クレジットカードでキャッシングしたときの5つの返済方法

shutterstock_156682997

クレジットカードのキャッシングは、とても便利に使うことができます。

必要なときにすぐに現金を使うことができるので、重宝するシーンがあるかもしれません。

では、そんなクレジットカードのキャッシング枠を利用したときの返済について、考えていきます。

1.ATMから返済する

クレジットカードでキャッシングをしたら、ATMから返済することが出来ます。

コンビニATMや提携銀行ATM等を使えば、いつでも簡単に返済をすることが出来るのです。

クレジットカードのキャッシングとはいえ、キャッシングの仕方はカードローンと同じです。

ですから、返済にも同じ方法を利用することができる、と考えればいいでしょう。

ATMで返済をするときには、クレジットカードをATMに入れて返済を行うだけです。

ほとんどのクレジットカードは、ATMからの返済が可能になっているので、借りたらすぐに返済することを考えれば、ATMからの返済が一番でしょう。

提携銀行ATMであれば手数料が無料になる場合もありますが、コンビニATMなどでは、返済にも手数料がかかることがあります。

手数料をかけずに返済するには、イオンクレジットならイオン銀行ATMから、といったように、提携銀行などのATMを利用するといいでしょう。

クレジットカードのキャッシングの返済は、ATMから簡単に行うことが出来ます。

2.キャッシングをしたら引き落としで返済する

クレジットカードでキャッシングをしたときには、引き落としで返済することも出来ます。

クレジットカードの支払いというのは、一般的に引き落としになることが多いでしょう。

ですから、そのカード使用分と合わせて、引き落としで返済することが出来るのです。

クレジットカードのキャッシング使用分とショッピング分というのは、明細では同じように表示されます。

一括払いの設定をしていれば、翌月などにショッピング分と合わせてキャッシングをした分も請求されることになります。

そして、登録してある口座から引き落としされて返済が出来るのです。

ショッピング分の引き落としは、使った分のみの返済になりますが、キャッシング分の返済には、日割り計算された利息がかかります。

ですから、キャッシング分を引き落としで返済するときには、利息も合わせた金額を調べておいて、確実に返済が出来るようにすることが大切になります。

3.カード会社に連絡して振込みで返済する

キャッシングをした分の返済がすぐに出来るようであれば、クレジットカード会社に連絡をして振り込みによる支払いをすることも可能です。

クレジットカード会社には、それぞれ返済用の口座というものがあります。

そこに振込みをすることで、返済を行うことが出来るのです。

振込みによる返済をするメリットは、まず、利息を低く抑えることが出来るという点です。

例えば、どうしても現金が必要になって、3万円だけ借りたと言う場合であれば、1ヶ月借りたままにするのと、1週間程度で返済するのとでは、利息の差が発生します。

クレジットカードのキャッシング枠には、高い利息がつくことがあります。

ですから、支払いができるのであれば、すぐにでも返済をすることが望ましいのです。

返済用の口座を知るためには、クレジット会社に連絡をすることが必要になります。

そこで事情を話すことで口座番号などを教えてもらうことが出来るので、返済をすることが出来るようになるのです。

キャッシング分の返済をすぐに行いたいときには、クレジットカード会社にまず連絡をしてみましょう。

4.リボ払いにする

クレジットカードのキャッシング枠の返済は、リボ払いにすることが出来ます。

昔は、キャッシングの返済は一括のみでした。

ですが、時代のニーズに合わせて、現在ではリボ払いにすることも出来るようになりました。

リボ払いとは、借りた金額に応じて毎月の返済金額を一定にするという支払い方法です。

例えば、3万円を借りたら、毎月5000円ずつ、利息分も含めて返済していくのです。

リボ払いのメリットというと、毎月の返済額が低く一定なので、返済の負担を少なく出来るという点です。
ですが、デメリットもあります。

リボ払いは返済金額の中に「元金」と「利息」が含まれています。

クレジットカードのキャッシング枠の利息は高いので、元金がなかなか返済されていかないのです。

ですから3万円を返すのにも1年以上かかってしまったり、という場合もあります。

長期間利息を払い続けなければいけなくなりますが、クレジットカードのキャッシング枠の返済は、リボ払いにすると毎月の支払い額を抑えることができます。

5.一括払いにする

クレジットカードでキャッシングをしたときには、翌月一括払いで返済をするようにしましょう。

確かに、返済負担の少ないリボ払いと言う方法もあります。

ですが、すぐに返済を終わらせることは、返済負担を負わなくても良いということに繋がります。

そもそも、キャッシング枠として使える金額というのは、クレジットカードの内訳としては少ない金額なのです。

ですから、それほど大きな金額のキャッシングに利用する人も少ないのではないかと思います。

なので、少額のキャッシングであれば、翌月一括払いにしてしまうほうが、より返済の負担が少なくなるのです。

キャッシング枠の利息というのは、カードローンなどよりも高く設定されていることがほとんどです。

ですから、長期間の返済になってしまうと、それだけ返済の負担が増えるということになります。

そうなってしまうのはあまり良いことではありませんから、クレジットカードのキャッシング利用分は、翌月一括払いで支払えるだけの利用に留めておくといいでしょう。

編集後記

クレジットカードのキャッシング枠は、それほど大きな金額ではありませんから、万が一のときだけ使うようにするといいでしょう。

そして、利息を考えると返済は早めに行うことが大切になります。

クレジットカードでキャッシングをしたら、すぐに返済することが一番なのです。

まとめ

1.ATMから返済する 2.引き落としで返済する 3.カード会社に連絡をして振込みで返済する 4.リボ払いにする 5.一括払いにする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クレジットカードでキャッシングしたときの5つの返済方法
Reader Rating 0 Votes