日記をつけて借金返済をする方法

shutterstock_239412661

借金返済のために日記を活用している人もいます。

日記には、色々な活用法がありますが、お金がない!と困るときの借金返済にも活用することができるのです。
今回は、借金返済のための日記活用法について紹介します。

1.日記に毎月の返済日を書いておく

借金返済のためには、日記に毎月の返済日を書いておきましょう。

借金の返済は毎月あります。

ですが、「うっかり」忘れてしまう事もあるのです。

そうなってしまう事を防ぐ為にも、毎月の返済日と返済額をメモしておきましょう。

できれば赤など目立つ色で書いておくと、ぱっと見たときに目に入りやすく覚えておきやすいのです。

いつでも目に付くようにしていれば、「うっかり」返済を忘れてしまうことはありません。

借金返済のために日記を活用するのであれば、まず、返済日と返済額をメモしておく習慣をつけましょう。

2.「返済のためにする事」を書く

借金返済のために、日記には「返済のためにすること」を書いておくといいでしょう。

例えば「副業を始めて月に○円稼ぐ」や「スキルアップをして給料を上げる」などでもいいと思います。

借金をしているときには、できるだけ元手がかからないものがいいので、インターネットで出来る副業などがオススメです。

とにかく、返済のためにこれから始める事を書いておきましょう。

これを書いておくことで、返済のために出来ることがあるのだと思う事が出来ます。

また、返済をするために「やらなきゃ」という気にもなってくるので、借金返済のための日記活用法としては十分な効果があります。

3.副業を始めて日記に報酬を書く

借金返済のために、副業を始めて日記に報酬を書くことも大切です。

ただ闇雲に副業を始めるのではなく、日記にきちんと報酬をメモしておきましょう。

いくら稼いだのかが分からないと、確定申告などでも不利になる事があります。

毎月の収支でもいいですし、1週間ごとの収支でも構いません。

自分がやりやすい方法で、副業の報酬をメモしておきましょう。

借金返済のために副業を始めたら、日記に報酬をメモする事を忘れないようにしてください。

4.毎月の貯金額を書く

借金返済のために、日記に毎月の貯金額を書いておきましょう。

借金を返済するときには、同時に一括返済のために貯金をすることも大切になってきます。

なので、毎月の貯金額が分かるように、貯金額を書いておくといいでしょう。

口座を見れば分かる事ですが、自分の手で改めて金額を書くことで、より分かりやすく印象に残りやすくなります。

貯金額をメモしておけば、いつでも「後いくら貯まればいいのか」を知る事ができます。

借金返済のために貯金をするなら、貯金額は日記に書いておくようにしましょう。

5.毎日の収支を書く

借金返済のために日記には毎日の収支を書いておきましょう。

1週間ごとの収支や1ヶ月の収支は家計簿で構いません。

日記に書くのは、「その日使った金額」です。

コンビニでお菓子を買ったり、自販機でジュースを買ったという細かい金額を日記には書いておきましょう。

1ヶ月続けると、無駄遣いをどこでしているのかを把握することができます。

また、書くのが面倒だから、といって細々したものを買わないようになる人も居ます。

借金返済中の日記には、毎日、使った金額をメモして置くようにしましょう。

6.一括返済の目標を書く

借金返済のために、日記には「一括返済の目標」を書いておきましょう。

例えば、「○月に一括返済○○円」と言った感じでもいいのです。

いつ、一括返済をするのかという目標を決めて、いつでも見られる状況にしておく事が大切です。

一括返済をすると、借金の総額が減ったりすると言うメリットがあります。

なので、一括返済は借金をしている人すべてに勧めたい方法なのです。

でも、一括返済をすると思っているだけではできない事も多いので、日記に書いておくことでいつでもその目標を忘れないようにしましょう。

借金返済のためには、日記に一括返済の目標を書いて、いつでも見られるようにしておく事が大切です。

7.借金をしないための目標を書く

借金返済後、再び借金をしないようにするための目標も、日記には書いておきましょう。

返済後に借金をしてしまっては、また借金に苦しむ時間が増えるだけになってしまいます。

なので、借金返済後の目標も書いておくといいでしょう。

借金を返済し終えてしまえば、その分のお金は余る事になります。

それを使ってしまうのではなく貯金をする、という目標でも十分です。

借金返済後の目標も日記に書いておくことは、とても大切なことなのです。

借金返済のための日記活用法は、様々です。

目標を書いたり、返済の期日を書いておくことだけでも、十分に返済のための活用法と言えるでしょう。

借金返済には具体性が必要なので、日記に細かく記録しておくことは、とても大切なことなのです。

まとめ

1.毎月の返済日を書いておく 2.「返済のためにする事」を書く 3.副業を始めて日記に報酬を書く 4.毎月の貯金額を書く 5.毎日の収支を書く 6.一括返済の目標を書く 7.借金をしないための目標を書く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

日記をつけて借金返済をする方法
Reader Rating 1 Vote