貧乏生活な主婦が借り入れをするための5つの知恵


現在は主婦でも借りられるローンがたくさん出てきています。

ですが、借り入れの条件というのも必ずあります。
主婦が借り入れをするときの条件について、考えてみようと思います。

1.主婦自身に一定の収入があれば借り入れできる

主婦が借り入れをするときには、主婦自身に一定の収入があることが条件になる場合がほとんどです。
銀行系ローンの場合には、専業主婦で収入がない場合でも借り入れをすることが可能な場合があります。

ですが、消費者金融のローンは、専業主婦では借り入れをすることができません。
借り入れができたとしても、その後の返済に困ることになってしまうので、あまりオススメは出来ないのです。

なので、主婦が借り入れをするときには、主婦自身に一定の収入があることが条件になります。
パートやアルバイトであっても、主婦自身に収入があることで融資してくれるローン会社というのはたくさんあります。

主婦自身に収入があれば、借入をしても自分の収入の中から返済していくことができます。
家族の負担になることもないので、安心して借り入れをすることができるでしょう。

主婦が借り入れをするときには、主婦自身に一定の収入があることを前提に、申し込みをするようにしましょう。

2.主婦に収入がない場合には、夫の同意などが必要になる

主婦に収入がない場合の借り入れでは、夫の同意が必要になります。
銀行系ローンの場合、主婦に収入がなくても、夫に収入があれば借り入れをすることができます。

なので、その場合には「夫の収入」が返済にあてられることになるので、夫の同意が必要になるのです。
ローン会社によっては、夫の同意書が必要になるときもあるので、借り入れをするときにはまず、夫に相談をしておくことが大切になります。

主婦の借り入れは、収入がなかったり、低かったりする分だけ、規制が厳しくなっているのです。
専業主婦のような収入がない人の場合には、余計に審査も厳しくなります。

夫の同意があるからこそ審査に通るということもあるので、夫の同意は必ずとっておきましょう。
夫の収入を元にして主婦が借り入れをする場合、夫の勤務先に連絡が入ることがあります。

なので、そういった場合に備えておく意味でも、先に夫に借金のことは話しておくべきでしょう。
主婦に収入がない場合の借り入れは、先に夫に相談をしておくことです。

3.借り入れをするなら少額だけにしておく必要がある

主婦が借り入れをするときには、少額だけを借り入れることが大切になります。
主婦自身が収入が低かったり、専業であれば収入がない状態なので、返済額が大きくなってしまうとそれだけ生活が大変になってしまうのです。

なので、主婦が借り入れをするときの鉄則は「少額借りて、すぐに返す」ことなのです。
もともと、主婦であれば融資金額は大きなものではありません。

ですから、たくさんの金額を借りてしまえば、すぐに借り入れできる金額は底をついてしまうのです。
そうなってしまうと、いざお金が必要だというときに困ることになってしまうので、少額だけを借りるようにしましょう。

そして、借り入れをしたらすぐに返済をするようにします。
今は、無利息期間のあるローンも増えているので、すぐに返済をすればその分の利息を取られることなく返済をすることができます。

少しでも借金の金額を少なくしたいと思うのであれば、主婦の借り入れは少額だけを借りてすぐに返済することです。

4.他社借り入れがないことも条件になる

主婦が借り入れを行う場合、他社の借り入れがあると審査に通らない可能性もあります。
主婦が借り入れできる金融機関というのは、限られています。

その中でもいくつかの会社から借り入れがあると、それだけで審査に通らない可能性があるのです。
そもそも、借金をするときには総量規制という問題があります。

総量規制は「年収の3分の1」以上の金額を借りることは出来ないという規制です。
なので、主婦の場合には収入が少ない、もしくはないので、大きな金額の借り入れが出来ないのです。

1社で借りられる金額の上限は30〜50万円程度であることが多く、また、それ以下の借り入れ金額であるという声もよく聞かれます。
ですから、借金をするときに、既に他社の借り入れがあると、借り入れができる金額が低くなったり、借りることが出来なくなったりするのです。

総量規制がある消費者金融はもちろん、銀行系ローンでも借りることが出来ないときもあります。
主婦の借り入れは計画的に行うことが大切なのです。

5.主婦が借り入れをするなら銀行系ローンを選ぶ

どうしても主婦が借り入れをしたいと言う場合には、銀行系ローンを選んでください。
主婦の借り入れというのは、簡単なものではありません。

収入があればいいという条件で消費者金融から借りることも出来ますが、一番安全なのは、銀行系ローンと言えるでしょう。
消費者金融と銀行系ローンを比べてみると、銀行系のほうが金利が低く返済金額も低いことがあります。

なので、主婦の借り入れでは重視される金利や毎月の支払額を考えたときに、銀行系のほうがはるかに有利なのです。
銀行系ローンは総量規制の対象外なので、たとえ収入がなくても借り入れをすることは可能です。

ですから、急な出費があったときのために持っておきたいという理由などでカードを作ろうと思ったら、消費者金融の申し込みをするのではなく、銀行系ローンの申し込みをしてみましょう。

主婦が借り入れをするときには銀行系ローンを選ぶのが一番なのです。

主婦の借り入れというのは、現在、規制が厳しくなってきている部分があります。
そのため、何社からも借り入れができるわけではないので、計画的に借入をすることが大切になります。

主婦が借り入れをするときには、その後の返済のことも考えてからにしましょう。

まとめ

1.主婦自身に一定の収入があれば借り入れできる 2.主婦に収入がない場合には、夫の同意などが必要になる 3.借り入れをするなら少額だけにしておく必要がある 4.他社借り入れがないことも条件になる 5.主婦が借り入れをするなら銀行系ローンを選ぶ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

貧乏生活な主婦が借り入れをするための5つの知恵
Reader Rating 1 Vote