消費者金融の利用者数が増える5つの理由

shutterstock_220238458

消費者金融の利用者数というのは、年々増え続けています。

日本の景気があまり良くないことも、原因の1つになっています。

では、消費者金融の利用者数が増えて続けている理由について、考えていこうと思います。

1.消費者金融を利用している人は、1400万人を超えている

現在、日本で消費者金融を利用している人の数は、1400万人を超えていると言われています。

日本国民の数を考えると、およそ9人に1人は消費者金融からの借入をしていると言うことになります。

つまり、それだけ消費者金融が身近なものになってきているということなのかもしれません。

利用者数の男女の内訳は、昔であればサラリーマンの男性が多かったのです。

消費者金融はサラ金と呼ばれていたこともあり、サラリーマンの利用が主でした。

ですが現在では、女性の利用も増えてきています。

利用する人のニーズに合わせて、女性専用のローン窓口なども開設されているため、女性でも利用しやすい環境が整ったのです。

全体的に見ると、女性の利用は3〜4割程度と考えられています。

サラ金と呼ばれていたときには、利用することはあまりいいこととは言えませんでした。

ですが、現在では消費者金融を利用することのメリットも多くあり、また借り入れしやすい状況にもなっているため、利用者数が増えているのです。

2.生活を維持していくためにサラ金を利用する人が増えている

年々利用者数の増えている消費者金融ですが、生活を維持していくために利用する人が多いようです。

日本はまだまだ不景気といわれています。

なので、働いていても生活費が足りないということがありえるのです。

生活費が足りない状況で生活をしていくのは大変なので、消費者金融などから借り入れをすることになってしまうのです。

日本で借り入れをしている人の中でも、返済が滞っている人の割合というのは、かなりの数になります。

生活費のためにお金を借りたとしても、それを返済していけるだけの賃金をもらえていないということにもなるのです。

日本が不景気であることが一番の要因であると考えられるでしょう。

生活費のために借金をするというのは、昔から多い理由の1つでした。

ですが今は、それが若年層にも広がっていて、借金をしながら何とか生活をしているという人も少なくないのです。

消費者金融の利用者の中でも、生活費のためにお金を借りて、返済が出来なくなってしまう人が増えてきているのです。

3.利用者数は、消費者金融が身近なものになったことが要因となって増えている

サラ金と呼ばれていた消費者金融も、今ではとても身近な存在になっていて、気軽に利用する人は増えているのです。

サラ金と呼ばれると、どうしても悪いイメージが先行してしまいます。

取立てが厳しいとか、金利の高い借金であるというイメージを持っている人もいるでしょう。

ですが、現在ではサラ金と呼ばれることは少なくなり、消費者金融と呼ばれるようになりました。

金利が高いわけでもなく、また厳しい取り立てが行われることが少なくなった今、とてもクリーンなイメージになったといえるでしょう。

つまり、借金がより身近な存在になったということです。

コンビニATMなどが増えてきている今は、24時間いつでも借り入れできるという消費者金融が増えてきています。

お金がない時、急にお金が必要になったときにすぐに利用することができるローンが増えたことも、借金をする人の数が増えた理由の1つなのではないでしょうか。

身近なものになった消費者金融は、これからも利用者数を増やしていくのではないかと思います。

4.近年では主婦が借金をすることも多くなっている

近年、消費者金融を利用する人の中でも、主婦の利用者数が多くなってきています。

一般的には、収入のない専業主婦は、消費者金融からお金を借りることが出来ません。

ですが、夫に安定した収入があり、夫の同意が得られるのであれば、専業主婦でも借金をすることができます。

また、審査基準もゆるくなっており、主婦であってもパートやアルバイトをしていて、本人に収入があれば、借金をすることが出来るようになっているのです。

パートやアルバイトの収入というのは、年収にするとあまり高いものではありません。

なので、借り入れができる限度額は低くなってしまいますが、パートやアルバイトなどをしていれば、誰でも借り入れが出来る状況なのです。

主婦の借金というのは、実は、夫に内緒であることが多いのです。

消費者金融では、本人の確認ができればお金を貸すことが出来るので、夫の収入を元に借り入れするのではない場合には、夫にも内緒にすることができます。

消費者金融の利用者数のうち、主婦の割合が増えているのは、経済的な不安と言うものが大きいからかもしれません。

5.利用者の数の推移は、日本経済の不景気と関係している

日本経済は未だ不景気ですが、この不景気の影響で、サラ金を利用する人の数が増えていっているのです。

利用する目的で一番多いのは、生活費のためです。

働いていても生活費をまかなうことが出来ないというときには、消費者金融などを利用して借金をすることになってしまいます。

借金をすることは簡単なので、安易に借入をしてしまう人が多いのです。

不景気の影響で給料がカットになったり、ボーナスが少なくなってしまったりという状況や、非正規雇用ゆえに稼ぐ金額が低かったりという状況があるので、借金をしても返済が出来なくなってしまうという状況もあるのです。

ですが、お金がなければ生活ができないというのは、当然のことなので、仕方なく借金をしてしまうという人も少なくありません。

不景気の影響や雇用状況の悪化というのは、消費者金融を安易に利用してしまう原因になっているのです。

利用者数の増加は、消費者金融にとってはいいことですが、経済的には悪いであるのです。

まとめ

消費者金融の利用者数は、これからも増加していくことが懸念されます。 借金というのは、安易に借りられるという反面、返済ができなければ負担になってしまうというデメリットもあるのです。 消費者金融やサラ金の利用者数が増えていく背景には、慢性的な不景気があるのかもしれません。 1.消費者金融を利用している人は、1400万人を超えている 2.生活を維持していくためにサラ金を利用する人が増えている 3.利用者数は、消費者金融が身近なものになったことが要因となって増えている 4.近年では主婦が借金をすることも多くなっている 5.利用者の数の推移は、日本経済の不景気と関係している

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

消費者金融の利用者数が増える5つの理由
Reader Rating 0 Votes