消費者金融の借金を借り換えるときの5つのポイント

shutterstock_145132471

消費者金融の借金というのは、負担が大きくなる前に借り換えをすることが出来ます。

借り換えをするときには、いくつか気をつけておかなければいけないポイントがあります。
では、消費者金融の借金の借り換えで気をつけるべきポイントについて、考えていこうと思います。

1.複数の借金があれば、おまとめローンで借り換えをする

消費者ローンから複数の借金がある場合、おまとめローンを利用して借り換えをすることが出来ます。
複数の消費者金融から借金をしている場合、返済日がばらばらだったり、返済の度に手数料がかかるという負担があります。

何より、複数の借金を抱えているという精神的負担は大きなものです。
そんな負担を軽減することができるのが、借り換えをするためのおまとめローンです。

おまとめローンは、複数の借金を一つにまとめるためのものです。
例えば、3社から借り入れをしている場合には、その総額を他の金融機関から借りて、3社に返済し、返済の窓口を1つにすることができるのです。

返済の窓口が1つになるということは、返済日が1日だけになり、手数料が1回しかかからなくなるということです。
返済日が1日だけになるというのは、精神的にもとても楽になります。

消費者金融からの借金が複数ある場合には、おまとめローンを使って借り換えをすることで、精神的な負担が少なくなるというメリットがあるのです。

2.消費者金融の金利より低いローンを利用する

消費者金融の借り入れが複数あって、それの借り換えをするときには、金利を重視して、なるべく低い金利の金融機関で借り換えをするようにしましょう。
借金には利息がつきますが、その利息の金額を決めるのは金利です。

金利が高ければ利息も高くなり、低ければ利息も安くなるのです。
借り換えをするときには金利を重視しなければいけないのです。

今借金をしている消費者金融の金利よりも低い金利で借り換えをしないと、返済するべき借金が増えてしまうことになるのです。
借り換えの目的というのは、借金の総額を減らすことです。

借り換えをしたことで借金が増えてしまうことは、避けなければいけないのです。
借金の負担軽減のための借り換えなので、金利によって借金の総額が増えないように気をつけましょう。

消費者金融からの借り換えであれば、一般的に、銀行のローンに借り換えることで金利が高くなることを避けることが出来ます。
金利を重視して借り換えることで、消費者金融で出来た借金の負担を軽くすることが出来るのを覚えておきましょう。

3.借り換えを利用することで総額が減る場合がある

消費者ローンの借金を借り換えすることで、借金の総額が減る場合があります。
消費者金融の借金というのは、借り入れた金額(元金)と利息から成り立ちます。

消費者金融の利息は高いので、借り入れ期間が長いとそれだけ高い利息がついてしまい、なかなか返済が終わらないという悪循環になってしまうのです。
そうなってしまうと、借金の負担だけが残る結果になってしまうので、生活をしていくにも、精神的にも、あまり良い結果にはならないのです。

借金の総額を減らすためには、借り換えをして利息を減らすことです。
今借りている消費者金融の借金よりも、金利の低いところで借り換えをすることで、利息を減らすことが出来るのです。

とはいえ、借り換えをするときには、手数料がかかります。
手数料分というのは、借り換えローンの金額に含まれるので、その分を合わせると総額が高くなってしまうこともあります。

この点にだけは注意をすることで、消費者金融の借金を減らす借り換えができるのです。

4.消費者ローンでも借り換えは可能である

複数ある借金を借り換えるときには、消費者金融の借り換えローンを利用することもできます。
今、1つの借金だけを背負っているのではなく、複数の借金があるという人が増えています。

複数の借金というのは、返済日が異なったりすることで、返済の負担が増えてしまう原因になっています。
この借金をまとめたり、借り換えをしたいという人は少なくありません。

そんなニーズに応えるために、消費者金融でも借り換えローンやおまとめローンのプランを提供するようになりました。
消費者金融の借り換えローンは、審査が早く、すぐに借り換えをすることが出来ます。

銀行のように時間がかからないので、すぐにでも負担を減らしたいというときにとても便利なのです。

消費者金融の借り換えローンは、借り入れ額が高いほど金利も安くなるので、細かくたくさんの金融機関から借り入れをしているよりも、返済総額が少なくなることもあります。

消費者金融の借り換えローンは、すぐにでも借金の負担を減らしたいという人におすすめです。

5.借金の一本化をするなら、返済実績が考慮される

借り換えローンを利用して借金を一本化するときには、これまで消費者金融から借りていた借金の返済実績が考慮されます。
同じような消費者金融で借り換えをする場合も、銀行の借り換えローンを利用する場合も、審査の基準は同じようなものになります。

これまで、借金に対して返済が遅れなかったか、今安定した収入はあるのかということが、借り換えローンの審査では重要視されるのです。
借り換えをするまでの返済が滞りがちであったりすると、借り換えローンを利用したとしても返済が滞るかもしれないというリスクがあります。

ですから、銀行や消費者金融としては、貸付額が大きくなりやすい借り換えローンの審査は慎重に行っているのです。
返済の遅れなどがあると借り換えローンの審査に通らないことがあるので、借り換えをするときにはしっかり返済をしておくことです。

消費者金融の返済実績は、借り換えローンを利用するときに重要になってくるので、遅延などがないようにしておくことが大切なのです。

消費者金融の借金の借り換えは、借金の負担を減らすための手段です。
なので、金利などをよく検討してから、借り換えを行うようにするといいでしょう。

借り換えを利用することで消費者金融の借金の負担は格段に小さくなるので、複数の借金があるのであれば、検討してみてください。

まとめ

1.複数の借金があれば、おまとめローンで借り換えをする 2.消費者金融の金利より低いローンを利用する 3.借り換えを利用することで総額が減る場合がある 4.消費者ローンでも借り換えは可能である 5.借金の一本化をするなら、返済実績が考慮される

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!

消費者金融の借金を借り換えるときの5つのポイント
4.0Overall Score
Reader Rating 1 Vote