レイクの過払い金を取り戻す5つのステップ

レイクなどの消費者金融からお金を借りると、過払い金が発生することがあります。

過払い金は、払いすぎた利息のことで、返還してもらうことができます。

では、レイクに払いすぎた過払い金を取り戻す手順を紹介しようと思います。

1.レイクから取引履歴を送付してもらう

まず、レイクから過払い金を取り戻すためには、取引履歴が必要になります。

取引履歴というのは、レイクと個人の間にどのようなやり取りがあったかということが書いてある履歴です。

○日に借り入れをして、○日に返済をした、と言うような情報が細かく載っています。

これを基して、レイクから過払い金を取り戻すための金額などを計算していくのです。

レイクから取引履歴を開示してもらうためには、レイクに連絡をします。

「引き直し計算をするために取引履歴を開示して欲しい」という連絡をすることで、2〜3週間程度で取引履歴を開示してもらうことができます。

また、取引履歴を開示してもらう連絡は、電話よりも書面で行うようにするといいでしょう。

書面であれば、万が一取引履歴が開示してもらえなかったときに、訴訟を起こす材料になるので、後に残る形で開示の依頼をするようにしましょう。

取引履歴がないことには、過払い金を取り戻すための準備が出来ないので、まずはレイクに対して取引履歴の開示を求めていきます。

2.取引履歴を使用して過払い金の引き直し計算をする

レイクに対する取引履歴の開示が終わったら、過払い金請求をするために、引き直し計算をします。

引き直し計算とは、払いすぎた利息を計算するためのものです。

法律では、借入額に応じた利息と言うものが決まっています。

ですが、グレーゾーン金利という言葉があるように、金利を取りすぎている消費者金融もあるのです。

ですから、法律で決まっている以上の利息を支払っていた場合には、その差額分を返済してもらうことができるのです。

引き直し計算とは、そのための計算です。

簡単に言うと「支払い総額−法定利息に則った支払額」の差額が、過払い金として返還されます。

引き直し計算は複雑なので、自分で行う場合には、インターネット上にある無料ソフトなどを利用するといいでしょう。

また、司法書士や弁護士に依頼をすれば、確実に、間違いのない計算をしてもらうことが出来ます。

その後のことも任せておけるので、レイクに対する過払い金請求の引き直し計算は、依頼をしてしまうのがベストだと思います。

3.過払い金があれば、レイクに対して過払い金返還請求をする

引き直し計算をして過払い金があれば、レイクに対して過払い金の返還請求をします。

過払い金の返還請求は、書面を通して行います。

返還請求の書面には「○○円の過払い金があったため、返還請求をします。○日までにご回答いただけない場合には、訴訟を起こすこととします」といった文章を書きます。

これによって、レイクから過払い金を取り戻すことが出来ます。

もし、レイクから何も回答がなければ、返還請求の訴訟に発展するので、返還請求をした証拠となる書面はかならずとっておきましょう。

また、過払い金の返還請求というのは、個人でも行うことができます。

その場合には、書式や必要な内容を調べて、漏れのないように記入することが大切になります。

個人で行うことが難しい場合には、弁護士や司法書士に依頼しましょう。

弁護士よりも司法書士のほうが料金が安いので、過払い金の金額によっては司法書士に依頼することをおすすめします。

レイクへの過払い金返還請求は、依頼をしたほうが確実に行われるのです。

4.レイク担当者と過払い金についての和解のために話し合う

レイクに対して過払い金の返還請求を求める書面を送ったら、次はレイクの担当者と和解に向けた話し合いが行われます。

話し合いでは、最初に「過払い金の8割程度の和解金額」を提示されることが多いようです。

ですから、その金額で納得できるのであれば、この時点で和解をして、後は過払い金の振込を待つだけになります。

ですが、過払い金というのは払いすぎた利息です。

もともとは、全額返金をしてもらうべきお金なので、8割で和解というのは、あまり良い結果とはいえません。

そこで、話し合いをしていくことで、過払い金の全額返金にもつなげることが出来ます。

和解に向けた話し合いも、個人で行うことはできます。

ですが、弁護士や司法書士に依頼をしておくと、話し合いはスムーズに行われるようです。

また、話し合いで全額返金ができたという事例もあるので、和解に向けた話し合いはしっかり行うようにするといいでしょう。

レイクに対する過払い金返還の話し合いでは、「自分がどれだけの金額を返還してほしいのか」がポイントになります。

5.過払い金の全額返金のためには、訴訟を起こす

過払い金の全額返金を求めるのであれば、レイクに対して訴訟を起こすことになります。

この場合、訴訟の内容というのは「過払い金全額+返還までの利息分+掛かった費用」を求める訴訟をすることになります。

一般的には、訴訟を起こして1回目の裁判が終わったあたりで、和解に向けた金額の提示があります。

その金額というのは過払い金の全額になるので、その時点で和解をする人も多いのです。

個人で訴訟まで起こしてしまえば、和解後には過払い金が振り込まれるのを待つだけです。

弁護士や司法書士に依頼をしているときには、過払い金は一度、弁護士などの元に振り込まれます。

そこから弁護士費用などを差し引いた金額が、過払い金の返還分として振り込まれるのです。

最初に取引履歴の開示を請求してから過払い金が返還されるまでは、半年程度かかるとみてもいいでしょう。

ですが、過払い金が発生していれば、確実に返還してもらうことができるのです。

レイクに対する過払い金返還請求は、自分の払いすぎた利息を取り戻すためにも必要なことなのです。

レイクは今、多数の過払い金返還請求を抱えているといわれています。

そのため、最初から良い条件での和解を求められることも多いのです。

過払い金請求を長期化したくなければ、レイクの条件で和解をすることも必要なのかもしれません。

まとめ

1.レイクから取引履歴を送付してもらう 2.取引履歴を使用して過払い金の引き直し計算をする 3.過払い金があれば、レイクに対して過払い金返還請求をする 4.レイク担当者と過払い金についての和解のために話し合う 5.過払い金の全額返金のためには、訴訟を起こす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!