専業主婦が借り入れをする7つの理由

shutterstock_227891110

専業主婦といえど、急な出費が重なってしまって借り入れをしなければいけないこともあります。

普段、大きなお金を持ち歩かない専業主婦ほど、急な出費に対応することが難しいのです。

そこで、専業主婦でも借りることが出来るカードローンが増えています。

では、専業主婦が借り入れをする、具体的な理由とは何なのでしょうか。
専業主婦が借りられるカードローン

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
  • 楽天銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン

これらのカードローンは、専業主婦でも夫に収入があれば借り入れをすることが出来るカードローンです。
こういったカードローンを利用している専業主婦も少なくなのです。

1.急に医療費が必要になって借り入れをする

子どもが熱を出したり、自分や夫の急な体調不良で病院に行くことになったりしたとき、専業主婦でも借り入れを利用することがあります。

急な医療費がすぐに必要な場合に、カードローンなどのキャッシングはとても便利です。

そのため、専業主婦がカードローンなどのキャッシングを利用する理由の1つになっています。

病気などは、予期せぬ出来事です。

急に病院にかかることになったり、最悪の場合なら入院が必要になることもあります。

その場合、大きな金額が家計にのしかかってくることになります。

家計費から、大きな金額になった医療費を捻出するのが困難なとき、専業主婦でも借り入れをすることがあるのです。

2.専業主婦も生活費が足りなくなって借り入れをする

生活費が足りなくなれば生活をしていくことができないので、専業主婦が借り入れをすることがあります。

生活費は、その月によって大きく変わってくるものです。

夫の収入が一定であれば、生活費の額も一定ですが、出費の額だけは一定ではありません。

そのため、生活費が少しだけ足りない!という月もあるのです。

そんなとき、カードローンなどを利用して少額のキャッシングをする主婦もいます。

少しだけ借りて、生活費が入ったらすぐに返すことは、カードローンの有効な使い方です。

生活費が足りなければ少額の借り入れをする主婦は、最近増えているのです。

3.趣味や娯楽に使う為に借り入れをする

意外なことかもしれませんが、専業主婦が借り入れをする一番の理由は趣味や娯楽のためなのです。

主婦とはいえ、友達づきあいや近所づきあいもあります。

ママ友とお茶やランチをすることもあります。

そういったとき、そのお金を常に家計から出していたのでは、生活が出来なくなってしまいます。

「専業主婦なのだから贅沢をするな」とはいっても、友達づきあいやママ友づきあいは大切です。

趣味や娯楽と言っても、そういった交際費に当てていることがほとんどです。

また、趣味を生かして生計を立てようとする人もいるので、その分の初期投資として借り入れをする人もいるでしょう。

趣味や娯楽のための借り入れだからといって、一概に悪いものばかりではないということです。

4.冠婚葬祭でお金が必要になったとき、専業主婦は借り入れをする

冠婚葬祭では、親族間なら大きなお金が必要になり、専業主婦が借り入れをする要因になります。

ご祝儀などの包むお金の他にも、遠方なら交通費がかかる場合もあるでしょう。

そういった場合、普段使っている生活費などから捻出することは困難です。

貯金がなければ、借り入れをする以外に方法はありません。

なので、急な出費のためにカードローンを利用するという専業主婦も少なくないのです。

冠婚葬祭などは急に舞い込んでくるものです。

急な出費に対応するには、借り入れも必要になってきます。

5.引越し費用が必要になって借り入れをする

引越し費用などは、予想外に多くかかってしまうことがあり、専業主婦の借り入れを頼ることもあります。

見積もりを貰っていても、予算以上にかかってしまえば、借り入れをすることになるのです。

最近では安価に引越しが出来る業者などもありますが、それでも計算していた以上のお金がかかってしまったという話は珍しくありません。

それでも、引越しを決めてしまえばそれをキャンセルすることは出来ないので、やはりどこかからお金を調達してこなければならないでしょう。

そのための方法が、専業主婦の借入なのです。

予算があれば、それにプラスして足りない分だけをキャッシングすればいいので、少額の借り入れで済むことがほとんどです。

引越し費用として必要になったときに借り入れをする人は、少なくないのです。

6.子どもの教育費として専業主婦が借り入れをする

子どもの成長に合わせて教育費がかかり、そのために専業主婦が借り入れをすることもあります。

塾代、習い事代、学校に掛かる費用など、教育費は多岐に渡ります。

教育ローンを使うという手段もありますが、それでもいきなりお金が必要になることもあるのが教育費です。

とくに、学校の集金などは急に舞い込んでくるものです。

「明日までに持っていく」となったときには、すぐにお金が必要になってきます。

そのため、いつでも使うことが出来る専業主婦の借り入れを利用するのです。

教育費などは、入学などにかかるお金以外なら少額の借り入れで済んでしまうことがほとんどです。

なので、専業主婦の借り入れの仕方としては、正しい使い道だといえます。

7.ローン返済のために借り入れをする

あまりオススメすることではありませんが、ローン返済のために専業主婦が借り入れをすることもあります。

車や自宅のローンを毎月返済していても、クレジットカードを使いすぎてしまったりすれば、返済が厳しくなってしまうこともあります。

そんなときに、専業主婦の借り入れを利用している人もいます。

ですが、ローン返済の為の借り入れは、あまり望ましくありません。

いうなれば、借金返済のための借金なので、悪循環になってしまうのです。

あまりいいことではありませんが、やむ終えない場合には、ローン返済の為の借り入れをすることもあるでしょう。

専業主婦が借り入れをする理由は様々です。

ほとんどは生活費や家族の為に使われるお金として、借り入れをしていることが分かります。

ですが、ローン返済の為の借り入れをしている人も、ごく僅かですが、いるのも事実です。

ローン返済のための借り入れは、あまりしない方がいいことです。

専業主婦の借り入れ額には限度があるので、使いすぎず、賢く借り入れをするようにしましょう。

まとめ

1.急に医療費が必要になって借り入れをする 2.専業主婦も生活費が足りなくなって借り入れをする 3.趣味や娯楽に使う為に借り入れをする 4.冠婚葬祭でお金が必要になったとき、専業主婦は借り入れをする 5.引越し費用が必要になって借り入れをする 6.子どもの教育費として専業主婦が借り入れをする 7.ローン返済のために借り入れをする

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でお金が無い.jpをフォローしよう!