カードローンを借り換えするメリット・デメリット

shutterstock_253474657

カードローンで借り換えをするメリットとデメリットは、様々です。

一般的にはメリットが多いと言われていますが、デメリットも存在しています。
では、カードローンを借り換えするメリットとデメリットを紹介します。

1.金利が低くなる

カードローンを借り換えした場合、その多くは金利が低くなります。
一般的に借り換えが出来るのは、銀行系のおまとめローンになります。
銀行系のローンは金利が低いので、消費者金融のカードローンを使うよりも金利が低くなることがあります。
金利が低くなれば、借金の総額が減ります。
すると、返済が楽になるので、毎月の借金の負担が減る事になります。
借金の負担が減る事になれば、生活も楽になりますよね。
カードローンの借り換えでは、金利が低くなり借金の総額が減る事が一番のポイントなのです。

2.借り換えをすると返済日が1日になる

カードローンの返済日を1日にしたいときには、借り換えをおすすめします。
例えば、3社から借り入れをしていた場合、返済日が3日あることになります。
そのたびにコンビニに行って手数料を払ってATMから返済するのでは、手数料だけでも結構な金額になってしまうでしょう。
カードローンの借り換えは、複数の借金をまとめる事ができます。
借金をまとめる事ができれば、返済日が1日になります。
返済日が1日になれば、返済を忘れる事もありません。
カードローンの借り換えをすれば、返済日が1日になって、自分の返済も楽になるのです。

3.カードローンの借金で毎月支払っている金額が減る

カードローンで複数の借金がある場合、借り換えをすると支払額が減ることがあります。
おまとめローンや借り換えをすると、借金の総額が減る事があります。
つまり、毎月の支払額が減る事になるのです。
毎月の支払額が減る事になれば、返済も楽になります。
借金の返済をしていたら生活が苦しい…!という事にもならないで済むのです。
毎月の借金の返済額を減らしたいのであれば、カードローンの借り換えをすることをおすすめします。

4.借り換えをすると生活にゆとりが持てる

カードローンの借り換えをするだけでも、生活にゆとりを持つことができます。
借り換えでは、借金の総額が減って、毎月の返済額が減る事になります。
つまり、生活にゆとりがもてるようになるのです。
借金の返済だけを考えていた生活から解放されるので、返済はしていくけれど、楽になったという人もいます。
生活にゆとりを持つ事は大切なことです。
精神的にも楽になることができるので、借り換えをすることにはメリットがあるのです。
借金の返済をしても生活にゆとりを持つためには、カードローンの借り換えをする事が大切なのかもしれません。

5.借り換えが出来れば貯金が出来る

カードローンの借り換えで生活にゆとりが出来ると、貯金をすることも可能になります。
例えば、毎月6万円の支払いがあったのに、借り換えをしたら5万円になった、と言う場合、1万円は浮く事になります。
生活が苦しければ生活費にあてることもできますが、貯金をすることもできます。
毎月1万円ずつを貯金していけば、万が一何かがあったときにも借金をしなくてすむことになります。
貯金は、借金をしないために大切な事です。
少しずつでも貯金をしていくことで、生活を変えるための第一歩になります。
カードローンの借り換えをして、貯金をしていくようにするといいでしょう。

6.借金が増える場合がある

カードローンを借り換えでまとめてしまうと、借金が増えてしまう場合もあります。
カードローンの借り換えは一般的に借金を減らすものです。
ですが、借金が減った事で、気持ちが楽になり、その分、また借金をしてしまうこともあるのです。
借金をしてしまうことは、さらに借金を増やす事になります。
せっかく減った借金も、新しい借り入れで借金を増やしてしまえば意味がないのです。
カードローンの借り換えをするときには、借金が増えないように、自制の心を持つようにしましょう。

7.借り換えをしても金利が低くならないことがある

業者選びを間違うと、カードローンの借り換えをしても金利が低くならないことがあります。
一般的には、借り換えのメリットが金利が低くなる事です。
ですが、借り換えを行う金融機関によっては、金利が低くならないことがあります。
金利が低くならなければ借り換えをするメリットはありません。
逆に借金を増やしてしまう事になるので、金利がどのようになるのかは、事前にきちんと相談をしておくようにしましょう。
借り換えをするメリットがないと、借金をふやすだけなので、カードローンの借り換えは良く相談をして行いましょう。

まとめ

1.金利が低くなる
2.借り換えをすると返済日が1日になる
3.カードローンの借金で毎月支払っている金額が減る
4.借り換えをすると生活にゆとりが持てる
5.借り換えが出来れば貯金が出来る
6.借金が増える場合がある
7.借り換えをしても金利が低くならないことがある

編集後記

カードローンの借り換えには、メリットがたくさんあります。
ですが、デメリットもあるので、借り換えを行うときには十分に気をつけなければいけません。
カードローンの借り換えをするときには、銀行や専門家とよく相談をすることが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!