奨学金が返せない人の5の特徴「借金であるという意識」

shutterstock_147574811

最近、奨学金が返せないという人が多いという話題を聞くことが増えてきました。

学費を援助してもらうための制度である奨学金は、卒業後、返済していかなければいけません。
では、どうして奨学金を返すことが出来ないのでしょうか?

1.奨学金が借金であるという意識が低い

まず、奨学金は、借金であるという意識を、どれくらいの人が持っているでしょうか?
学業のために必要なお金だから、借金ではないと考えている人が多いのではないかと思います。
借金と聞くと、一般的にはギャンブルに使ったり、見栄のためにブランド物を買ったりするためにするものというイメージがあります。
ですが、車を購入するときのローンも、住宅ローンも、同じようにお金を借りて物を購入しているので借金なのです。
奨学金も同じで、返還しなければならない奨学金は、「学費が足りないから貸してください、働き始めたら返します」という約束の下で借りるお金です。
ですから、使われる用途はどうあれ、借金と同じなのです。
借金は、しっかり返していかなければいけないもので、返すことが出来なくなれば、訴訟を起こされることもあります。
奨学金は借金であるという意識を持っていれば、返せなくなるような事態にはならないのではないでしょうか。

2.自分の収支を把握していない

さて、奨学金は借金なので、いずれは返済していかなければいけないのですが、返済をしていくにも仕事をしたり、他の支払いがあったりすることで、支払いが出来ないというときもあるかもしれません。
そういった事態にならないように、自分の収支をしっかり把握しておくことが大切になります。
例えば、毎月の家賃や光熱費、食費、交際費などをしっかり把握しておけば、奨学金の支払いに当てるお金を使ってしまうこともないでしょう。
また、支払いの順序をしっかり考えておくことで、払い忘れたりすることもなくなります。
そのためには、目に付く場所に支払いの日にちや口座などを書いておくことも大切です。
毎月の引き落としは同じ口座にして、そこに、必要な金額を入れて、後は手をつけないなどのルールを決めておけば、しっかり支払いをすることができます。
収支を把握して、まずは必要な支出の分のお金をキープしておくことが大切なのです。

3.見栄のためにお金を使うことがある

先ほどの話に繋がる部分もありますが、自分の見栄のためにお金を使ってしまう人は、奨学金が返済できないという事態になりかねません。
自分の見栄のためにお金を使うというのは、どこまで行っても際限なくお金を使ってしまうことと同じです。
例えば、ブランド物のバックを買って、ちょっとでも高いものを買おうと思ったら、さらに購入する費用ばかりがかさんでしまいます。
毎月入ってくる収入は同じなのに、出費ばかりかさんでしまえば、必要な支払いができなくなってしまうのです。
それは、奨学金の返済のためにとっておいたお金に手をつけてしまう事態になってしまうのです。
まずは家賃や光熱費、返済などの支出を払い終えて、それから自分の好きなものを買うというサイクルをつくることができれば、支払いが滞ることもなくなるでしょう。
奨学金の返済はしっかり行わなければいけないものなので、まずは返済と考えておくことが大切です。

4.給料が少ないことが原因である

今は非正規雇用の人が増えています。
大学を出ていても、フリーターやアルバイト、派遣社員として働いている人が多いのです。
正社員として働くよりも、非正規雇用の給料は少ないことがほとんどです。
ですから、給料が少なくて奨学金が返せないという人も増えているといいます。
大学を卒業しても、良い会社に正社員として就職できるかどうかというのは、確実ではありません。
フリーターになってしまったり、就職浪人をしてしまう人もたくさんいます。
そんな中で奨学金の返済をしていくのは、とても困難なことだといえるでしょう。
ですから、奨学金を借りるときには、まず、「奨学金を借りてまで行く価値があるのか」と言うことを考える必要があるかもしれません。
奨学金を借りて大学に行っても、必ずしも良い会社で高給取りになれる保証はないのです。
奨学金を返せなくて破産をするというような事態にならないように、しっかり考える必要があるといえます。

5.奨学金を返したと思っていたがまだ残っていた

最近増えているのが、「奨学金を返したと思っていたが、実は返せていなかった」という人です。
どういう仕組みになっているかというと、奨学金は口座引き落としで返済をしてくことになります。
ですが、この引き落としが何ヶ月か出来ないでいると、口座引きしがストップしてしまうことがあるそうです。
こまめに通帳の記帳をしている人ならともかく、毎月同じ額だけを口座に残して、後は勝手に引き落とされるだろうと考えている人は、実は引き落とされていなかったことに気付くのが遅くなってしまうのです。
この場合、裁判を起こされて、その通知が来たことで、奨学金の返済が出来ていなかったことに気付くケースもあります。
こうなってしまえば、もう一度話し合いをして、分割で返済していかなければいけませんし、返済できなければ、最悪の場合で破産などをすることになるかもしれません。
奨学金がきちんと返済できているか確認することも、大切なことなのです。

まとめ

1.奨学金が借金であるという意識が低い
2.自分の収支を把握していない
3.見栄のためにお金を使うことがある
4.給料が少ないことが原因である
5.奨学金を返したと思っていたがまだ残っていた

編集後記

奨学金は、ある意味においては借金と同じです。
ですから、しっかり返済していかなければいけません。
そもそも、奨学金を借りてまで大学などに行かなければいけないのか、じっくり考える必要があるのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!