を持っている。

アラン
あなたがたのなかにはいつでも貧しい者がいるだろう。
というのは、いつでも富める者がいるからなのだ。
富める者、すなわち、所有よりも権力のほうを求める貪欲で冷酷な者が。

ペルナノス
若いときの自分は、金こそ人生でもっとも大切なものだと思っていた。
今、歳をとってみると、その通りだと知った。

オスカー・ワイルド
あらゆる借金の中で人々は税金を一番払いたがらない。
これは政府に対するなんという諷刺であろうか。

ラルフ・ワルド・エマーソン
毎月少しずつお金を貯めていきなさい。 そうすれば年末にはびっくりすることでしょう。あまりの少なさに。

アーネスト・ハスキンズ
たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。

人は父親の殺されたのは忘れても、財産の失われたことは忘れないからだ。

ニッコロ・マキャヴェッリ
お金――手放すとき以外、何の役にも立たぬ恩恵物。

A・ビアス
貧乏には、楽しいことが沢山あるに違いない。
でなければ、こんなに沢山の人が貧乏であるわけがない

ドン・ヘロルド
女房と財布は努めて隠しておけ。
あまりたびたび人に見せると、一日借りられる恐れがある。

フランクリン
A「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」 B「銀行の預金通帳だよ」

バーナード・ショー
さすれば彼は、もっとも冨裕な人々よりも幸福になるだろう。

ラルフ・ワルド・エマーソン
私には、これから一生やっていけるだけの金がある。
何も買わなければ。

ジャッキー・メーソン
金の値打ちがわからないのだったら、でかけていって誰かに借金を申し込んでみるがいい。

フランクリン
貧しさは貧しいと感じるところにある。

ラルフ・ワルド・エマーソン
貧困は僕とって必ずしも憎むべきものではなかった。
なぜなら、太陽と海は決して金では買えなかったから。

アルベール・カミュ
富を欲するか。恥を忍べ、傾絶せよ。故旧を絶ちて、義と背け。 (恥に耐え、命の限りに全力を尽くせ。旧友との交際を絶ち、義理に背け。 もし富を得たいのならば)

孟子
自分のポケットの小銭は、他人のポケットの大金にまさる。

ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ
女子は月経に支配され、男子は月給に支配される。

長瀬川如是閑
私は反共国家の韓国でも南ベトナムでも、大勢の共産主義者に会った。 それは貧困という名の共産主義者である。

ロベール・ギラン
悪い人間に親切をすると二度ひどい目にあう。 金を失って、しかも感謝されない。

テオグニス
貧困は、人生という海の砂州であり、冨は岩壁である。 幸福な人々は、その間をすり抜けて船を操っていく。

ベルネ
神は人間に額に汗して働けと命じている。 銀行に金を積んで、何もしないで食べていこうとするのは人間の掟に反することだ。

レフ・トルストイ
金は借りてもならず、貸してもならない。 貸せば金を失うし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなる。

ウィリアム・シェイクスピア
愚か者は、金を持って死んでいくために、貧乏で暮らす。

ブロッケス
金は天下のまわりものだ。いつもこちらをよけてまわるのが気にくわないが。

ツルゲーネフ
金持ち連中の軽蔑には容易に耐えられる。
だが一人の恵まれない人の視線は、私の心の底に深く突き刺さってくる。

ジード
金を持たずに済ますことにも、金を儲けるのと同じくらいの苦労と価値がある。

ルナール
世に銭ほど面白き物はなし。

井原西鶴
貧乏はハシカと同じだ。どうせかかるなら早いほうがいい。 貧乏な家に生まれたことを喜べ。

本田静六
人生は海、金は船頭である。船頭がいなければ、うまく世渡りができない。

ヴェツケルリン
君に金がない理由を教えてやろうか。
それは君が金だけをひたすら愛さないからさ。
金というものはね、何もかも愛するような浮気者には身をまかせないものさ。

フィンリー・ダン
人間として最大の美徳は、上手に金をかき集めることである。
つまり、どんなことがあっても他人の厄介になるなということだ。

フョードル・ドストエフスキー
財布は、その中に何か入っていなければボロきれと変わらない。

メルヴィル
夢はいいものです。そうでなかったら、お金が大事です。

魯迅
金は我々にとって母親でもあるが、また、我々の死でもある。

ゴーリキ
「貧困は恥ではない」というのは、すべての人間が口にしながら、
誰一人、心では納得していない諺である。

コッツェブー
人は、愛もなく妻を持つように、幸福もなく財産を持つ。

リヴァロール
金は底のない海である。このなかに名誉も良心も心理もみんな投げ込まれる。

カズレー
借金は愚行と犯罪の多産な母親であり、知恵の不足はその父親である。

ベンジャミン・ディスレリィ
地獄の沙汰も金次第。

竹川黙阿弥
金を持っている人間は、 貧乏人がそのはかない運命を訴えることを聞くのが大嫌いである。

フョードル・ドストエフスキー
金持ちの快楽は貧乏人の泪をもって購われている。

トーマス・フラー
もしも心がすべてなら、いとしいお金はなにになる。

フランク・シナトラ
もし他に方法がなければ乞食になってもいい。
しかも乞食になったらその日から、手に入ったお金は自分のためにも、
家族のためにも、無駄なことに絶対に浪費しないという徹底的な粘り強さ。
――これさえあれば、人間は誰でも金持ちになれるものである。

フョードル・ドストエフスキー
貧乏人の写真が新聞に出るのは、犯罪を犯したときに限られる。

ゴーリキー
金持ちがどんなにその富を自慢しているとしても、
彼がその富をどんなふうに使うかが判るまで、彼をほめてはいけない。

ソクラテス
金のある者は、金があるために不正をし、 金のない者は、金がないために不正なことをする。

武者小路 実篤
金を稼ごうと思ったら、金を使わなければならない。

プラウトゥス
金を失うのは小さく、名誉を失うのは大きい。 しかし、勇気を失うことは全てを失う。

チャーチル
貧乏のいいところは泥棒の恐れがないことだ。

アルフォンス・アレー
金は良い召使いでもあるが、悪い主人でもある。

フランクリン
財産は来るもので、作るものではない。

ヘンリー・フォード
金持ちは世界の隅々にまで従兄弟やおばさんをもっている。 貧乏人が持っている親戚は不幸だけだ。

コッツェブー
金は人間にとって血であり、命である。

アンティファネス
借金して明日起きるより、今夜食わずに寝よ。

フランクリン
いらぬ物を買えば、いるものを売るに至る。

フランクリン
金がないから何もできないという人間は、 金があってもなにも出来ない人間である。

小林一三
貧困と希望は母と娘である。娘と付き合っていると母のほうを忘れる。

ジャン・パウル
財布が軽ければ心は重い。

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ
富を軽蔑する人間をあまり信ずるな。 富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。
こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。

フランシス・ベーコン
借金を返すということは収入の問題ではない。性質の問題だ。

ローガン・スミス
金こそは――取るに足らぬ人物を第一級の地位に導いてくれる唯一の道である。

フョードル・ドストエフスキー
富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、のどが乾いてくる。

ショーペンハウアー
人間のうちの最高の賢者さえも、 金を取りに来る人間よりは、金を持ってくる人間を歓迎する。

リヒテンベルク
ほんとうに大切な自由はただ一つ、「経済的な自由」がそうだ。

モーム
金がないから何もできないという人間は、 金があってもなにも出来ない人間である。

小林一茶
我々は金を稼ぐために頭脳をもち、金を使うために心情を持っている。

ジョージ・ファーカー
若い時の自分は、金こそ人生でもっとも大切なものだと思っていた。 今、歳をとってみると、まさにその通りだと知った。

オスカー・ワイルド
人間は、金を貸すことを断ることによって友人を失わず、金を貸すことによってたやすく友人を失う。

ショーペン・ハウエル
金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。

ジョージ・ハーバード
金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。

ジョージ・ハーバード
財産は”火”のようなものである。非常に有能な従僕であるかと思えば、一番恐ろしい主人でもある。

トーマス・カーライル
悪い人間に親切をすると、二度ひどい目にあう。 お金を失って、さらに感謝もされない。

テオグニス
良い借金とは、”利息よりも大きな価値を将来的に得られる可能性が高い”そんな出費に関する借金のことです。悪い借金とは、”将来的な価値を生み出さない、ただ目の前の欲求を満たすためだけ”の借金のことです。

ロバート・M・ベラーディ
貧困は必ずしも憎むべきものではなかった。 なぜなら、太陽と海は決してお金では買えなかったから。

アルベール・カミュ
人々の中で最も金持ちなのが”倹約家”であり、最も貧乏なのが”守銭奴”である。

セバスチャン・ロッシュ・シャンフォール
人間としての最大の美徳は、上手くお金をかき集めることである。 つまり、どんなことがあっても他人の厄介にはなるなということだ。

フョードル・ドストエフスキー
私にはこれから一生やっていけるだけの金がある。何も買わなければだが。

ジャッキー・メーソン
節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない。

サミュエル・ジョンソン
”人生”は”海”、”金”は”船頭”である。船頭がいなければうまく世渡りができない。

ヴェツケルリン
富を得る方法は3つしかない。”勤労”と”嘆願”と”窃盗”である。だから、あまりにも多くの富が乞食や泥棒の手に渡っている。

ヘンリー・ジョージ
金は借りてもいけないし、貸してもいけない。 貸せば金を失うことになるし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなってくる。

ウィリアム・シェイクスピア
富を軽蔑するように見せる人間をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ

フランシス・ベーコン
「貧困は恥ではない」とは、すべての人間が口にしながら、誰ひとり、心では納得していないことわざである

アウグストス・フォン・コッツェブー
貧乏はハシカと同じだ。どうせかかるなら早いほうがいい。貧乏な家に生まれたことを喜べ

本多静六
節約は不必要な費用を回避する科学であり、慎重に私たちの財産を管理する技術である

ルキウス・アンナエウス・セネカ
節約せずに誰も金持ちにはなれない。そして、節約する者で貧しい者はいない

サミュエル・ジョンソン
お金で成功する秘訣は、使った残りを貯金するのではなく、貯金した残りを使うことである

ロバート・アレン
人間のうちの最高の賢者さえも、金を取りに来る人間よりは、金を持ってくる人間を歓迎する

ゲルオク・クリストフ・リフテンベルク
貧しさは、貧しいと感じるところにあるものだ

ラルフ・ワルド・エマーソン
人間よりは金のほうがはるかに頼みになります。頼みにならんのは人の心です

尾崎紅葉
欲しいと思うものを買うな。必要なものだけを買え

大カトー
借金して明日起きるより、今夜食わずに寝よ

ベンジャミン・フランクリン
金こそは、取るに足らぬ人物を、第一級のちいに導いてくれる唯一の道である

フョードル・ドストエフスキー
お金では幸せは買えない。だが、お金は、あなたが不幸である間、何不自由ない生活をさせてくれる

クレア・ブース・ルース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

お金がないときに役立つ「心に響く名言・格言集」まとめ
Reader Rating 4 Votes