借金の総額を考慮した利率で選ぶカードローン7選

shutterstock_142515592

カードローンを選ぶとき、多くの人は、利率を気にすると思います。

利率が低ければ借金の総額も減る事になり、高ければ増える事になります。
今回は、利率を中心に選んでおきたいカードローンを紹介します。

1.オリックス銀行カードローンを選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、真っ先に選んでおきたいのが、オリックス銀行カードローンです。
最低年率が3.0%で、最高年率も17.8%と、利率が低いことが特徴です。
銀行系カードローンは利率が低いことでも人気がありますが、オリックス銀行はその中でも、特に利率が低いカードローンと言えます。
最高借入額は800万円までと、色々な使い道ができるカードローンになっています。
なので、オリックス銀行のカードローンを使って、他のローンを一本化してしまうという人も多いのが特徴です。
利率最優先でカードローンを選ぶのであれば、オリックス銀行が一番なのではないかと思います。

2.住信SBIネット銀行を選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、住信SBIネット銀行のネットローン、プレミアムローンもおすすめです。
最低年率は3.5%、最高年率は10.0%と、オリックス銀行と比べると最高年率も低い事が特徴になります。
借入限度額は700万円で、自由に使う事ができるので、借り換えや車のローンとしても使う事ができます。
借り入れや返済は、インターネット経由で行う事ができるので、お金が必要なときにはすぐに限度額内で借り入れをすることができます。
また、返済もインターネット経由で行う事ができるので、とても便利ですよね。
返済日前には、メールで知らせてくれるので、返済忘れがないというのも魅力の1つです。
カードローンを利率で選びながらも、借り入れと返済の便利さを求めるなら、住信SBIネット銀行のカードローンです。

3.りそなプレミアムカードローンを選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、りそなプレミアムカードローンもおすすめです。
年率は、最低年率が3.5%で、最高年率が12.475%になっていて、少額の融資でも低い年率で借り入れをすることができます。
最大利用額は800万円で、10コースの中から自分にあった借り入れ額を選ぶ事ができます。
毎月、一定額の返済なので、返済をするときにも負担が少なくなります。
また、50万円以下の融資であれば、収入証明が必要ないので、低額の融資を希望している場合にも使いやすいカードローンでしょう。
使い道は、事業資金でなければ、自由に使う事ができるので、とても便利なカードローンになっています。
申し込みから契約までが早く、銀行系ローンなので説明が丁寧で安心した、という声もあります。
低い利率でカードローンを選ぶのであれば、りそなプレミアムカードローンを利用してみてください。

4.イオン銀行カードローンを選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、イオン銀行カードローン「BIG」も良いでしょう。
イオン銀行は、ショッピングセンターで有名なイオングループの銀行です。
イオン銀行のカードローンは、主婦でも持てるカードローンとして、今、人気を集めています。
最低年率が3.8%で、最高年率が13.8%なので、低い金利でお金を借りる事ができます。
100万円までは原則収入証明が不要で、専業主婦やパート・アルバイトの人でも借りる事ができるところが特徴です。
仮審査の結果が郵送で送られてくるなど、申し込みをしてからカード発行までに時間がかかるというデメリットもありますが、イオン銀行という安心感もあります。
ですが、即日融資を受けられる場合もあるので、すぐにお金が必要というときには相談してみるといいかもしれません。
銀行系の低利率と、使いやすさで選ぶのであれば、イオン銀行カードローンをおすすめします。

5.じぶん銀行カードローンを選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、じぶん銀行カードローンを選んでみましょう。
最低年率が3.8%で、最高年率が17.5%と、銀行系カードローンならではの低金利を実現しています。
借入限度額は500万円までで、借り換えやおまとめローンとしても活用することができます。
300万円以下の借り入れであれば、原則収入証明が必要ないので、面倒な手間をかけずにお金を借りる事ができることも特徴です。
3000円から返済することができるので、毎月の生活を圧迫することなく、返済計画を立てることができます。
じぶん銀行に口座を持っていることが条件なので、申し込みと同時に口座を作る事になります。
カードローンを利率で選ぶのであれば、じぶん銀行カードローンも検討してみるといいのかもしれません。

6.みずほ銀行カードローンを選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、みずほ銀行カードローンを選んでみても良いでしょう。
最低年率が4%、最高年率が14%と、低利率でお金を借りることができます。
また、みずほ銀行のカードローン、最大の特徴は借り入れ限度額が1000万円というところです。
1000万円の借入限度額があるので、おまとめローンにすることはもちろん、車の購入費としても使う事ができます。
自由度の高いカードローンが人気の秘密なのかもしれません。
申し込みから利用まで、最短即日なので、すぐにお金が必要というときにもとても便利です。
カードローンを利率で選ぶなら、メガバンクとして安心できて、自由度の高いみずほ銀行カードローンを選んでみてください。

7.プロミスを選ぶ

利率でカードローンを選ぶなら、SMBCコンシューマーファイナンス プロミスのカードローンを利用して見るのも良いでしょう。
プロミスは消費者金融で、上記で紹介したような銀行系のカードローンではありません。
ですが、銀行系とあまり差がない利率で人気があります。
最低年率は4.5%で、最高年率は17.8%です。
比べてみても、利率で銀行系カードローンに劣るようなところは見受けられません。
プロミスの融資が受けられるのは安定した収入がある人ですが、これはパートやアルバイトの人も含まれます。
無利息期間が30日間あるので、その間に返済できれば、元金のみの返済になります。
審査時間が早い事や、使い勝手の良さは、銀行系と比べると格段に良いといえるでしょう。
利率でカードローンを選ぶとき、消費者金融で選ぶのなら、プロミスをおすすめします。

まとめ

1.オリックス銀行カードローンを選ぶ
2.住信SBIネット銀行を選ぶ
3.りそなプレミアムカードローンを選ぶ
4.イオン銀行カードローンを選ぶ
5.じぶん銀行カードローンを選ぶ
6.みずほ銀行カードローンを選ぶ
7.プロミスを選ぶ

編集後記

やはり、カードローンを選ぶときには、利率を重要視する人が多いのです。
利率を低く抑える事ができれば、その分、返済額も減ってくるので、利率を重要視するのは当たり前ですよね。
カードローンを利率で選ぶときの参考になれば、幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!