専業主婦でも一定の条件を満たせば借入することができる!

shutterstock_174531506

専業主婦でも、一定の条件を満たすことで借り入れをすることができます。

ですが、普通に働いている人に比べて、条件や審査が厳しくなっている事がほとんどです。
専業主婦であっても、急な出費に対応するために借り入れが出来るカードが1枚あると便利ですよね。
今回は、専業主婦でも借り入れをするために、覚えておきたい事を紹介します。
専業主婦の借り入れの理由

  • 急な医療費
  • 交際費、交遊費
  • 冠婚葬祭の費用

専業主婦が借り入れをする理由としては、以上の事などが挙げられます。
急な出費があったときに、万が一のときに現金が必要になることもあるので、借り入れが出来るカードがあると便利ですよね。

1.専業主婦の借り入れは、夫の収入がポイントになる

専業主婦が借り入れをする条件は、夫の収入が安定しているかどうかです。

専業主婦は基本的に働いていないので、自分で収入を得る事はありません。

その場合、借り入れ後の返済は、夫の収入から賄われることになります。

つまり、夫の収入が審査の基準になるということです。

夫の収入がない場合には、専業主婦が借り入れをするのは難しいでしょう。

夫が普通に働いていて、毎月安定した収入があれば、専業主婦でも自分名義の借り入れをする事ができます。

2.専業主婦の借り入れが可能なのは、銀行系カードローンである

専業主婦の借り入れが可能なのは、銀行系のカードローンのみです。

総量規制というものがあり、年収の3分の1を超える借金は出来ない仕組みになっています。

なので、そもそも年収がない専業主婦は、借り入れをする事ができません。

ですが、この総量規制の対象外になっているのが、銀行系カードローンです。

総量規制の対象外なので、収入がない専業主婦でも借り入れをする事ができます。

言い換えれば、銀行系カードローン以外で専業主婦が借り入れをすることは、まず無理なのです。

3.家族に内緒で専業主婦が借り入れをすることも出来る

専業主婦の借り入れは、家族、特に夫に内緒にしておきたい!と思う人が殆どです。

返済は夫の収入からなので、「バレると、ちょっと…」と後ろめたくなる事もあるのでしょう。

夫の収入が基準になるので、夫に内緒で借り入れをするのは無理かと思っている人もいると思います。

ですが、本人確認証明さえあれば発行できるカードもあります。

この場合、夫の会社に連絡が行く事や、夫に確認の連絡が行く事もありません。

また、連絡先は自分の携帯にしておくことで、家の電話から借り入れがバレてしまうこともありません。

もし、夫や家族にバレたくないのであれば、本人確認証明のみで借り入れが出来るローン会社を探しましょう。

4.専業主婦でもパートなどをしていれば借り入れが出来る

専業主婦の借り入れは難しいものですが、パートやアルバイトをしていれば、銀行系以外のカードを作る事もできます。

パートやアルバイトで1ヶ月に稼げる金額は、殆どが3万円程度から多くても5〜7万円程度です。

夫の扶養内で働いている主婦は、1ヶ月に稼げる金額というのがある程度定められているのです。

でも、レディースローンなどを使えば、パートやアルバイトの収入だけでも借り入れをする事ができます。

銀行系カードローン以外にも借り入れをする事ができる範囲が広がるので、出来ればパートやアルバイトをしてから借り入れをする方が望ましいといえます。

5.借り入れの返済が滞ると、夫に連絡が行くこともある

専業主婦の借り入れは夫の収入から返済されるので、返済が滞ってしまうと、夫に連絡をされてしまうことがあります。

借り入れを秘密にしている人は、夫に連絡をされた時点で借金がバレてしまいます。

そうならないためにも、夫に内緒の借金というのは、抱えないほうが賢明です。

また、借り入れの返済は、期日までにきちんと入金するようにしましょう。

どうしても入金が遅れそうな場合は、返済ができる日にちを伝える連絡をローン会社にしておきましょう。

収入がない専業主婦の借り入れは、計画的に行う事が重要です。

6.専業主婦が借り入れをするときには、多重債務に注意する

専業主婦が借り入れをするときに、借金のための借金をしてしまうことがあります。

例えば、1件の借り入れがあって、返済が出来そうにないから、もう1件借り入れ先を作ってしまう、といったようなことです。

1件の借り入れだけなら、毎月の金額も少なくて済みます。

ですが、2件、3件と借り入れ先が増えていくにしたがって、毎月の支払額も増えていってしまうのです。

こうして、専業主婦の多重債務が出来上がってしまいます。

専業主婦が多重債務に陥って、借金返済が困難になったとき、やはり負担をするのは夫です。

なので、借金のための借金をしないようにして、専業主婦の多重債務に陥らないようにしましょう。

7.短期間ですぐに返せる額だけを借り入れする

専業主婦の借り入れの理由の多くは、突発的な出費によるものです。

そのため、少しの金額を借りて、短期間ですぐに返すということも可能になります。

短期間の借り入れであれば、利息が高くなることもなく、返済も楽に終わります。

専業主婦は基本的に収入がないので、長期間に渡る借り入れはしない方がいいのです。

少額を借りて、すぐに返済するということを繰り返していくのが、専業主婦の借り入れの賢い方法だといえます。

専業主婦の借り入れは、夫の収入が基盤になるので、借りすぎには要注意です。

また、家族に内緒の借り入れというのも、万が一を考えると止めておいた方がいいでしょう。

とはいえ、急な出費に対応するためにも、1枚は借り入れができるカードを持っておいたほうが安心だと思います。

専業主婦でも借り入れが出来るカードはたくさんあるので、もしものときの1枚として作ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

  1. 専業主婦の借り入れは、夫の収入がポイントになる
  2. 専業主婦の借り入れが可能なのは、銀行系カードローンである
  3. 家族に内緒で専業主婦が借り入れをすることも出来る
  4. 専業主婦でもパートなどをしていれば借入が出来る
  5. 借り入れの返済が滞ると、夫に連絡が行くこともある
  6. 専業主婦が借り入れをするときには、多重債務に注意する
  7. 短期間ですぐに返せる額だけを借り入れする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

専業主婦でも一定の条件を満たせば借入することができる!
Reader Rating 2 Votes