慎重に借金をしよう!初めてお金を借りる5つの方法

お金を借りるというのは、私達の人生において実はよくある事の1つです。

マイホームを購入するのにも住宅ローンを使いますよね。また、消費者金融などでお金を借りる方も多いのではないでしょうか。しかし、中には失敗してしまう方もいらっしゃいます。特に初めて利用する際には、注意点をしっかり覚えておく必要がありますね。

1.お金を借りる理由を明確にする

まずはお金を借りる理由を明確にすることから始めていきましょう。例えば、純粋に生活費が苦しくてお金を借りるとなると、今後の返済に不安が残ります。もし、数日後の支払いの為に必要という事であれば、一度今の状況を確認してみましょう。支払いを遅らせることは出来ないのか、家にあるゲームソフトやブルーレイディスクをリサイクルショップに持ち込んで調達出来ないかなどを考えてみましょう。
逆に旅行など娯楽に使うということであれば、ある程度計画を立てておけばそこまで問題にはなりません。医療費として借りる場合には高額医療費制度など、行政でまかなえる分はしっかりまかなう事が大切です。
ちなみに、最も気をつけなければならない理由というのはやはり生活費です。そもそも生活が苦しい段階で新しい支払いを増やしてしまうことになりますので、今後節約してうまく支払っていけるのか計画を立ててみましょう。

2.返済期限を明確にする

お金は、借りたらもちろん返済していく事になります。そこで返済の期限を考えてみましょう。例えば、一度カードなどを作ってしまうとそれに頼ってしまいがちです。そのため借金を余計に増やしてしまう事もあるのです。
そうならないように、まずは自分でタイムリミットを設定しましょう。何かまたお金を借りたいという事であれば、最低限それをクリアしてからと考えた方が良いですね。お金を借りる事で豪華な旅行に行く事が出来たのなら、今度はその分を期限を決めて返済していくのです。
そして、期限を決める事でしっかりと返済計画が立てられるようになります。借金を長引かせない為にはやはり返済計画を立てるのが一番ですが、その前段階としても期限を決めておくと良いでしょう。

3.お金を借りる際には利息をチェックする

お金を借りる際には利息をチェックするようにしましょう。実際には、どれだけ審査が甘いか、対面での審査か、いつ現金が手に入るか、といった項目で決めている方が多いのが問題なのです。
無利息でお金を借りる事が出来るというのはご存知でしょうか。期限や上限の金額が定められているものの、給料日前に少しだけ借りたいという事であればこういった無利息キャッシングを利用してみるのも良いでしょう。
また、なかなか借金が減らないという方こそ一度自分で利息を確認して頂ければと思います。毎月の返済のほとんどが利息になってしまっているケースも多いからです。せっかく毎月頑張って返済していても元金が減らないのであれば、それがずっと続いてしまう事もあります。最も重要なポイントといっても過言ではありません。それだけに、初めてお金を借りる場合もしっかりチェックするようにしましょう。

4.審査基準は重要視する

お金を借りようと思っても、そもそも審査に通らない場合もあるかと思います。逆に、審査の甘い消費者金融というのも存在していますね。お金が必要な方にとってはもちろん後者の会社は有り難いですし、魅力的に見えるのですが要注意です。
審査が甘い会社というのは借りやすいです。そして、枠も比較的増えやすいですね。これはクレジットカードと同様ですが、枠が増える事によって自由に使えるお金が増えたと勘違いしてしまいがちなのです。それでは借金は増える一方ではないでしょうか。
特に、いくつかの会社の審査に落ちてしまったという方であれば通った会社に安心してしまう方が多いのです。確かに助かるのですが、借金を増やす事になるのですから慎重に行動しなければなりません。

5.お金を借りる際には業者は慎重に選ぶ

お金を借りる際には業者は慎重に選ぶようにしましょう。消費者金融もかなり種類があります。大手の会社もあれば、地域に根ざした活動をしている会社もあります。そんな中、どの業者を選ぶかによって計画もかなり変わってくるのです。
例えば、大手だと若干条件は厳しくなる傾向にあります。もちろん会社によっても得意とする相手というのは違うのですが、数社借りていると一気に借りるのが難しくなってしまうでしょう。逆に小さな会社の場合は、ある程度借りている人を逆にメインにしている場合もあります。
そして、なんといっても悪徳な業者もいるという事を理解する必要があります。特に条件が悪く、他の会社で断られた人にも融資しているという会社は、単純に審査基準が甘いかあえてそうしている会社というケースもあります。
ひどい業者になると後から条件を変えられたり、情報が他の会社に流れてしまったりと悲惨な状況になってしまう事もありますので、注意するようにしましょう。

まとめ

1.お金を借りる理由を明確にする
2.返済期限を明確にする
3.お金を借りる際には利息をチェックする
4.審査基準は重要視する
5.お金を借りる際には業者は慎重に選ぶ

編集後記

お金を借りるという事は借金をするという事です。それが後に重荷になってしまう事もありますので、お金を借りる際には注意してしっかり返済計画を立てるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!