突然、多重債務になってしまったときの3つの対策

借金を返すために借金をして、と言うのを繰り返して、多重債務になってしまう人がいます。

多重債務になってしまうと、支払いが出来なくなってしまうことも多くあります。

多重債務になってしまったときの3つの対策を紹介します。

1.個人再生・任意整理をする

まず、お金がない状況で借金が増えてしまって、収入は歩けど全部を返しきることは出来ないと言う場合の解決策です。

これは、任意整理や個人再生と言った方法で、簡単にいえば「借金を減額してもらって支払いを続ける」ことになります。

任意整理や個人再生では、きちんと収入があることが条件になって、「借金を支払う意思はあるけど、全額は無理なので減額してください」というお願いです。

任意整理の場合、利子の分をなくして、借金の元の額だけを返済していくことになります。

借金をしている人たちと話し合って、利息分を削ってもらい、もともとの金額を支払い続けることになります。

借金と言うのは利息分が多くなってしまうことが多いので、利息分がカットされるだけでも支払いが楽になるというケースはたくさんあります。

多重債務に悩んでいる人で、個人再生や任意整理を行う人の場合、多くがこの任意整理を行っています。

一方、個人再生は、借金の額を5分の1に減額して、それを3~5年で支払っていくという方法です。

裁判所に返済計画を提出して、認められればその通りに借金を支払っていくことになります。

個人再生や任意整理の一番大きなメリットは、借金の金額が少なくなることと、手元の財産を残しておけることです。

自宅や自動車などを残したまま借金を整理することができるので、手元に資産となるものがある人は、こちらの手段を選ぶことが一番だと思います。

個人再生も任意整理も、5年間はブラックリストに載ってしまうので、行った後の借り入れは出来なくなります。

2.自己破産をする

自己破産は、簡単に言ってしまえば、お金がない人が「借金を払えないので、借金をなくしてしまいましょう」と言う手続きです。

多重債務になってしまった人の多くは、借金の返済のために新しく借金をしています。

すると、雪だるま式に金額が膨れ上がってしまって、借金が返せなくなってしまうのです。

そもそも返せなかった金額の借金が増えてしまったら、さらに返済は困難になります。

そこで、自己破産をして、借金をなくしてしまい、そこからまた生活を立て直しましょうというのが自己破産の狙いなのです。

まず、自己破産をするときには、自分の手元にある資産を手放すことになります。

自宅や自動車などがあれば、それらも借金を支払うことに使われるので、手放さなければいけません。

全ての財産を手放さなければいけないというわけではなく、20万円以下の貯金や、販売されてから10年以上経っている自動車などは残る可能性もあります。

自己破産は誰でも出来るわけではなく、裁判所から「支払いが出来ない」と認められなければいけません。

例えば、仕事をしていなくて、毎月10万円の借金の支払いがあると言う場合などは、支払いが出来ないと認められるかもしれません。

支払い不能な状態かどうかは、収入や借金の額、自分の資産によって判断されることになります。

また、お金がないが自己破産をするとブラックリストに載ってしまうので、最低でも10年は借り入れをすることは出来なくなります。

自己破産をするのは、最後の手段として取っておくといいかもしれません。

3.借金を一本化する

収入もあって、借金を払っていく意思もあると言う場合には、借金を一本化してしまうのも1つの手段です。

最近は「おまとめローン」という銀行のローンがあります。

これは、お金がない人が大きな金額をいったん借りて、その分を他の借金の返済にあてて、後から大きな金額を返していくと言う方法です。

複数の借金がある場合には「返済期日がばらばらで忘れがち」「手数料がかかってしまう」といったマイナス面があります。

それを一本化してしまえば、「毎月1日だけの支払い」「手数料がかかるのも1回」と言うメリットがあるのです。

また、おまとめローンを扱っているのは銀行なので、消費者金融よりも金利が低いこともメリットでしょう。

おまとめローンとはいっても、借金は借金です。

借り入れをするためには審査があり、もちろん総量規制の対象となる場合もあります。

ただし、おまとめローンの場合には「借り入れをする人が一方的に有利になる場合に限って、総量規制の対象外」になるという規則もあります。

つまり、おまとめローンを使うことによって、金利が安くなって、金利も含めた借金の総額が減るという場合には、借り入れが出来る場合があるのです。

借金をひとつにまとめることで、支払いが出来るようになると言うケースは少なくありません。

ですが、しっかりした収入がある人でなければローンは通りにくいので、おまとめローンにすれば借金が支払えるのに、と思っていても、ローンに通らないこともあります。

お金がない人が多重債務になってしまったら、自分がどうしたらいいのかをきちんと知ることが大切です。

払っていける収入と意思があれば、支払いを継続させることもいいでしょう。

自分にとって何が一番ベストなのかをしっかり考えて、その後の選択をしましょう。

まとめ

1.個人再生・任意整理をする 2.自己破産をする 3.借金を一本化する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!