お金を借りるための審査で必要なこととは?

shutterstock_206334373

お金を借りるときには、審査があります。

審査基準はローン会社によって様々ですが、一般的に基準になるものはたくさんあります。
今回は、お金を借りるときの審査で必要なことを紹介します。

1.収入の有無を確かめられる

お金を借りるための審査では、収入があることが絶対条件になります。
まず、収入がない人は、特定の条件(夫に収入がある専業主婦など)がなければお金を借りることはできません。
そのため、収入があるかどうか、どのくらいの収入があるかどうかを確認されます。
なので、働いている会社に在籍確認をされる場合がほとんどです。
在籍確認をするときにも、ローン会社の名前を出す事はないので、借金が周りに知られる事はありません。
バイトなどでも収入があればお金を借りることができるので、お金を借りるためにはまず、収入をつくることです。
ですが、バイト程度の収入であれば、借入総額は少なくなります。
お金を借りるための審査では、収入の有無と収入額を確認されることを覚えておきましょう。

2.年収に嘘がないかを確認される

お金を借りるための審査の前に、年収などを申告します。
ですが、年収などは、ローン会社などにきちんとチェックされることになります。
職種や勤続年数などを総合的に判断され、申告した年収が正しいものかどうかをチェックされるのです。
なので、虚偽の年収を申告した場合には、「嘘を付いた」ということになり、審査の段階でマイナスになってしまいます。
お金を借りるときの申告は、正直に正しい情報を入力しましょう。
お金を借りるときの審査で、自分からマイナスポイントを作る事は避けたほうがいいでしょう。

3.他社借り入れの有無を確認される

お金を借りるための審査では、他社借入の有無を確認されます。
他社借入があった場合、新規借入の審査に通らないことがあるのです。
これは、「お金に困っての借金だった場合、返せない可能性がある」と判断されるためです。
また、総量規制の問題でも、他社借入の有無は重要なポイントになります。
お金を借りるための審査では、他社借入の有無は必ず確認されます。
そして、他社の借入件数が多かったりすると、お金を借りる審査に通らず、新規の借入ができない事が殆どなのです。

4.他社借り入れの額を確認される

お金を借りるための審査では、他社の借入総額を確認されることになります。
借金をするときには総量規制の問題が付いて回ります。
総量規制とは「年収の3分の1以上の借入はできない」というものです。
つまり、年収300万円の人が、他社の借入総額で100万円を超える借金をしていた場合、新たな借入をする事はできないのです。
そのため、お金を借りるときの審査では、他社借入総額を調べられる事になります。
年収の3分の1以下の借入の場合には、お金を借りる審査に通らないということはまずないでしょう。

5.今までの借金の状況で審査をされる

お金を借りるときには、今までの借入状況で審査をされることがあります。
例えば、過去に借金を払いきれなくなって債務整理をしていたり、返済が遅れがちになってしまった場合、お金を借りる事が難しくなります。
債務整理の場合には、債務整理後、最低でも3年から5年の間は新規の借入が出来なくなります。
返済が滞っている場合にも、新規の借入は難しくなるでしょう。
借金をするときには「その人に返済能力があるかどうか」が重要視されます。
そのため、借金を返済できずに債務整理をしていたり、返済が滞っていたりすると、「返済能力がない」とみなされてしまうのです。
お金を借りるときには、今までの借入の状況も審査対象になるのです。

6.申告内容に嘘がないかを確認される

お金を借りるときの申告内容に嘘がないかも、審査では確認されることになります。
お金を借りるとき、まず最初に行う事は、自分自身の情報を記入したり入力することです。
そこには、住所などの基本的なものから、職場や年収、他社の借入状況なども記載することになります。
この情報に嘘があれば、審査のときにマイナスポイントになってしまいます。
逆に、正しい事を書いているのであれば、審査でマイナスに響いてしまう事はありません。
ローン会社などに嘘は通じません。
働いていないのに働いていると嘘をついても、在籍確認をされて嘘がばれてしまいます。
借入状況を偽装しても、ローン会社は信用情報を見る事ができるので、嘘がばれます。
お金を借りるときの審査でマイナスにならないためには、正しい情報を入力、記載する事が大切なのです。

7.一度にたくさんの借金の申し込みをしていないか審査される

一度にたくさんのお金を借りるための申し込みをすると、審査に響いてしまう事があります。
現在は少なくなりましたが、少し前までは一度にたくさんの申し込みをすると「お金に困っている」とみなされて、借入ができないということがありました。
そのため、一度にたくさんのローン会社に審査を依頼するのは、避ける人が多かったのです。
ですが、現在では「より金利の低いローン会社」だったり「借入額の多い会社」を選びたいという人が増えたので、あまり気にされないことも増えたようです。
それでも、一度にたくさんの審査を通そうとすると「お金に困っている」と思われてしまうので、止めておいた方がいいでしょう。
俗に「申し込みブラック」と呼ばれるような、お金を借りるための審査をたくさんする人には、ならないほうが賢明です。

まとめ

1.収入の有無を確かめられる
2.年収に嘘がないかを確認される
3.借金の審査では、他社借り入れの有無を確認される
4.他社借り入れの額を確認される
5.今までの借金の状況で審査をされる
6.申告内容に嘘がないかを確認される
7.一度にたくさんの借金の申し込みをしていないか審査される

編集後記

お金を借りるときの審査では、色々なことを確認されます。
そのどれもが「貸したお金を返せる人であるかどうか」というところに繋がっていきます。
お金を借りたら返す事は当たり前ですが、審査でもそれを確認されることを覚えておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!