消費者金融を利用するメリットとデメリット「即日融資と無利息はどうなの?」

shutterstock_98035070

一昔前はサラ金と呼ばれていましたが、現在は消費者金融と呼ばれているのが、働いている人を対象にした貸金業者です。

これらはお金が必要なときに簡単に借り入れをすることが出来ます。
では消費者金融を利用するときのメリットとデメリットを紹介します。

1.貸付スピードが速いことがメリットになる

消費者金融を利用するメリットは、貸付のスピードが速いことです。
日本には、消費者金融以外にもお金を貸してくれるところがたくさんあります。
一番金利が低く、安心して借り入れができるのは公的融資です。
ですが公的融資は、融資までの時間が長いので、すぐにお金が必要であるというときには、あまり頼ることが出来ないかもしれません。
銀行でも消費者金融のようなカードローンを発行しているところがありますが、銀行も消費者金融ほど貸付スピードが速いわけではありません。
消費者金融は、即日融資を謳っているところが数多くあります。
審査から数時間で自分の口座に入金してくれるところばかりなので、急な出費にも対応できるのです。
お金を借りるときの理由として、急な出費のためという理由があります。
急な出費のために借り入れの申し込みをするのであれば、即日融資ができる消費者金融を選ぶべきなのです。
消費者金融を利用するメリットは、貸付までのスピードが速く、急な出費に対応できるという点でしょう。

2.大手の金融業者ならあらゆるニーズに対応している

大手の消費者金融は、あらゆるニーズに対応しています。
銀行系のキャッシングローンというのは、全ての顧客に対して同じ対応をすることがあります。
なので、1人1人のニーズに合わせた対応を求めても、違う答えが返ってきてしまうことがあるのです。
その点、消費者金融は色々なニーズに対応するキャッシングローンを用意しています。
例えば、女性のオペレーターに対応して欲しいと思う女性は多いので、そういったニーズに答えるために、レディースローンというプランを作ったりしています。
レディースローン以外にも、借り換えの目的での借り入れなどもプランの1つとして提供していることが多いのです。
消費者金融の利用者は増えているので、それぞれにあったプランを提供することが、新しい顧客の獲得に繋がるのです。
女性には女性向けの、借金がある人にはそういった人向けのプランを選ぶことが出来るのも、消費者金融を利用するメリットの1つとなるのではないでしょうか。

3.金利が高いことが消費者金融のデメリットになることがある

メリットの多いサラ金というイメージが定着してきましたが、実際にはデメリットになる部分もあります。
銀行系のキャッシングローンと比べると、金利が高いことがデメリットになりえるのです。
銀行系キャッシングローンの金利は、ほとんどが14.5%が上限になっています。
ですが、消費者金融の金利の上限は、18%というところがほとんどです。
これは違法ではないので、消費者金融としては利益のために金利を上げるのは致し方ないことなのです。
消費者金融では、銀行系のキャッシングよりも借入限度額が高いことがあります。
それはとても大きなメリットになりますが、その分だけ金利が高くなってしまうというデメリットにも繋がるのです。
長期間の借り入れになった場合、金利が高いと、それだけ返済の負担が大きくなってしまうのです。
返済が大変になると、精神的な負担というのも大きなものになってしまいますよね。
消費者金融はメリットもありますが、金利が高いというのはデメリットになりえるでしょう。

4.安易に借り入れできることから、多重債務に陥ってしまうことがある

現在、消費者金融のカードローン、カードキャッシングというのは、とても簡単に借入をすることが出来るようになりました。
カードローンを利用するときには、あらかじめ上限が決まっています。
その限度額の範囲内であれば、自由に借り入れができ、返済ができるようになっているのです。
借り入れの方法も、コンビニなどのATMにカードを入れて、暗証番号と金額を入力するだけです。
自分の口座からお金を引き出す感覚で利用できるので、とても安易に借り入れが出来る状況であるといえるでしょう。
この借り入れのシステム自体は、大きなメリットだということが出来ます。
ですが、安易な借り入れを繰り返してしまうと、いつの間にか多重債務になっていたという場合もあるのです。
自分のお金を引き出している感覚になりますが、実際には借金をしているだけなのです。
自由に使うことができるお金ではないという感覚が薄れてしまうので、いつの間にか消費者金融で多重債務に陥っていたという状況になってしまうデメリットがあります。

5.収支のバランスを考えることが大切になる

メリットとデメリットを考えた上で、金融業者から借入をするときには、収支のバランスを考えることが大切になります。
例えば、収入が少ないのに借入ばかりを繰り返していたら、当然返済が滞ってしまいます。
収入が多くなったら多めに返済をしていくことで、完済にかかる時間を短くすることもできます。
消費者金融のキャッシングというのは、自分でバランスをとりながら、借り入れと返済を繰り返していくものなのです。
借入したお金は借金です。
借金には返済義務があるので、返済が出来なくなるまで借入をしてしまえば、その後に待っているのは債務整理や自己破産です。
そうなってしまっては、日常生活の中で困ることが多くなってしまうので、避けなければいけません。
最悪の状況を避けるためには、収支のバランスを考えて借り入れと返済をしていくことです。
自分で自由に借り入れや返済ができる消費者金融のキャッシングなので、バランスは自分で考える事が大切になります。

まとめ

1.貸付スピードが速いことがメリットになる
2.大手の金融業者ならあらゆるニーズに対応している
3.金利が高いことが消費者金融のデメリットになることがある
4.安易に借り入れできることから、多重債務に陥ってしまうことがある
5.収支のバランスを考えることが大切になる

編集後記

消費者金融で借入をするときには、メリットとデメリットを知っておくべきです。
その上で、自分の収入とのバランスを考えて、借入をすることが大切です。
正しく利用すればとても便利な消費者金融のキャッシングなので、バランス感覚はとても大切になるのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!