その思い込みを捨てた瞬間、何かが起こる!「お金引き寄せ」の授業

内容紹介

実はリッチになるのって簡単なんです――。
「人生が好転しはじめた!」「幸せな毎日に感謝!」など、主婦からOLまで、いま絶大な支持を受けているカリスマコーチ、初の「お金本」。この一冊で“真の豊かさ”が手に入ります。


カスタマーレビュー

著書は全部拝読しました。「引き寄せの教科書」はよくできた本だと思います。

で、他の本がそうではないというわけではないのですが。

お金が先にあるわけではない、という事も、好きなことを仕事にしていたらあとからお金はついてくる、というのも、確かにその通りではあるのです。

その通りなんだけど、説明されているようでされていない、わかりやすいようでわかりにくい、「良いかどうかもわからない」とても不思議な本です。

確かに実践しやすいです。

日常の中にワクワクを見つけ、良い気分でいる。

それが良い現実を引き寄せるのも本当です。

本当の願いに正直になることも大事です。

それで引き寄せられるものもあります。

でも、やっぱりふんわりしすぎていませんか?

うまくいく人といかない人がいると思う。

引き寄せの仕組みに気づいて短い期間でこれだけの活動をされ、それは素晴らしいですし、

奥平さん自身、本質はわかっているかもしれない。けれど、言語化されていない。

もしくは説明がまだ充分ではないという感じでしょうか。

心のブロックを取りのぞくのは、これだけの説明では不充分かなという事。(人にもよりますが)

上と繋がる事にばかり比重が置かれていて、下と繋がる

これは「お金」の引き寄せではないです。内面の豊かさとやりたいことをみつけるための内容です。回りくどい文章がさらに回り回っている。

本質に迫っていない上に脱線だらけ。

奥平さんが伝えたいことはわかりますが、皆が知りたいことはこういう事ではない。ネタがつきてきたのでしょうか?

マンネリ化とワンパターン。

編集者の意向でこのタイトルなのでしょうか?これならブログだけで十分です。

お金についての引き寄せ本ならマーフィー、パム、ロンドバーン、斎藤一人さんの本がわかりやすいです。

初歩すぎると思いましたし、亜美衣さんが以前はこんな風に思っていたけれどもってお話が本の半分くらいまで割かれています。

あまりにも初歩的過ぎて買ったことをちょっぴり後悔したくらいです。

大手証券会社に10年以上勤めてからデイトレーダーになりましたので「合わない」と言ったところでしょうか。

亜美衣さんの価値観が反映されていて亜美衣さんのお金に対する現在の考え方を理解することが出来る本です。

なので、お金に縁のない人向きでしたね。 お金に縁のない人をちょっと豊かにするための本という印象です。

長谷川明美さんの本の方が遥かに優れていて具体的で内容が素晴らしいと感じています。

お金を引き寄せるには「考え方」「行動」なんですが、やっぱり、亜美衣さんは本を書いて成功し、それで「お金の成る木」を持っているのだから、参考になる人は少ないと思いました。

亜美衣さんのファンなら買っていも良いとは思いますが、ファンの私でもこれはイマイチでした。 ごめんなさい。

出版されるたびに性懲りも無く読んでいます。

奥平さんのブログはまぁまぁ好きなんですが。何故でしょう、読後感はいつも「で、なんだっけ?」です。ごめんなさい。

今回は、・お金のブロックを見つけて潰していく・お金のために働かない・好きなことをやると仕事になりお金が自然と入ってくる が大まかな内容です。

何処かで聞いたことがあるものばかりですが、初見の人にはわかりやすい書かれ方をしていると思います。

いつものようにご自身の経験を踏まえて書かれています。

イメージングを否定されていて、お金のことを忘れるくらい没頭できる好きなことを見つけなさい、とのこと。

やりたいことは無くただバカンスでのんびりしたいなんて人は、「そもそも人間はダラけるために生きている訳じゃない」とバッサリ。

潜在意識系の本なのにだんだん視野が狭くなっていく感じがしました。

奥平さんの本はやっぱり合わない、ごめんなさい。

ちょっと期待はずれかな・・・
著者のブログのファンで、お金引き寄せの本が発売されるというので、喜んで買いましたが、う~ん・・・。

お金イコール豊かさではない、一言で言えば、そういう内容です。

人間が真に求めるものは幸福であり、それは決して「お金」そのものではない。本当にやりたいこと楽しんでやっていれば、おのずとお金も入ってくる

であろう、とまぁ、大まかに言えば、こんな感じでしょうか。

「お金」は否定しないけど、「お金」だけじゃないよ幸福はってことは解ります。ただ、その趣旨なら、この「お金引き寄せ」の授業ってタイトル、おかしくないか?

このタイトルからすると、いかにも大金を引き寄せられるかのような印象を受けるし、実際、もっと「お金」に関する具体的な引き寄せ方法が知りたかったですよ。

まぁそんな風にお金に執着してるとダメだよってことなんだろうけど、この本、あんまりお金には関係ないというか、それを目的に買うと、がっかりしますね。

提供元:Amazon.com, Inc.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

その思い込みを捨てた瞬間、何かが起こる!「お金引き寄せ」の授業
Reader Rating 1 Vote