クレジットカードの支払いを滞納してしまったときの7つの対処法

クレジットカードの支払いを滞納してしまったとき、どのような方法を取っているでしょうか。

お金がない厳しい状況にとった行動により、自分の支払い履歴に傷が付いてしまうかもしれないのです。

今回は、クレジットカードの支払いを滞納してしまったときの対処法を紹介します。

1.その日のうちにカード会社に連絡する

クレジットカードの引き落としが出来ずに滞納してしまったら、その日のうちにカード会社に連絡をしましょう。

もし、入金が間に合わずに引き落としができなかった場合、その日のうちに連絡をすることで、その後の対応を知ることが出来ます。

すぐに入金できるのであれば、振込口座を教えてもらうことで、自分で振込みをすることができます。

また、すぐに入金できないときには、「いつまでに入金する」という約束を取り付けましょう。

そうすることで、滞納してしまってもクレジット会社の信用を落とさずに、払う意思があると思ってもらうことができます。

2.早めにカード会社に連絡をする

クレジットカードの滞納をしてしまいそうだと分かったら、早めにカード会社に連絡をしましょう。

給料日前などに引き落としがある場合、どうしても口座から引き落としができないというときもあると思います。

そういう場合には、事前に連絡をしておく事が大切です。

事情を話し、少し遅れるという旨を連絡しておきましょう。

そして、具体的に支払いの日にちを約束しておく事で、クレジット会社に信用してもらう事ができます。

滞納してしまいそうだな、と思ったら、早めにクレジット会社に連絡をする事が大切です。

3.送られてくる振込用紙で支払う

クレジットカードの引き落としができなかった場合、送られてくる振込用紙で支払う事もできます。

その場合、振込用紙の期限までにきちんと支払いが出来ていれば、ブラックリストに載ってしまう事はありません。

また、クレジット会社に相談したときにも「振込用紙を送るから、それで支払ってくれ」と言われることもあるでしょう。

クレジットカードの滞納をしてしまったら、振込用紙が届いたらすぐにでも支払うつもりで現金を用意しておきましょう。

4.直接口座に入金する

クレジットカードの滞納をしてしまったら、直接口座に入金しましょう。

クレジット会社によっては、引き落としが出来なかった人に口座を教えてくれることがあります。

なので、そこに入金することで、支払いを済ませる事ができます。

入金をして支払いをすれば、振込用紙が届くまでに支払う事も可能なので、振込用紙が届く事もありません。

クレジット会社に連絡をして、直接支払いたいというと口座を教えてくれるので、滞納してしまったときには、まず連絡してみましょう。

5.ローン審査に通らなくなる

クレジットカードの滞納があると、ローン審査に通らなくなります。

一般的に遅れてもきちんと支払いを続けていれば、ある程度のマイナスにはなっても、ローン審査が通らないとということにはなりません。

ですが、滞納していて、きちんと支払いがされていない期間が続いていると、ローン審査には通らなくなります。

俗に言う、ブラックリスト入りです。

少し遅れてしまってもクレジットカードの支払いをしていれば大丈夫なので、長期間の滞納だけはしないようにすることが大切です。

6.カードの更新が出来なくなる

クレジットカードの滞納が長いと、カードの更新をする事ができなくなります。

クレジットカードには継続して使うための審査があります。

そのとき、使った分の支払いがされていなかったり、カード料金の滞納があると、カードが使えなくなってしまうのです。

クレジットカードが使えなくなってしまうと、他の金融機関で申し込みをしても、審査に通らないという事もあり得ます。

クレジットカードの滞納が続くと、更新が出来ず、カードが使えなくなるので要注意です。

7.裁判になることがある

クレジットカードの滞納があると、最悪のケースで、裁判になることがあります。

滞納が続いている人には、ある日突然、裁判所から通知が届きます。

そして、「クレジット会社から訴訟を起こされている」という事実を知ることになります。

裁判所に出廷して支払う意思があることや、支払いの金額を決めることで決着はつきますが、裁判になるというのは最悪の場合です。

クレジットカードの滞納で裁判所に呼び出されないためにも、支払いについて、しっかりカード会社と相談をする事が大切です。

クレジットカードの支払いを滞納してしまったときには、まず、クレジット会社に相談する事が大切です。

支払いを待ってもらうことや、事情を説明することで、支払いの額を軽減する事ができる可能性があります。

滞納してしまいそうだな、と思ったら、まずはクレジット会社に相談してみましょう。

まとめ

1.その日のうちにカード会社に連絡する 2.早めにカード会社に連絡をする 3.送られてくる振込用紙で支払う 4.直接口座に入金する 5.ローン審査に通らなくなる 6.カードの更新が出来なくなる 7.裁判になることがある

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

クレジットカードの支払いを滞納してしまったときの7つの対処法
Reader Rating 0 Votes