消費者金融の『絶対借りれる』という広告に潜む罠とは?

shutterstock_254082514

消費者金融の広告によくある「絶対借りれる」の文字は、お金に困っている人を惹き付けます。

ですが、その実態というのは、ある意味において危ないものなのかもしれません。

では、「絶対借りれる」に隠された罠について、考えてみましょう。

1.絶対借りれる消費者金融はヤミ金の可能性がある

絶対借りれると謳っている消費者金融というのは、実際にはヤミ金であったと言う話は、意外にもよくある話なのです。

消費者金融からお金を借りるときには、審査が必要になります。

その審査の基準になるのは、個人の信用情報です。

例えば、「過去に自己破産をしている」「債務整理中である」といった情報や、「カードローンの返済の遅延がある」といった情報までが、信用情報として、機関に登録されているのです。

この信用情報は、金融機関の審査のために使われるもので、消費者金融の借り入れ審査にも利用されています。

なので、正規の業者であれば、信用情報になんらかのマイナスがあるときには、お金を貸すことはありません。

ですが、「絶対借りれる」という金融業者は、この信用情報も閲覧しますが、大抵は独自審査を行っているのです。

正規の業者から借り入れが出来ないということは、ヤミ金などのいいカモになってしまうこともあります。

安易に絶対借りれるの広告に飛びついてしまうと、正規の消費者金融ではなく、ヤミ金からの借り入れになってしまうかもしれません。

2.消費者金融ではなく、クレジットカード現金化であるかもしれない

絶対借りれる消費者金融、というのは、実は消費者金融ではなかったというパターンも多くあります。

例えば、ネット広告で見かけるような「絶対借りれる」と言う文字をクリックしてみると、クレジットカード現金化のサイトに飛ばされてしまうことがあります。

クレジットカードの現金化というのは、違法です。

そもそもクレジットカードというのは分かりやすく言うと、「ツケで買い物をするためのカード」です。

なので、現金化をするためのものではありません。

クレジットカードの現金化というのは、「何かを買った体で、現金を渡す」というものなので、カード会社を騙していることになるのです。

お金がどうしても必要というときには、お金を借りる手段を選んでいられる状況ではないかもしれません。

ですが、クレジットカードの現金化などをすることは、法律によって禁止されています。

絶対借りれる消費者金融の本当の姿というのは、クレジットカード現金化という違法行為かもしれないので気をつけてください。

3.審査が甘い金融は、金利が高いことが多い

絶対に借入をすることが出来るキャッシングというのは、総じて審査が甘いことがありますが、その分デメリットも大きいのです。

例えば、過去に、債務整理や自己破産といったような金融事故を起こしている人は、「返済能力がない人」とみなされてしまうので、大手の消費者金融や銀行からは借入することができません。

なぜなら、消費者金融や銀行というのは、お金を貸すときにある程度のリスクを背負っているからです。

働いている人であっても「万が一返済されなかったら」というリスクはあるのです。

それが過去に金融事故を起こしている人であれば、余計に強くなってしまいます。

「過去にも自己破産をしているから、借りるだけ借りて破産してしまうかも」というリスクは背負いたくないですよね。

審査が甘い金融機関は、金利を高く設定していて、大手の消費者金融よりも取り立てが厳しいことがあります。

それはひとえにリスク回避であり、「金融事故を起こしているのだから、これくらいの保険は必要である」と言う考えからなのです。

絶対借りれる消費者金融は、金利が高いなどのデメリットがあることを覚えおきましょう。

4.絶対借りれると謳っていても、現在滞納中の借金があると借りることが難しい

現在、借金の返済を滞納している場合には、「絶対借りれる消費者金融」であっても、借り入れができないことがあります。

絶対借りれるというのは、「どんな状況でも」借りれることではありません。

ほとんどが、過去に債務整理や自己破産をしている人でも借りられるという意味になっています。

また、現在返済中の借金があって、その額が少し大きいと言う場合でも、新しく借入することが可能かもしれないということなのです。
ですから、どんな人でも絶対に借りれるという保証はありません。

特に、「今、借金を滞納してる」人に関しては、借り入れできない可能性があります。

借金を滞納しているときに、新しく借り入れの申し込みをするというのは「自転車操業ですよ」と言っているようなものです。

自転車操業を繰り返している人というのは信用することができないので、どんなに審査の甘い消費者金融であっても借入することは難しくなります。

絶対借りれる消費者金融でも、返済の遅延だけは見逃してくれないのです。

5.ブラックでも借りられる消費者金融とは、中小金融業者である

世の中には、金融ブラックと言われる人がいますが、絶対借りれる消費者金融ではブラックでも審査に通ったという実績がある会社もあります。

大手は、過去に金融事故を起こしているブラックの人には貸すことがないので、中小の金融業者ということになります。
いわゆる、街金です。

サラ金でも街金でも、あまり良いイメージはないと思いますが、絶対借りれるを謳っている金融機関というのは、小さな街金であることがほとんどなのです。

なぜなら、「街金はお金を貸さないと経営が成り立たないから」です。

小さな街金というのは、積極的に融資をしていかないと経営が成り立ちません。

銀行や大手金融会社のように、たくさんの資本があるわけでもないので、経営をしていくためにはある程度審査基準を甘くする必要があるのです。

その結果リスクを背負うことにもなりますが、金利を高くすることでリスクを軽減することも出来ます。

絶対借りれる消費者金融というのは、ほとんどが中小金融業者なのです。

金融事故などを起こした場合、大手の金融機関では借り入れできないので、「絶対借りれる消費者金融」の文字に惹かれてしまいます。

ですが、そんなときこそヤミ金に漬け込まれる可能性もあるので、十分に注意が必要なのです。

絶対借りれる消費者金融なんてないと思って、疑うことも必要になるのです。

まとめ

1.絶対借りれる消費者金融はヤミ金の可能性がある 2.消費者金融ではなく、クレジットカード現金化であるかもしれない 3.審査が甘い金融は、金利が高いことが多い 4.絶対借りれると謳っていても、現在滞納中の借金があると借りることが難しい 5.ブラックでも借りられる消費者金融とは、中小金融業者である

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

消費者金融の『絶対借りれる』という広告に潜む罠とは?
Reader Rating 0 Votes